カテゴリー
お金

デリヘルの日給ってどのくらい?平均・バック率・稼ぎ方を解説します

風俗(デリヘル)のお仕事の魅力と言えば、やっぱり頑張り次第でたくさんのお金を稼げるところですよね。
でも…「1日働いた平均日給ってどのくらい?」
「そもそもデリヘルのお給料ってどうやって決まるの?」
などなど、わからないことって多いですよね。

せっかくお金を稼ごうと思ってデリヘルのお仕事を始めても、日給やお給料の仕組みを知らなくて、思ったよりも稼げないなんてこともよくある話です。
今回は、そんなデリヘルのお給料にまつわる疑問をまとめてみました。
風俗のお仕事を始める前に、しっかりお給料について理解して下さいね。

デリヘルの平均日給って?

デリヘルでは一日どのくらいのお給料を稼げるのでしょうか?
平均・最高・最低日給をそれぞれ見ていきましょう。

デリヘルの日給平均は3万円前後

デリヘルの平均日給は「3万円前後」といわれています。

単純計算で、1日に3~5名のお客様をとって、3万円の日給です。
例えば15日働いた場合の月給は45万円。
普通のOLが2~3ヶ月働いた分のお給料を1ヶ月で稼げるのは風俗ならではの魅力ですね。
平均日給くらい稼げれば、デリヘル1本でも十分生活していけますし、副業にも十分です。

デリヘル最高日給は20万円以上!?

では、デリヘルでは最高どのくらい稼げるのか?
デリヘル嬢の中には日給で20万~30万円以上稼ぐ子もいるんだとか!
15日働いた場合だと月給は300万円!

もちろん、高級店でフルで働くなど嬢本人の努力があってこそですが、短時間でこれだけ稼げるのは風俗の魅力夢がありますよね。

デリヘル最低日給は0円

では、逆に、デリヘルの最低日給はいくらかというと…ゼロ円です。
そう、稼ぎがないということです。

デリヘルなどの風俗店はお客様をとらないとお給料が出ない“完全出来高制”。
お金をいっぱい稼げそう、と夢も膨らみますが、まったく稼げない嬢がいるのも事実です。
では、「どうしたら稼げるようになるのか?」は、記事の後半でご紹介しますね。

次に、「そもそもデリヘルの日給ってどうやって決まるのか?」についてご紹介していきます。

デリヘルの日給はどうやって決まるの?

バック率できまるお店かがほとんど

デリヘルの日給は、「客単価×バック率」で決まることが多いです。
(1時間のサービスで○○円、と固定の場合もあります。
)
「客単価」がお客さんが遊んだ代金、「バック率」が女の子の取り分で50%~70%が相場となっています。

デリヘルは店舗をもたなくていい分、女の子の取り分である「バック率」が高いのも魅力です。
ただ、バック率で計算している場合、お店でお客様向けのキャンペーンをしている時は、女の子の手取りも下がる場合がありますので注意してくださいね。
では、お店によってどのくらい一日のお給料が違ってくるのか?
ここではお客様1時間あたりのプレイ代金が15,000円~が大衆店、25,000円~が高級店として例をみていきます。

大衆店の場合

大衆店では、バック率が50%~60%の場合がもっとも多いです。
お客様が一回に支払う代金は多くはないものの、プレイ時間が短く回転率がいいのが特徴です。
テクニックや容姿も高級店ほどは求められませんので気軽に働きやすいです。

【大衆店で1日5人接客した場合】
60分利用15,000円
バック率50%
手取り7500円×5
日給37,500円

高級店の場合

高級店のバック率は60%~70%程度。
お客様の利用単価も高く、プレイ時間も長い場合が多いです。

利用者は医師や経営者といった肩書のある男性が多く、その分、女の子にもマナー・テクニック・容姿と求められるものが多いです。
【高級店で1日5人接客した場合】
60分利用25,000円
バック率70%
手取り17,500円×5
日給87,500円

オプションバックはどのくらい?

デリヘルでは、この他に指名料やオプションプレイに支払われるお金も女の子のお給料として計算されます。

指名料やオプション代金のバック率は最低50%、高待遇のお店だと100%バックの場合もあるんです。
例えば、一度遊んでくれたお客様が指名+オプションで女の子と遊んだ場合…
本指名5,000円
ローター2,000円
コスプレ3,000円
指名料100%バックのお店なら、これだけでお給料が1万円も増えるんです。
また、ハードなオプションは(AFなど)それだけで10,000円と高単価の場合もありますので、基本プレイのバックだけでなく、指名(本指名・ネット指名・パネル指名)とオプションをたくさんつけてもらった方が、同じプレイ時間でもたくさん稼ぐことができます。

雑費がかかる場合もある

最近では減ってきているようですが、お店によっては、お給料から「雑費」が引かれる場合もあります。
「雑費」はお店の運営や、女の子ため(送迎や飲み物代、コスチューム・撮影代として)にかかる場合が多いです。
雑費の相場はだいたいこのようになります。
・1日1,000円~3,000円
・日給の10%
・お客様のプレイ代金×10%
雑費は、固定の場合と、割合で決まる場合があります。
店舗型の風俗(ソープなど)では雑費がかなり引かれますが、デリヘルの場合店舗がない分、維持費がかかりません。

なので、雑費があってもそこまで引かれないことが多いです。
気になる場合は、「雑費はあるのか?」
「どのくらい引かれるか?」面接で確認してくださいね。

デリヘルにはノルマや罰金はあるの?

ノルマはないお店が多い

夜のお店(キャバクラやガールズバー)は、売上・営業・同伴といった“ノルマ”がある場合が多いですよね。

水商売のノルマが辛くて、風俗店で働きたい!と思っている女の子も多いと思います。
デリヘルなどの風俗店は売上ノルマがない場合がほとんどです。
デリヘルの場合、女の子は個人事業主として働いてます。
ですので、売上や出勤を強制することはまずありません。

女の子にお客様がつかなかったとしても、日給が0円になるだけです。
時給でお金を払っていないお店としては、そこまで痛手もありません。

デリヘルの罰金は?

では、罰金はどうでしょうか?

これも現在、ほとんどのデリヘルで罰金はないと言われています。
ノルマや罰金といった働く女の子が悪い印象をもつ情報は、ネットですぐに拡散されてしまうので、今はやらないお店が多いんです。
ただ、罰金が100%ないかというと、そうとは言えません。
では、どんな時に罰金になるかも見ていきましょう。

無断欠勤は罰金の場合が多い

デリヘルでは、お客様やお店に迷惑がかかる行為をした場合、罰金を請求されることがあります。
罰金のもっとも多い理由が「欠勤」です。
当日欠勤:出勤日当日の欠勤
無断欠勤:お店に連絡なしの欠勤
どちらも、女の子と遊ぶのを楽しみにしているお客様に迷惑がかかるため、「当日欠勤は罰金」としている場合があります。
ただ、例えば「出勤の朝にインフルエンザで高熱が出て動けない」とか、常識的な理由がある場合は別でしょう。
また、罰金といっても最初からお金をとられるというよりは、厳重注意→罰金となる場合も多いようです。

注意してもどうしようもない、出勤態度が直らない場合、しかたなく罰金にするということです。
他にも
・本番行為をした
・店外デート

など、やってはいけない方法でお客様をとっていたことがバレた場合です。
この場合、男性のお客様にも罰金を請求する場合があります。
このような方法を使ってお客様をとっていると、「そのお店の女の子全員が本番をしてくれる」と、誤解を生んでしまいます。
それこそ、高級を売りにしているお店なら、お店のイメージもダウンしてしまいますよね。

店外デートはお店を通さない分、お金を多く貰えますが女の子に危険があった場合、お店も対応することができません。
本番や店外デートといった他の女の子とお店の印象が悪くなってしまうことをすると、罰金だけでなく、最悪の場合解雇となります。
「日給を上げたい!」と思ったら、お店で禁止されている方法は絶対に使わない。
正しい方法で稼いでいくほうが、女の子自身の安全も守られますよね。

以上、デリヘルの日給がどう決まるかをまとめると次のようになります。
・お客様のプレイ代金×バック率(基本日給)
・オプションバック、指名料バック
・▲雑費
・▲罰金
これらをあわせた額が、女の子の日給となります。
プレイ代金やオプションバックがどのくらいになるかも大事ですが、「雑費はあるか?」など、引かれるお金が発生するかも日給に大きく影響します。

お給料についてしっかり確認して、稼ぎやすいお店をみつけてくださいね。

お給料はいつもらえるの?

デリヘルは全額日払いが基本

頑張って働いたお給料がいつもらえるのかも気になりますよね。

デリヘルなどの風俗店では、現金でその日のうちに日給を全額もらえる「完全日払制」のお店がほとんどです。
振り込みで支払われることはまずありませので、口座から両親や彼氏にバレるということもないので安心してくださいね
お給料をもらう手続きもカンタンで、帰る前に事務所で給与伝票に氏名を記入、押印して完了です。
ただ、デリヘルによっては、完全日払い制をとっていないところもあります。

悪質な場合だと、面接の時にお給料の支払い方法の説明がなく、いざ体入したら「週払い」と言われた…なんてことも。
デリヘル選びで後悔しないためにも、「完全日払い」以外にどんな方法でお給料が支払われるか確認していきましょう。

週払い

働いたお給料をその週にまとめて現金で支払う方法です。

毎日まとまったお金をもらうと、すぐに使ってしまうのが心配な場合は、こちらの方が安心かもしれませんね。

一部預り金あり

日給の一部を預かって、月末や退職時にまとめて支払う方法です。
これは、女の子が突然辞めてしまうのを防ぐためにとっている場合が多いです。

逆に、貯金をしたいから、お店に頼んで少しだけお金を預かってもらうという子もいます。
日払いだろうと思っていたのに、いざ働いてみると、「週払いだった」
「一部預り金ありだった」なんてことも珍しくありません。
お金の問題でお店とトラブルにならないためにも、日給はどうやって支払われるのか?
面接の時にしっかり確認してくださいね。

デリヘルでたくさん稼ぐにはどうしたらいいの?

では、最後に、デリヘルでしっかり稼ぐにはどうしたらいいか?
を考えていきます。
せっかく風俗で働いたのに、毎日お茶ひき(お客様がつかなくてヒマな状態)にならないように稼ぎ方をみていきましょう。

本指名客をつかむ

デリヘルで稼ぐなら、「本指名客」を返すのが一番です。
フリーで来てくれたお客様がリピーターになってくれると稼ぎやすいということです。
同じプレイ時間でも、本指名のお客様なだけで、女の子には「指名料バック」として、1,000円~3,000円のお金が入ってきます。
また、馴染みのお客様にオプションをつけて貰えば、それだけお給料があがりますよね。
本指名のお客様がいるだけでちゃんと稼ぎが発生す安心感もあります。
お金がちゃんと稼げると精神的にも安定しますよね。

本指名を返してもらうにはどうすればいいの?

とはいっても、最初は「どうすれば本指名に繋がるのか?」もわからないですよね。
本指名をとれる人気嬢になるには、ちょっとの努力の積み重ねが大切になりますよ。
例えば「写メ日記」を更新してお客様にアピールする。
グラビア写真にこだわって、パネル指名、ネット指名に繋げる。
そして、なによりフリーで来てくれたお客様が本指名で返って来てくれるように、サービスを充実させて癒やしの時間を作る。
こんなことが重要になってきます。

お店選びも大切

また、どんなに頑張ってもなかなか売上が伸びない場合は、女の子とお店のカラーが合っていない場合もあります。
ギャル系の女の子が清楚系のお店にいても、なかなか指名には繋がらなさそうですよね。
また、丁寧に接客するほうが得意なのに、回転率重視の大衆店にいたら、女の子の魅力も半減してしまいます。
高級店だから、人気のお店だから稼ぎやすいと、決めつけないで自分のカラーと働き方にあったお店を探すことも、デリヘルで稼ぐには大切になります。

まとめ

風俗のお給料は計算方法が複雑で分かりづらいことも多いですよね。
だからこそ、しっかりお給料の仕組みを理解することが、稼ぎやすいお店を見つけることに繋がります。
お給料の仕組みを知らないと、せっかくデリヘルで働いてるのに思うように稼げない、なんてことも少なくありません。
デリヘルで働こうと思ったら、日給の仕組みを理解して、ギモンに思ったことは面接の時にしっかり確認するのが大切です。
デリヘルで頑張る前に日給のことをしっかり理解して、自分にあったお店を見つけてくださいね。

カテゴリー
仕事内容

ソープの体験入店仕事内容は?初めてでも高収入が狙えるワケを教えます

ソープランドや風俗未経験者にとって、仕事を一番よく理解出来る方法が体験入店です。
即日体入・全額日払いのソープも多いので、稼ぎたいと思ったらすぐにお金が手に入るのも体入の魅力ですよね。

でも、初めての体入なら仕事内容さえわからないですよね。
この記事ではソープの体験入店の内容と、本当に稼ぐことが出来るのかを確認していきます。
また、体験入店と本入店の給料の違いも見ていきます。
サービスが充実した体験入店で、自分に合った働きやすいソープを見つけてくださいね。

体験入店とは?

風俗やナイトワークで導入されている制度に体験入店と言うものがあります。
採用時もミスマッチをなくすため、実際にその仕事を一日体験出来て、さらにお給料やお祝い金まで支給される、結構おいしいシステムです。
現在、ほとんどのキャバクラ・ソープランド・デリヘルなどで導入されています。

(全ての店舗で導入されているシステムではありません。)
交通費が支給されたり、お給料も高額だったりと、お店にとっては負担が大きいシステムですが、お店と仕事をしっかり理解した上で長く働いてほしいというお店側の思いもあり成り立っている制度とも言えます。

ソープの体験入店の仕事内容

キャバクラなどの乾杯系では体験入店というと、先輩の隣について仕事を覚えるイメージですよね。
仕事を覚えて実際に接客するというよりは、仕事の流れや、客層、女の子同士の関係など、入店というよりも「見学」に近いイメージです。
では、ソープランドなど、風俗での体験入店ではどんなことをするのでしょうか?
まさか、先輩について仕事を覚えるワケにはいかないですよね。

ソープの場合、「体験入店」と言っても、実際にお客様を最初から最後まで接客します。
もちろん、洗体からマット、本番もありです。
ですので、ソープの体験入店はそのままズバリ、「ソープの仕事を実際に経験する」ことになります。
もちろん、仕事が終わった後は日払いでお給料も貰えます。

では次に、ソープの体験入店はいつするのかを確認します。

体験入店はいつするの?
いつまで出来るの?

ソープの体験入店は面接後

体験入店は面接の後、講習が終わってからになります。
新人期間と体験入店を間違えそうですが、新人期間は本入店後、体験入店は本入店前になります。
ソープや風俗では、採用の場合、面接が終わってすぐに講習の説明や体験入店の予定が組まれます。
ですので、早ければ面接が終わった当日にでも体験入店をすることが出来ます。

ただ、体入と言っても本番ありのソープの仕事をするわけですから、もちろんその日のうちに体入を済ませなくても大丈夫ですので安心してください。
講習とは別の日に体入してもいいです。
詳しい日程は面接の時に決めることになります。

体験入店の期間

ソープの求人では「1日体験入店」と書かれている場合が多いですが、期間についてはお店と女の子で話し合って決めることが多いです。
大抵の場合、体入は1日~3日で終わることが多いですが、例えば「平日の昼間」と「休日の夜」ならお客様の入り方もだいぶ違いますよね。
どれだけ客入りに差があるかを見るのにも体入はぴったりです。
3日、4日と日数が必要になる場合は、何日体入したいかしっかりお店と相談して決めてくださいね。

体験入店では何時間働くの?

また、体入で何時間働くかも、女の子とお店で話し合って決めます。
風俗初心者なら、体験入店の1~2時間でもヘトヘトに疲れてしまうでしょうが、他の風俗経験があるなら8時間フルで働ける場合もありますよね。
体験入店中は時間で給料が決まるので、何時間働くかもしっかり話し合って決めましょう。

お客様には体験入店中だと申告すべき?

体験入店と言ってもソープの場合、仕事内容は本入店のソープ嬢と全く一緒です。
かと言って、講習を受けて直ぐにソープのサービスを完璧にすることなんて不可能ですよね。
では、お客様には自分から「体験入店中です」と申し出たほうがいいのか?

こちらについては、お店の側でお客様に説明してくれるので大丈夫です。
お客様も体験入店の子が嫌だったらしっかり断ってくれるので安心して体入してくださいね。

地方からも体験入店出来るの?

すすき(札幌)、吉原・歌舞伎町(東京)、中洲(福岡)など、有名ソープ街は日本全国にあります。

地方から大都市のソープランドに体験入店することは出来るのか?
地元で顔バレしたくない、出稼ぎで風俗をしたい人にはとても気になることですよね。
現在、都心の有名ソープ街では、地方からの体験入店を受け入れている場合が多いです。
ソープでは地方在住者のために家具・家電付きの高級マンションを借り上げている場合も多いのです。

マンションのあり・なし、など詳しい内容はHPにかかれていない場合が多いので、地方在住で都会のソープで働きたい、体験入店をしたい人は一度お店に問い合わせてみてくださいね。
地方在住だから体入は無理と諦めてはもったいないです。

体験入店と給料

体験入店の給料は本当に払われるの?

ソープの体験入店の求人を見ていると「日給10万円!」だとか、昼職だとありえない金額が1日で稼げると書いていますよね。
でも、これって、本当に支払われるのか少し気になりませんか?
このような広告は、勤務時間が書いていませんが、「8時間働いた場合、満額で10万円」と言う場合が多いです。
体験入店は2時間とか3時間で済ませる人がも多いですが、そこを最大まで働いた場合、10万円ということです。

また、体験入店は1時間ごとに給料がアップする場合が多いです。
例えば勤務時間と給与の推移はこんな感じです。
「1時間:9,000円」
「2時間:20,000円」
「3時間:32,000円」こう見るとわかりますが、体験入店は時給制なんです。
(本入店だと出来高払いになりますので注意してください。)
ですので、ソープの求人に書かれている「体入給与10万円!」というのは嘘ではないので安心してくださいね。
女の子によって体入で働く時間もバラバラなので求人では、最高でいくら稼げかを書いている場合が多いのではないでしょうか。

体験入店と祝い金

ソープでは、体験入店の時に「祝い金」が支給される場合がありますね。
この祝い金も「祝い金10万円」とかなり高額なので実際に払われるのかちょっと不安になりますよね。
この祝金も「3日間の体験入店全て8時間勤務で満額10万円」など、店舗によって条件がありますので、必ず確認するようにしてください。

体験入店の給料はいつ支払われるの?

体験入店後の給料はその日のうちに現金で支払われる場合が多いです。
(即日日払い)
「体験入店の後、本入店しないと払われない」という悪質なものではないので安心して応募してください。

体験入店と本入店は給与計算の違いに注意!

体験入店の給料と本入店の給料は計算方法が違いますので注意してください。
体験入店の場合は時給制ですが、本入店した後は完全出来高制です。
女の子の中には体験入店と本入店の給料が違いすぎると言って辞めてしまう子も居るようなので、給料の計算方法は違うものとして理解しておいてくださいね。

体験入店でチェックするポイント

ここからは本入店後も安心して働くために、体入の時にチェックしたいポイトンをまとめました。
安心して働ける環境か見極めましょう。

お店は綺麗か

店舗の清掃は行き届いているか、共有スペースは片付いているかを確認してください。

ごちゃごちゃしている、清掃が行き届いていない場合、問題がある店のことも少なすないので、衛生状態はしっかりチェックしましょう。

男性スタッフは丁寧か

何かあった時に助けてを求める男性スタッフがどんな人達かもしっかりチェックしてください。
やる気がなさそうだったり、高圧的だったりすると何か問題があった時も頼りにくいですよね。

自分の働きたいソープは男性スタッフも問題なく働ける環境か、チェックしてくださいね。

個室待機か集団待機か

待機場所は個室か?
集団か?

も重要です。
一人のほうが落ち着く人は個室待機のほうがいいです、一人は寂しいなら集団待機のほうがいいですね。
自分の性格にあった待機方法が選べるかもチェックが必要です。

回転率はどうか

せっかくソープで稼ごうと思ったのに、お客様が全然こないなら意味がないですよね。
体験入店の時に1人も接客しない、休日でも忙しいとは程遠い場合、そこで働いてもなかなか思うように稼ぐことは難しいでしょう。

客層は?

柄が悪い、悪態をつくようなお客様が多いなら、どんなに稼げると言っても、長く働くのは難しいですよね。

客層が悪い場合も本入店は控えたほうがいいでしょう。

給料形態・罰金

体験入店後の給与形態もしっかり確認しておきましょう。
これは面接の時に説明される場合が多いですが、体験入店でも内容に偽りがなかいを確認しておきましょう。

特に、罰金や経費などどんなお金が引かれるかも重要な確認項目です。

「体入荒らし」とは

最後に、ソープや風俗業界でブラックリスト入りする可能性のある「体入荒らし」について説明します。
体験入店は出ていくお金も多いし、稼ぎにはほとんどならないので、店舗の負担が大きい仕組みです。

ですが、女の子にとってはおいしい場合が多いので、この体験入店を次々やって荒稼ぎする嬢を「体入荒らし」といいます。
体入荒らしだと、バレると、もう二度と周辺のソープ街で働けなくなる場合もあります。
(面接に通らないです。)

まとめ

以上がソープの体験入店についてでした。
体験と言っても、ソープの場合は本入店と仕事内容はかわりません。

それでも、初心者が一日で本入店の嬢並みに稼ぐことも出来るので、体入はかなりおいしい制度とも言えます。
そんな体験入店の制度を悪用すると「体入荒らし」としてブラックリスト入りしてしまう場合もあるので気をつけてくださいね。
体験入店の制度を利用して、自分にピッタリのソープを探して見ましょう。

カテゴリー
お悩み・疑問

デリヘルの面接に受かるには?定番の質問から面接の流れまでを解説します

最近では、風俗(デリヘル)でバイトする女の子も多くなりましたよね。
その影響で、面接は年々受かるのが難しくなっていると言われています。

この記事では、デリヘルの面接で定番の質問から、受かるために必要な準備、面接当日の流れまで解説します。
初めてのデリヘル面接、どんなことを聞かれるのか不安な女の子に読んで欲しい内容になっています。

デリヘル面接で定番の質問は?

では、デリヘルの面接で定番の質問内容につい見ていきます。

これらの質問だけは、しっかり答えられるように、準備しておくのがおすすめです。

「この業界(風俗業界)は初めてですか?」

デリヘルに限らず、風俗で働く場合、絶対に聞かれる定番の質問です。

風俗業界経験の有無を聞くのは、講習内容や、女の子の売り出し方を決めるためです。
未経験・経験あり、どちらでも採用されますので正直に答えてくださいね。

「当店を選んだ理由はなんですか?」

お店を選んだ理由や、風俗の中でも、デリヘルを選んだ理由についての質問です。
「コンセプトが自分に合っていた」
「稼ぎが他のお店よりいいから」など、事前に公式サイトを確認して、お店の特徴を理解しておきましょう。

「どのくらい稼ぎたいですか?」

お店としては女の子がどれくらい稼ぎたいか、希望に合わせてシフトを組みます。
お金の質問となると正直に答えていいのか、戸惑ってしまいますよね。
ですが、シフト決定のためにも大切な内容なので、目標とする金額や、いつまでに稼ぎたいかなど、しっかり伝えてくださいね。

「NGプレイはありますか?」

お客様が見る、女の子のプロフィールに載せる内容なので、できないプレイは嘘をつかずに答えてください。
何でもできます!」と答えてしまうと、働いてから辛くなります。

「デリバリーNG地域はありますか」

派遣してほしくない地域は、身バレ防止のために聞かれます。
知り合いがいる場所や、昼職で働いているエリアなど、派遣してほしくない場所や地域は事前に伝えておきましょう。
以上がデリヘル面接での、基本の質問内容です。

これらをふまえて、デリヘルの面接に受かるためには、どんな準備が必要か見ていきます。

デリヘルの面接に受かるための準備

風俗って面接さえ受ければ誰でも受かるイメージがありませんか?
実はこれは大きな間違いで、風俗の面接は年々受かるのが難しくなっています

特にデリヘルは風俗の中でも女の子に人気があるので、何の対策も無しに面接をすると、「いつまでたっても受からない!」なんてことも珍しくありません。
ここでは、デリヘル面接の前にしておきたい対策をまとめました。

面接に行くお店について調べる

アルバイトでも、昼職でも、面接を受ける時にはそのお店や商品について事前に調べますよね。

これはデリヘルの面接でも同じことです。
面接に行く前にはお店の公式HPを見て、テーマやコンセプト、プレイ代金、バック率、在籍嬢にはどんな人がいるか、など、一通り確認しておきましょう。
特に、お店を選んだ理由や志望動機を聞かれることは多いです。
面接で聞かれそうな内容は、スラスラと答えられるようにしましょう。

身分証明書の準備

風俗の面接では、身分証明書が必要です。
一般的に身分証明書として使えるものは「運転免許証」や「パスポート」など。
顔写真と住所・氏名・生年月日の記載がある、公的な機関が発行した書類になります。

これらの書類がない場合は、本籍の入った住民票が必要になります。
面接の前には、どんな身分証明書を持っていけばいいか、必ず確認しましょう。

面接の服装

デリヘルの面接にはどんな服装でいけばいいのか、迷いますよね。

おすすめは女性らしく、清楚に見える服装です。
その服装のまま、お客様の家に行っても恥ずかしくない格好がベストです。
風俗は究極のサービス業、お客様には非日常を体験してもらうサービスなので、“毛玉のついたセーター”や“しわしわのYシャツ”で面接に行くのは絶対にやめましょう。
また、バックや財布といった小物も綺麗なものを持って面接に行ってください。

あまりにもだらしないと、服装だけで面接に落とされる可能性もあります。

デリヘルの応募から面接までの流れ

では、次に応募から面接までの流れを見ていきましょう。

応募

デリヘルの面接は応募の時から始まっているといっても過言ではありません。
応募方法は「メール」
「LINE(ライン)」
「電話」とありますが、どのツールを使う時も相手に失礼のないように連絡しましょう。

応募の際は
・自分の名前を名乗る
・面接の応募であることを伝える
・必要書類の確認
・面接日時の確認
・自分の連絡先を伝える
と、最低でもこれらの内容を伝えるように連絡してください。
また、応募の時から敬語を使うのも忘れずに。

中には応募のときに「体験入店したいんだけど、いつから働ける?」と、一方的な連絡をしてしまう女の子もいるようです。
これでは、面接どころか応募の時点で落とされてしまいますよね。
面接には、一般常識とマナーを持って応募してくださいね。

面接場所

面接の日が決まったら、約束の時間通りに面接場所に行きましょう。
無断での遅刻、欠席は厳禁です。
万が一、時間どおりに面接場所に着けないようなら、事前に連絡をします。

面接場所は“ファミレス”や“事務所”が多いです。
中には“社用車の中”で面接したという女の子もいますので、ここらへんをイメージしておくといいですね。
室内にあがる場合は、靴を揃える、上着は畳むなど、基本のマナーも見られていますので、気を抜かずに。
お客様を不快にさせないマナーが身についてるかを、面接では見られると思ってください。

面接担当者

面接担当者はオーナーや店長の場合が多いです。
店長と一対一で面接の場合もありますし、店長とオーナーが同席して面接をする場合もあります。
極稀に、お店の女の子が来る場合もあるようです。

1~複数名での面接となると想定してください。

プロフィールシート

デリヘルなど風俗の面接では、事前に履歴書を書くことはありません。
面接当日に“プロフィールシート”という、風俗版の履歴書を書くことになります。

内容は氏名・年齢・生年月日・住所といった項目の他に、スリーサイズ、風俗経験の有無、NGプレイ、アピールポイントなどを記載します。
このプロフィールシートをもとに面接と、お店の女の子紹介ページの作成をするので、正しい内容で記入しましょう。

身分証明書

事前に用意していた身分証明書を面接時に出しましょう。

身分証明書を提出する時も、財布のどこにしまったかわからない、バックを探しても見つからない…。
なんてことがないように、財布やバックの中は整理しておきましょう。
もたもたしていたり、財布がボロボロだったりすると面接ではいいイメージになりませんので、気をつけてくださいね。

面接

面接では、プロフィールシートに書かれた内容や、面接定番の質問に答えながら進めていきます。
どんな質問でも、笑顔でハキハキと、面接官の目を見て答えましょう。
デリヘルはサービス業なので、笑顔や対応の良さは面接でも見られる大切なポイントです。
質問に答える時は、タメ口ではなく、敬語で答えます。

給与体系説明・質問

ひと通り質問が終わると、今度はお店の給与体系や勤怠システムについて説明があります。
複雑で長い説明が多いですが、働いていく上で大切な内容なので、しっかりと聞いておきましょう。
また、お店への質問をする場合は、“バック率”“欠席時の罰金”“雑費はいくらか”“平均来店者数”など、気になるところはしっかりと確認してくださいね。

合格の場合

デリヘルの面接で合格の場合は、そのまま講習の日取りや、体験入店の話になります。
とくに、即日体験入店のお店は面接当日に体験入店もできます。
すぐに体験入店をしてもいいですし、日にちを改めたい場合は、別の日程をくみましょう。

不合格の場合

「では、後日改めて連絡します。」
面接が終わった後、このように面接官から言われた場合、残念ながら不合格と思って間違いないでしょう。

風俗では、ほしい女の子を他の店に取られたくないので、合格の場合は、すぐに仕事の話になります。
不合格なら、気持ちを切り替えて次に行きましょう。
また、後半では、デリヘルの面接で不合格にならないためのポイントもまとめていますので、そちらもぜひ見てみてくださいね。

面接でわかるこんな店舗はNG

風俗の面接では、受かるために頑張るだけでなく、「本当にそのお店が自分にあっているか?
安心して働けるお店か?」もしっかりチェックしてくださいね。

以下のような特徴があるお店は、働く上で不安な場合が多いですので、注意してくださいね。

面接官が遅れてくる

面接官が遅刻をしてくるようなお店は要注意です。
お店の管理者が時間にルーズなら、勤怠管理もルーズな可能性が高いです。

働いてからも、給与計算が間違っていたり、シフトが調整しづらいお店の可能性も。
特別な事情がない限り、面接官が遅れてくるようなお店は、考え直したほうがいいかもしれません。

事務所や社用車が汚い

事務所や社用車が汚いところも、管理が上手く行き届いてない場合が多いです。

それに、誰も汚いお店では働きたくないですよね。
掃除が行き届いていないお店はトラブルにも見舞われやすいので、こんなお店もやめておいたほうがいいでしょう。

給与説明が曖昧

「うちは忙しいから稼げるよ!」
「月100万以上稼いでる子もいるよ」など、給与についての説明が曖昧なお店も働くうえではNGです。
実際働いてみたら、雑費が多くて稼ぎが少ない、なんてこともありえます。
バック率、雑費など、はぐらかされるようなら要注意です。

基本プレイがハード

デリヘル初心者の女の子は、基本プレイにハードなものが多いお店も考えた方がいいかもしれませんね。
即尺(入浴前のフェラチオ)など、女の子によってはかなり抵抗がありますよね。
給料もいいし、事務所も綺麗だけど、基本プレイがハードだと精神的にもつらいものがあります。
面接で判断ができない場合は、体験入店をして考えてみてもいいですね。

では最後に、デリヘルの面接に受からない場合に考えられることをまとめました。

デリヘルの面接に受からない時はどうすればいいの?

何度やっても、デリヘルの面接に受からない!
どうすればいいのかわからなくなるし、自信もなくなりますよね。
そんなときに時に見直してほしいポイントをまとめました。

服装、持ち物は?

デリヘルの面接では、服装も重要です。
また、小物や持ち物もしっかりチェックされています。
どんなに服装がととのっていても、靴のヒールがすり減っていたり、レシートでパンパンになった財布を持っていたりすると、それだけで減点評価となってしまいます。
デリヘルは男性に非日常を体験してもらうサービスです。
面接の時も生活疲れを感じさせない服装・小物を意識してください。

言葉遣い、愛想は?

敬語が使えない、無愛想なのも、面接ではNGです。
どんなに可愛い子でも、「ここで働いてやる」というような態度で面接にこられると、受かるのは難しいでしょう。
デリヘルを頼む男性は、女性に笑顔や優しさといった“癒やし”を求めている人も大勢います。
それなら、無愛想でツンケンしている子より、明るく、謙虚で優しい女の子を採用しますよね。
面接の時、無愛想に質問に答えていないか?
もう一度意識してみてください。

店のタイプは適切か?

服装も完ぺきだし、言葉遣いや態度だって問題がない。
それでも、デリヘルの面接で受からない場合は、お店のコンセプトと女の子があっていない場合が多いです。
例えば人妻系のデリヘルに、10代を思わせるような清純な女の子が面接に行っても、受かるとは思えませんよね?
バック率の良さや待遇だけ見て決めるのではなく、自分の持ち味を活かせるお店を選ぶことも大切です。

まとめ

以上が、デリヘルの面接で定番の質問から、受かるために必要な準備まででした。
最近では風俗を副業に選ぶ女の子も増え、条件のいいデリヘル店の面接は年々採用が厳しくなっていると言われています。
店舗数が増えているので、お店を選ばなければ働くことは簡単です。
でも、せっかくデリヘルで働くなら、環境がととのった、納得のいくお店で働きたいですよね。
どうしても受からない時は、服装・言葉使い・お店のカラーも見直して見てください。
デリヘルの面接をクリアして条件のいいお店で働きたいですね。

カテゴリー
お金

今人気のM性感の日給や保証について解説します

男性客から触られる心配のない人気業種のM性感。
ソフトSMと呼ばれるこの業種は、脱がない舐めない触らせないという3ナイ業種のサービスが女の子から人気です。
初心者さんにとって、働く際気になるのが日給の問題ではないでしょうか。

どれくらい日給がもらえるのか、また日給保証はあるのか、今回はM性感のに日給ついて解説します。

サービスはソフト!でも特殊技能が求められる仕事

まず日給の前にM性感の仕事内容について軽く触れておきます。
この業種はソフトサービスの部類に入ります。

Mと聞くとSMクラブの女王様をイメージしますが、M性感はそういったものと少し毛色が違います。
もちろんSMクラブのようにMの男性を攻めることが基本サービスですが、SMクラブのようにムチで叩いたりといった苦痛を与えるプレイはありません。
性的快感を与えることが主な仕事内容です。
ただMとつくだけあり、SMクラブと似たようなサービスもあります。

例えば目隠しをさせたり拘束したり言葉攻めをしたり、叩いたり苦痛を与えると言ったのとは違う形でお客さんを楽しませる必要があります。
M性感でもとめられるのはアナルプレイでしょうか。
お客さんはドライオーガニズムに導くために、アナルや前立腺を刺激して性的快感に導く必要があります。
SMクラブのように苦痛を与える必要はないのですが、それなりのテクニックが必要となるため、しっかり講習で学んで技術を身につけないといけない業種なのです。

M性感の日給が高いそのワケ

以上のことからソフトサービスにもかかわらずデリヘルやヘルスで働くのとは少し違う特殊技能が求められます。
しかしだからこそ高い日給がもらえます。
なぜ日給が高いか?

それは一度リピートしてくれたお客さんが何度もリピートしてくれる割合が高いからです。
前立腺マッサージやアナルプレイ、男の潮吹きといったM性感の代表的なサービスは、女の子との相性が重要なプレイです。
そのため、相性が抜群の女の子にあたったお客さんは顏やスタイルなどのルックスに関わらず、何度も贔屓にしてくれるのです。
そういったお客さんはオプションを何度も利用してくれますし、ロングで遊んでくれます。

したがって中途半端なヘルス嬢になるより、M性感で働く人気嬢のほうが日給が高くなるというわけです。

M性感の具体的な日給相場って一体いくら?

具体的な日給は大体1日30,000円から80,000円程度までもらえます。
だいぶ幅が広いと感じますが、これはお店によって、女の子によって給料が大幅に前後するからです。

もしあなたが技術的なものが全く身に付かない平均以下の女の子であれば、全く稼ぐことができないかもしれません。
ですが指名を多く稼げるトップキャストになればソープ嬢のように稼げます
ソープ嬢のように体を酷使しなくてもそこまで稼ぐことができる、これは夢のある話だと思いませんか?

不安な場合は日給保証のあるお店へ

しかしどんなに稼げる業種だと言ってもお客さんがつかなければ稼ぐことができません。
そうなると初心者の頃は固定客がいないため、どうしても稼ぎにくいです。
そんな女の子安心して働かせるため、お店の中には日給保証を付けてくれるところがあります。
日給保証とはその日の仕事の内容にかかわらず、働いてる女の子の給料を保証してくれる仕組みのことです。

どの業界でも風俗業界では基本歩合制です。
M性感だけではなく、ヘルスやソープランドも通常歩合制で働きます。
ただ新人さんや出稼ぎの女の子は最初の頃固定客を持っていません。
そうなると「せっかく働いても稼げないんじゃ・・」と面接応募を躊躇してしまいます。

そんな女の子のために給料を保証して応募しやすくしているのです。
時給保証をつければたとえその日がお茶であっても保証された日給は必ず持って帰ることができます。
つまりコンビニのアルバイトのような給料制度になるわけです。
コンビニのアルバイトでは客が来店した回数にかかわらず保証された時給を受け取ることができます。

それと同様に、M性感でも出勤したらその日の日当を保証してもらえるのです。

日給保証には条件があるので要注意

こうしてみると日給保証は非常に優れた制度に思えますが、その一方で条件もあるので注意してください。
M性感にしろ他業種にしろ、日給保証をつけるというのはお店側にとってもリスクがあります。

まだ稼げないかもしれない女の子に日給を保証するわけですから、全くお金にならないこともあるからです。
そのため保証した分とある条件をつけられます。
例えば出勤日数を多く入れるよう指定されることがあります。
1日30,000円の保証がある代わりに、土日を含む週4回以上の勤務を義務付けられたり、出勤時間も〇時間以上といった形でシフトを強制します。

また、指名数で保証額を決めるお店もあります。
日給を保証してもらうと、力を入れなくてもお金がもらえるということでサービスに手を抜いてしまう女の子がいるからです。
そうならないように、リピート率が高い女の子に限って日給を保証するといった形をとるお店があります。
もしその条件に満たない場合、保証額を減額されてしまうか、もしくはカットされてしまうこともあるので注意してください。

以上のように、M性感の求人広告を見ていると、日給保証を付けている店舗が見つかると思います。
その際はお店にどういった条件で保証額がもらえるのか、また金額はいくらぐらいかをきちんと確認しておきましょう。

その他よくある日給保証の条件とは

シフトや指名数ももちろんですが、それ以外にも様々な条件の日給保証があります。

例えばあなたのルックスが抜群に優れていればそれだけで日給が保証してもらえることがあります。
というのもお店は客寄せになる女性を常に求めています。
ホームページに顔写真を掲載しているだけでお客さんが寄ってきてくれる女優クラスの美人はお金を払ってでもお店に置いておきたいのです。
また、人気AV女優など、ネームバリューがある女性についても同様です。

こちらも名前を書いておくだけでお客さんが来てくれるため、お店は高額な日給を保証してでも雇いたいのです。
あとは他店で人気だった看板嬢も同様です。
こちらはすでに固定客がいるので、その女性が抱えてる固定客が全て自分たちのお店に来てくれるからです。
このように、自分のステージが高い女性は相場以上の日給保証もらえます。

お店の利益になる行動をしよう

私はそんなに容姿が優れてないし、AV女優でもない。
安心してください、そのような女性が大半です。
それでもそんな女性でも日給保証をもらう方法があります。

それは、お店側の利益になるキャストになることです。
例えば風俗誌のインタビューに率先して答えたり、SNSや写メのフォロワーを増やす努力をしたり。
ホームページ上で顔出ししたり、お店にお客さんが来やすくなることをしてくれる女の子は優遇してもらえます。
写メ日給を定期的に更新したり、風俗誌のインタビューに答えるといったことはそこまで難しいことではありません。

保証が欲しいのであれば、楽して稼げるという甘い考えを捨てましょう。
お店側に利益となる行動をとればお店側から求められる人間になれます。
そういった時、お店はあなたに日給保証を付けてくれるのです。
日給が貰えるんだからたいして働かずに大丈夫よね、そういった怠けた考え方では稼げる女性になれません。

そもそも日給保証はほんとにお客さんが来なかったときの保険の制度です。
もしあなたが真面目に働けば、保証額に頼らずそれ以上の日給を稼ぐことができる業種です。
最初の頃はともかく、働いてからはあまり日給保証を意識しないようにしましょう。
お客さんに真心あるサービスをしていれば、自ずとそれ以上の金額が稼げるようになるからです。

条件に迷ったら大手グループがおすすめ

ちなみにM性感の求人ですが、店舗数は少なめです。
ただ稼げる業界なので、待遇の良い求人が目立ちます。
女性が働きやすい環境を作るため、お店によっては託児所があったり、寮完備であったり、面接の交通費を支給してくれたり、女の子が面接に行きやすい条件を整えているお店が目立ちます。

そういったお店はもちろん女の子が殺到してしまうため、競争率が高くなるデメリットはありますが、働けた際はストレスなく働くことができるでしょう。
ただ全ての店がそうした高待遇ではありませやん。
また、広告にはそう書かれていても、あなたのルックスや年齢次第で条件も上下します。
結局はケースバイケースなので、まずは待遇の良い求人を見かけたらそのお店に直接訪ねてみましょう。

もし日給保証があるのならどういった条件か尋ねておくのを忘れずに。
条件はやはりお店単位で大きく違います。
個人が経営している小さなお店では条件がそこまで優れていません。
条件的に良いお店を探すのに手っ取り早い方法は、売り上げと集客力のある大手グループに行くことです。

大手グループはお客さんも集まりやすく、募集する女の子も条件の良い傾向があります。
まず迷ったら大手グループの経営しているお店を探しその求人に応募してみると良いでしょう。

店舗型のほうが日給保証が多い

また、お店のスタイルも店舗型のお店と派遣型のお店があり、店舗型のほうが日給保証を付けてくれるケースが多いです。

派遣型のお店の場合は、自宅待機ができる分、日給保証がつかないことが多いです。
その分自宅待機しながらのんびりと待機することができます。
もちろんこじんまりとしたお店が悪いわけではありません。
そういう店は競争率が低かったり、人間関係が穏やかだったり、違うメリットがあるものです。

結局はどちらに行くにせよ、当たりハズレがあるということです。
派遣型か待機型か、大手か個人経営か、自分のタイプに合ったお店を探しましょう。

まとめ

M性感の日給についてまとめました。

特殊な技術と演技力が求められる世界ですが、技術があれば、多少年齢がいってても働くことができます。
また、生理の日でも働ける人気ジャンルでもあります。
もし気に入ったお店をみつけたら、リサーチしてすぐに応募しましょう。
枠が少ないので早めの行動をおすすめします。

カテゴリー
お悩み・疑問

デブ専・ぽっちゃり風俗店の面接!応募方法から受かるポイントまで全部解説します!

太っていることを活かして高額のお給料が稼げる“ぽっちゃり風俗店”ですが、働くためには避けて通れないのが「面接」ですよね。
今回はデブ専風俗店の面接の応募方法から、質問内容、採用されるポイントまでまとめています。
普通の風俗店では受からない子、コンプレックスを自信に変えたい子、ぽっちゃり風俗デビューの参考にしてみてくださいね。

ぽっちゃり風俗店への応募方法は?

実際に働いてみたいお店が決まったら、まずは面接の応募をしましょう。
お店のHPや風俗求人から応募できます。
応募方法は、主にこの3種類です。

・LINE
・メール
・電話
実は、面接担当者は「応募」の時から、「うちの店で雇いたい子か?」をチェックしています。
なので、“面接は応募の時から始まっている”と思って気を抜かないでくださいね。
では、どんなところに気をつけて応募すればいいかも確認していきましょう。
まずは、電話・メール・LINE、どの方法でも敬語で応募しましょう。

応募した際は最低限これらの内容を確認しておくと安心です。
・名前を名乗る
・面接を受けたいことを伝える
・面接日時の確認
・面接場所の確認
・持参する身分証明書の確認
・持ち物の確認
・質問

名前は匿名でも大丈夫です。

応募は敬語で

応募の時は敬語を使っていて、一般常識があれば「面接拒否」なんてことにはなりませんので大丈夫です。
女の子中にはタメ口で話す子や、面接日時も決まっていないのに要望だけ伝えてくる子もいるとか。

これだと、働くどころか面接も受けられませんので注意してくださいね。

身分証明書

また、風俗店では未成年を働かせることが禁止されています。
ですので、面接の際は「身分証明書」がないと受けることができません。

お店によって、「運転免許証でOK」
「本籍入りの住民票の写しが必要」なところもあります。
「どんな身分証明書が必要か?」は必ず確認してくださいね。

服装

当日の服装は「そのままで男性とデートに出かけられる」ようなイメージで。
風俗はお客様に非日常を楽しんでもらうサービスです。
面接でも、生活感の出すぎている服装はNGです。

当日は、清潔感のあるメイクと清楚な服装がベストです。
面接は遅刻厳禁。
遅れることなく、面接会場に向かいましょう。

ぽっちゃり風俗店面接の流れ

面接は「お店」「ファミレス」「社用車」ですることが多いです。
ぽっちゃり風俗店で多いデリヘルの場合、お店やファミレスで面接のことが多いですね。

面接官はそのお店の店長が多いです。
挨拶をしたら早速面接開始です。

身分証明書提出

まずは用意した身分証明書を提出します。

すぐに提出できるように、カバンや財布の出しやすいところに入れておきましょう。

プロフィールシート記入

風俗のお店では、「履歴書」の代わりに、当日「プロフィールシート」を書きます。
氏名・年齢・住所など普通の質問の他に、
「体重」
「スリーサイズ」
「NGプレイ」など、風俗独特の質問もあります。
このシートに沿って面接していくので嘘は書かないでくださいね

体重・スリーサイズ測定

デブ専店の面接では、“体重”や“スリーサイズ”の計測もします。
なぜなら「顔よりも体重」というお客様も多く体重がすくないと、最悪クレームに繋がる可能性もあるからです。
太っているのを気にしている女の子にとって、男性の目の前で体重を測るのはすごく辛いですがここは我慢です。

面接

事務的な手続きが終わったら面接をしていきます。
・志望動機
・風俗経験の有無
・月に稼ぎたい額
・シフト希望
これらが代表的な質問です。
どの質問にも笑顔で丁寧に答えてくださいね。
お店のコンセプトにもよりますが、デブ専店の場合、癒やしや安らぎを求めくるお客様が多いので、愛想が悪い子よりはいい子の方が受かりやすいです。

仕事内容・給与説明

面接がひと通り終わったら、お店のルールや給与の説明があります。
実は、面接で聞かれる時間よりも、お店の説明に時間がかかることが多いです。
もし、わからないことがあれば最後に質問もできるのでしっかり確認してくださいね。

面接合否

合格の場合

面接に合格の場合は、すぐに体験入店やシフト調整に入ることが多いです。
お店で働いて欲しい女の子は、他のお店に移らないようすぐに採用を伝えてくれます。

面接に不合格の場合

「後日連絡します」
こう言われた場合、風俗の面接では不合格のことが多いです。
風俗の面接で不採用だとすごく落ち込みますよね。

明るく受け答えをしていても面接に受からない場合、お店と女の子のイメージが合っていないなど、女の子とは別の原因のことも多いです。
気を取り直して次の面接に挑んでくださいね。

まとめ

以上がぽっちゃり・デブ専風俗の面接について、応募方法から当日の流れまででした。

普通の風俗店と違い、デブ専風俗では顔立ちよりも、体重や性格を重視しているお店がおおいです。
ですので、応募の時から礼儀正しく連絡をするのもポイントです。
お店のコンセプトと女の子の性質が合っているかも風俗では重要視されます。
なので、もし面接に通らなかったとしてもそこまで落ち込まなくても大丈夫です。

もっと自分らしさを活かせるお店を見つけるためにも、次の面接に応募してみてくださいね。

カテゴリー
お金

人妻熟女系の風俗って日給保証でるお店あるかな?

これから人妻や熟女風俗店で働こうと思っている女性にとって、お金の問題は切実です。

働いて果たして稼げるのだろうか、お客さんは来るのだろうか。
そういった悩みが尽きません。
ただ、風俗には日給保証という制度があり、お客さんが来ない日でも給料を保証してもらえるのです。
しかし、保証をもらうにはとある条件をクリアしなければいけません。

今回は人妻熟女風俗店の日給保証について解説します。

日給保証ってどんなシステムなの?

日給保証というシステムは、多くの風俗店で採用されている、新人風俗嬢の給料を最低保証してくれる制度のことです。
この制度があることによって、たとえお客さんが来ない日であっても、決められた額の日給を保証してもらえます。
風俗は歩合制なので、お客さんがたくさんついた日はたくさん給料がもらえます。
ただ、全くお客さんが来なかった場合、一日働いても一銭にもならないのです。

新人の頃は固定客を持っていません。
指名客は来ないためフリーのお客さんに頼るしかないのです。
フリーのお客さんが来ない日は自分の収入が増えず、思っていた金額を稼げないことがしばしばあります。
これでは普通にアルバイトした方が良いのではないか?

と思って金銭的に困った女性は辞めてしまうのです。
お店としてはキャストを確保するため、給料を保証することで辞めないようにしているのです。

日給保証は出稼ぎ女性のためにつくられた

もともと日給保証は出稼ぎしてくる女の子にために作られた制度です。
地元で働くと知人や家族にバレてしまう。
なるべく遠方の風俗で働きたい。
ただ見知らぬエリアで客入りすらわからないのに体一つで働きに出るのはかなりの不安です。

そう思う女性に対して、日給を保証することで、躊躇せずお店に来てもらうようにしたのが始まりです。
日給保証さえあれば、決められた金額だけ必ずもらえるので安心して遠方から出稼ぎにこれるというわけです。

日給保証ってどのくらいもらえるの?

保証でもらえる金額に関しては、お店やエリア、業者によって違います。
大体30,000円から50,000円位が相場と言われています。
人妻熟女風俗だとそれよりもっと少ない額になりますが、一般的な相場としてはそのくらいです。
大体その業界で新人が稼げる程度の金額が保証額です。

中には広告で10枚以上などという高額な日給をウリ文句にしているところがあります。
ただこれは容姿が抜群だったり、人気嬢だったり、そういった女性に対しての条件なので、鵜呑みにしてはいけません。

人妻熟女店では日給保証が見つかりづらい

肝心の人妻熟女系の風俗ですが、こちらではなかなか日給保証を見つけることができません。
というのもこの制度、雇った女性が稼いでくれるだろうという期待値に対して支払われる金額だからです。
つまり、お客様を満足できなさそうな女性には、保証がありません。
人妻熟女系の風俗はお客さんが少ないため、一般的な風俗のように高い金額を出すことができない事情もあります。

もちろん探せば見つかりますが、あまり期待しすぎない方が良いでしょう。
あるお店でも、厳しい条件が課せられます。

日給保証をもらうための条件とは?

ただでさえ少ない人妻熟女店の日給保証。

あったとしても、保証は誰でももらえるわけではありません。
厳しい条件をクリアした女性だけがもらえる制度です。
ではどんな条件があるのでしょうか。
前提条件としてクレームの少ない女性がもらえます。

日給保証というのは、稼いでくれると見込んだ女性に対して払われます。
仕事を怠けたり、地雷接客をしたりするような女性には支払われません。
アンケートでサービスが悪かったとか書かれてしまうような女性には、日給を保証したところでマイナスにしかならないからです。

ノルマをクリアしたらもらえることも

お店側としては保証を出す代わりノルマを課すことがあります。
例えばリピートを何回以上返す、といったノルマです。
それをクリアできなかった場合は保証が出ない、もしくは保証の金額を下げられてしまいます。

もちろん、新人の頃は固定客はいませんし、サービスもまだつたないので、ノルマクリアするのは難しいです。
そういった中で指名を増やすのは並大抵の努力ではありません。
しかし、新人期間はある程度優遇してもらえる期間でもあります。
フリーの客を他の女の子より優先的に回してくれたり、指名料を安くして、お客さんが指名しやすく優遇します。

そういった状況で怠けず働けば、ある程度リピートも返ってくるでしょう。
あまり新人には過酷なノルマを課さないので、頑張ればクリアできるはずです。

シフトたくさんでたら日給が保証される

また組んだシフトによって日給保証がもらえるケースもあります。
週何日以上勤務、1日何時間以上を5日以上、といった形です。
シフトを拘束されることで、自分の好きな時間に働きたいと言ったことはできませんが、その分日給保証がもらえます。
通常だと風俗は待機している時間については給料払われません。

あくまで接客した人数によってお金が支払われます
日給保証があれば、接客人数は関係ありません。
つまりお客さんが来ない日は逆にラッキー、と思うかもしれません。
もしあなたが、週末限定で働きたいとか、週1日だけ働きたい、そう思っている場合、保証をもらうのはかなり厳しいでしょう。

風俗店の広告塔になることでもらえる

また、風俗店のプロモーションを手伝ってくれる女性に保証が支払われることがあります。
例えば風俗サイトのインタビューに答えたり、サイトのホームページに顔出ししてプロフィール等を表記してくれる場合です。

こういったプロモーションは他の女性は身バレリスクがあるのでなかなかやりたがりません。
ホームページの顔出しをしたらネットに顏が出てしまうので当然です。
逆にいうと、そういったことをやれる女性は、お店側から喜ばれます
お店から評価されるのです。

顔出しをした方が男性客のウケが良くなり、サイトビューも指名数も伸びるからです。
たとえ容姿が悪くても、顔出ししてくれるお店は「加工してない」と信頼感につながるのです。
そういったことで、リスクに見合った分の保証を付けてくれるというわけです。
ただ、人妻熟女店で働く女性は実際に結婚していたり子供がいるケースが多いでしょう。

そういった事情を踏まえると、家族のことを考えてあまりお勧めはできません。

写メ日記を更新したらもらえる

プロモーションとは別に、写メ日記を定期的に更新している女性はその努力に応じて保証が支払われることがあります。

風俗は昔、待機してるだけでお客さんがたくさんやってきました。
しかし最近ではライバル店も増え、ただ待っている状況ではお客さんがなかなかやってきてくれません。
そこで女の子に写メ日記といったブログ更新を義務づける店舗が増えてきました。
お客さんは写メ日記を見て、このコに会いたいな、と思ってお店にやってきます。

定期的に更新してくれる女性はファンも増えやすく、そういった努力をお店は評価します。
このように、お店側のメリットになる行動をしてくれる女性に対しては日給保証が支払われることが多いです。

看板嬢は青天井で保証がもらえる

もちろんこれらの条件は新人や出稼ぎ嬢についての話です。
あなたがこれから風俗で働いて、たくさんのお客さんを獲得した。
そのお店でナンバーワンの人気になった。
そういった状況になると保証額は一変します。

あなたは足元を見られる立場から、足元を見る立場に生まれ変わります。
お店は人気嬢を失ってしまうと、大量のお客さんを失うことになります。
それを恐れて、週一の出勤でもいい、これぐらい保証するので店にいてくれ、といった形で条件が釣り上がり、破格の保証を付けてくれるお店もあります。
つまり、それだけ保証してもお店側にメリットがあるのです。

風俗は人気商売なので、お客さんを持っている女性は立場が強くなります。
逆にいうとこれから働きたいという新人はどうしても立場が弱くなるのは仕方ないともいえます。
新人としてコツコツお客さんに尽くして、たくさんリピートされる風俗嬢になることで見返してあげましょう。
日給保証はもちろん決められた金額を持って帰ることのできる制度ですが、お客さんが忙しくてたくさんついてしまったという場合はそれ以上の金額をもらえることがあります。

つまり、必ずその金額にしか持って帰れないのではなく、最低日給なので、お客さんがたくさんつけばつくほどお金を稼ぐことができます。

日給保証にたよりすぎない

やった、このお店は日給保証がある。

そう思って面接に行くのはいいですが、ここで風俗で働く上で重要な心構えを。
日給保証というのは、あくまで新人や出稼ぎの女性が不案内ように働くために用意された生徒です。
一生懸命頑張って働けばそもそも日経に頼らなくてもそれ以上に金額を稼ぐことができます。
日給保証に甘んじていると、サービスがどうしても怠けてしまうことがあります。

これでは、いずれ日記保証を切られてしまうか、新人期間が終わったとき全く稼げなくなります。
もちろん日経賞があれば安心して働けるのは事実ですが、それに甘んじてはいけません。
人妻熟女だろうと、お客さんを真心を持ってサービスしていれば固定客が増え、日給保証の倍以上は稼げるようになります。
初めての風俗で働く上で日給保証は大事ですが、頑張ればそれ以上に稼げますので、あまり日給保証に依存しないようにしましょう。

まとめ

人妻熟女店における日給保証について解説しました。
日経保証は確かにありがたい制度ですが、厳しい条件があるお店がほとんどです。

また、人妻熟女店では保証してくれるお店の数も少ないです。
ですが日給保証はお客さんがたくさん来るお店であれば、保証額以上に稼げます。
保証してくれるお店がないのであれば、とにかく集客力の良いお店を探してみるのもおすすめです。

カテゴリー
仕事内容

ソフトSMの人気風俗M性感の仕事内容を徹底解説

M性感という風俗店をご存知でしょうか。
M性感とは最近徐々に人気が上がっているジャンルなのです。

でも、そもそも性感ってなんだろう、MってSMの事?
と首をかしげるかもしれません。
ここはそんな疑問を持った人のためにM性感の仕事内容について解説したいと思います。

M性感の名前の由来について

この記事を読んでいるという事はM性感に少なからず興味があるとおもいます。
そもそもM性感のMは何かというと、Mの男性のことを指します。
つまりM男と呼ばれるマゾヒストの男性に性感マッサージをして気持ちよくなってもらう業種、というわけです。

Mとつくと、SMクラブのようにムチやろうそくを使って激しくM男男性をいじめるイメージがあるかもしれません。
もちろんそういったオプションプレイも可能ですが、ハードなSMクラブと比べると比較的ソフトのプレイが中心です。
基本的に男性女性双方が痛みを伴うような激しいプレイはありません
また、SMクラブには働く女の子顔が苦痛を伴うプレイも存在しますがM性感にそれはありません。

自分が責められることもなく、Mの男性を責めることが中心です。
したがってSMクラブよりは楽に働くことができるでしょう。

M性感の仕事の流れをざっくり解説

続いてM性感で働いた際の仕事内容についておおまかにまとめました。
とはいえM性感にも様々な形態があります。
ファッションヘルスのように店舗型のお店もあれば、デリヘルのように派遣型のお店もあります。
全国どの地域にも大体存在していますが、ここでは派遣型についてまとめました。

お客さんの待つ部屋まで行く

まず派遣型はお客さんの待つ部屋やホテルまで送迎をつかって向かいます。
部屋に入って挨拶をしたらタイマーをセットしてお店に連絡。
その後は会話をしながらどういったプレイをして欲しいか内容を決めていきます。

プレイに関しては事前にできるオプションできないオプションを説明しておくとスムーズです。
また、なるべく相手の希望を叶えてあげると次の指名につながります。
「本当はダメなんだけど特別ですよ」と相手を特別扱いしてあげるとリピートされる確率が高まります。

シャワーを浴びる

簡単な挨拶が終わったら次はシャワーを浴びます。
互いの服を脱いできちんと歯磨きやうがいをしてもらいます。
ここで重要なのは陰部のチェックです。
中には病気を持った状態のお客さんがいます。

M性感はそこまでハードなプレイがないので粘膜接触はありませんが、やはり病気があるお客さんとの接触は避けた方が無難です。
シャワーの時間もプレイ時間に含まれているため、ここを間延びしているとお客さんの印象が悪くなるので気をつけましょう。
目安として5分から10分ぐらいの時間を心がけてください。

マッサージ開始

シャワー後はプレイに始まります。
お客さんの体をローションを使って入念にマッサージします。
M性感とは性感マッサージのことなので、入念にマッサージをします。
マッサージのツボについては講習で教えてもらえるので初心者でも安心です。

お客さんの気持ちを高ぶらせ、うまく焦らしていくのがM男が喜ぶ秘訣です。
店舗によってはここでコスプレ衣装などを着て、OLやナースといったイメクラ風のシチュエーションでプレイをすることもあります。
自分のキャラクターにあったオプションを用意しておくと、ファンを獲得することができるでしょう。

絶頂まで導く

そしてここからが性的サービスです。
手コキや前立腺を入念にマッサージしてオーガズムに導きます。
股間部が興奮してきたらゆっくり、そしてときには激しく手コキをしてお客さんを射精させます。

この際注意しなくてはいけないのが、お客さんの体調によって、射精までの道のりが異なることです。
M男といっても性癖は様々です。
言葉攻めをしてほしいお客さんもいれば、激しく刺激しないと射精できないお客さんもいます。
機嫌を損ねてしまうと股間の反応が鈍くなり、うまく絶頂に導けなくなるので注意しましょう。

ポイントとしては緩急をつけて刺激することです。
どうしてもわからない場合、直接お客さんに尋ねるといいでしょう。
どういった方法をとれば絶頂までいきやすいか、コミュニケーションをとりながら導いてあげましょう。

男の潮吹きやドライオーガズムに導くと満足度UP

テクニックが優れている女性はお客さんをドライオーガズムや潮吹きまで導くことができます。
このような状態まで導くとお客さんは通常の射精以上の満足感に包まれるため、通常の射精以上に喜ばれます。
M性感ではお客さんとの相性が大事です。
人気嬢だからといって必ずしもドライオーガズムや潮吹きまで導けるわけではありません。

M男といっても人によって性感帯が微妙に異なるため、その人に合ったツボを知っていることが重要なのです。
したがって1度でも満足に導いたお客さんはあなたを贔屓にしてくれるので、何度も何度もリピートしてくれます。
ドライオーガニズムと男の潮吹きに関してはM性感で働く女性の腕の見せ所です。
このテクニックをぜひ講習で学んで、顧客満足度を上げましょう。

番外:オプションについて

M性感はソフトサービスですが、オプションで通常のデリヘルに近いサービスをする女性もいます。
もちろん普通に働く女性はそこまでしなくても大丈夫です。

ただ悪質なお店で働いてしまうと、そういったプレイを強要されてしまうこともあります。
またお客さんが強要してくる場合もあります。
その際は機嫌を損ねないようやんわりと断りましょう。
もちろんオプションをすればそれだけ指名も多くとれます。

人がやりたがらないようなオプションができればあなたの大きな武器になります。
もちろん過激なオプションをする必要はありません。
ただ嫌だ嫌だとどのオプションも断っていると、お客さんの満足度を上げることができないのもまた事実。
その辺のバランスの見極めをしながらできるサービスを模索しましょう。

シャワーで洗体

そしてお客さんを絶頂に導いたら時間も残りわずかになっているはずです。
締めは2回目のシャワーです。

お客さんの体についた汗やローションを丹念に洗い流し、キレイな体でサービスを締めましょう。
絶頂期はお客さんの興奮もおさまり、素の状態になっています。
この賢者モードのお客さんを丁寧にもてなすことがリピートしてもらう際にキーとなります。
お客さんはエッチな気分が抜けて平常モードになっています。

雑な扱いをすると印象が悪くなってしまうので注意しましょう。

別れの挨拶(連絡先交換など)

シャワーを浴び終わったら別れの挨拶です。
メールやLINE等の連絡先を交換するのも良いでしょう。

お店に連絡をしてサービスが終わった事を伝え、送迎に来てもらい変える準備をしましょう。
名前や、当日の接客について覚えておくとリピートしてくれた時お客さんも喜びます。

M性感はテクニックを磨けばハードな業種以上に稼げる

以上がおおまかなM性感における仕事内容です。

もちろんこれに限ったプレイ内容ではなく、オプションによって豊富なプレイをすることができるのもM性感が人気たる所以です。
バック率はデリヘルよりも高く設定されているため、リピーターが多ければそれだけ効率的に稼ぐことができます。
受け手になることがない仕事なので、女の子の日でも安心して働くことができます。
ある程度テクと知識が求められる業種ですが、コツさえつかめば普通の風俗よりも楽に稼ぐことができるのです。

まとめ

M性感の仕事について解説しました。
男の潮吹きやドライオーガニズムなど、コツが必要な業種ですが、講習で学べば未経験者でも稼ぐことができます。

責められたくはないが風俗のお金は魅力的
そう思っている人はぜひM性感に面接に行ってみてはいかがでしょうか。

カテゴリー
お悩み・疑問

良いホテヘル選びをしたいならまずは体験入店がおすすめ

ホテヘルで働きたい、もしくは既に働いていて新しいお店に鞍替えしたい。
そういった時に気になるのはやはり給料ではないでしょうか。
ホテヘルは昼職に比べれば稼げる仕事といえます。

しかしお店ごと、どれくらい稼げるかというは違うものです。
勤務時間や、客入りによって、あなた自身によってお店ごとに給料もかわってきます。
今働いてるお店が良いのか。
それとも新しいお店の方が良いか。

自分がこれから働きに行くお店はどれくらいの条件なんだろうか。
そういった良いお店の指針になるのがこれから紹介する体験入店という仕組みです。
これを賢く活用することによって自分の条件にあったお店を探すことができます。
今回はホテヘルと体験入店、そして体験入店前にチェックすべきことについて解説します。

ホテヘルで人気をとればこれくらい稼げる!

ホテヘルはヘルスのようにプレイルームを使わずラブホテルで働く業種です。
デリヘルのように24時間営業とはいきませんが、だいたい日中からラストまで働けば、平均日給3万円から5万円まで稼げる業種です。
もちろんあなたがオプションをこなしたり、お客さんがロングで遊んでくれた場合は、1日10万円以上稼ぐことも可能です。

固定客がたくさんいるキャストは、自分が出勤する日に指名客をお店に呼んで、指名料やバック率などを含めて大きく稼いでいます。
そういった人気嬢になれば日給は他のキャストの2倍3倍になることも不思議ではありません。
自分がそういった稼げる風俗嬢になるためには、あなたにあったお店選びが重要です。
また、働いた時にバック率はどれぐらいかの条件についても確認しておく必要があります。

それらを考慮したうえで働けば、あなたの給料も2倍3倍になるかもしれません。

稼げるお店を見つける体験入店

風俗求人だけを見ると、お店の雰囲気、どんな客層か、集客具合までは分かりません。
そこで体験入店です。

体験入店というのは、入店前にテスト感覚で働いて、自分に合っていたら入店、向いてないと思ったら辞められることができる画期的なシステムです。
お試し感覚で働くことができるため、気兼ねなく辞められるのが精神衛生上いいわけです。
一日程度でも自分に合った店、稼げるお店はなんとなくわかります。
さらに給与もちゃんと出ます。

しかもこの給料は振り込みではなく日払いなので、日雇いアルバイト感覚で働くことができるのです。
体験入店はメリットしかない制度なのです。
風俗で働く場合最初の接客が大事です。
最初の接客ではずれのお客さんに当たってしまったら「もう無理」と思ってしまいます。

もし体験入店後そう思ったのであれば、そのまま帰って大丈夫です。
「これなら行けるかな」と思えば二人目めも接客すればいいわけです。

体験入店前の面接で聞いておくべきこと

普通の店では体験入店前に面接があります。

知らずに体入してしまうと、困ることもあるのでそこで聞いておくべきことをいくつか紹介します。
それは以下の項目です。
まずどんな仕事内容かを聞いておきましょう。
お店によって基本サービスに含まれているプレイが異なるのです。

ネットの口コミを見て、Aというお店でオプションとなっているプレイがBのお店では基本サービスに含まれていることもあります。
そういったことで「聞いてない」とトラブルが起きるのです。
体験入店前に、面接で必ず基本プレイは確認しておきましょう。

バック率についても聞いておく

もちろん給料についても聞いておきましょう。
バック率や、指名バックはどれくらいのパーセンテージなのか、働く前に確認しておかないと後々トラブルになります。
例えば50%のバック率であれば、お客さんが1時間1万円コースで遊んだ場合、あなたの取り分は50%の5000円になります。
これが60%であれば6千円になるわけです。

つまり10人接客すれば、50%と60%では1万円も給料が変わってくるのです。
このバック率、あなたのクオリティによって上下します。
もしあなたのビジュアルが平均以下だとバック率を下げられてしまうこともあります。
とはいえ、お店によって違うので、体験入店前に聞いておきましょう。

いくつかお店を見比べて、1番良いバック率の店を選ぶのがおすすめです。

雑費や罰金の有無について

そして雑費は罰金についても聞いておくのをおすすめします。
雑費というのは、お店でかかる経費のことです。

あなたが使うローションやおもちゃ、その他器具について。
そういった消耗品が雑費として給料から引き落とされます。
雑費が売り上げの10%であれば、あなたが1日3万円稼いだとしても三千円が雑費として徴収されます。
もちろん雑費が0のお店もあります。

0%のほうが得ではないかと思いがちですが、そういうお店に限ってバック率が低く抑えられていたり、別の部分で徴収していることもあります。
罰金についても同様です。
女の子が遅刻や欠勤をすると、罰金を取るお店があります。
これも徴収されてから「聞いてない」と揉める原因になるので、あらかじめ確認しておくと良いでしょう。

講習についても聞いておこう

それと、体験入店の前には講習をしなければいけません。
講習にも高等交渉や、DVD講習、実技講習とありますので、その内容を確認しておきましょう。
これらの項目はお店によって方針が違います。

講習なんてしたくない、という女の子もいますが、するしないではお客さんの満足度も変わってきます。
男性が嫌なのであれば、最近は女性を呼んで講習を受けるお店もあるのでそういった店舗に応募しましょう。
いずれにせよ体験入店前に、講習について知っておくと安心です。

体験入店したら確認すべきこと

体験入店後はお客さんがどれぐらい来るか、そして客層について見極めておきましょう。
羽振りのいいお客さんばかりならその店は当たり。
逆にショートコースばかりであまり稼げなそうだなぁと判断したらハズレです。
また、同僚に嫌な女性がいないか確認しましょう。

女の世界なので、いびる女性はどこにでもいます。
生理的に受け付けない女性がいると、そのお店で長くもちません。
スパっとやめて別の店舗に行きましょう。

体験入店ばかりをしてはいけない

体験入店には基本デメリットがありませんが、唯一あまり体験入店を繰り返したときデメリットが発生します。
体入荒らしと思われてしまうのです。
お店は本入店をしてもらうために体験入店をさせています。
そのため、体験入店の頃からいい思いをさせようと、フリーのお客さんを回してくれたり、多少サービスがつたなくても黙認してくれます。

その立場を悪用したらどうなるでしょうか。
どうせ辞めるから、という理由でサービスを雑にして地雷接客を繰り返し、フリーのお客さんをあてがってもらったら適当なサービスをして日給をもらってすぐやめる。
これは迷惑行為以外の何者でもありません。
1店舗だけならこうした行為もまだ良いのですが、エリア中のお店でそれを繰り返すと、体入荒らし判定をされて、どこのお店でも働けなくなるので注意しましょう。

風俗店は、そういった情報がすぐ広まるので、あなたの情報は他のお店でも共有されます。
体験入店だけを繰り返す。
確かに一時的には稼げるかもしれませんが、トータルで見ると働きづらくなってしまうだけなのでやめたほうがよさそうです。
もちろん、ある程度いろんなお店を確認して天秤にかけるのは良いのですが、度が過ぎる掛け持ち行為は慎んだほうがよさそうです。

まとめ

ホテルの体験入店についての解説でした。
風俗で働く際、気になるのはお店によってどのくらい条件が違うのか。
それを解決してくれるのが体験入店です。

うまく活用すれば、あなたの価値を最大化できるお店を探せます。
しかしあまり体験入店だけを繰り返すのも良くありません。
事前にリサーチに時間して、ここぞと思った店舗だけに絞って応募しましょう
あなたに合うお店が見つかれば、ホテヘル嬢でもソープ嬢以上に稼げる風俗嬢になれるのです。

カテゴリー
お悩み・疑問

女の子ならだれもが憧れるソープの高級店の採用基準とは

風俗の中で最も稼げる業者と言えばもちろんソープランドです。
しかし、ソープランドと一口に言っても高級店から大衆、格安店に分類されます。
もちろん高級店の方がお客さんが遊ぶ金額が高くなり、女の子は稼ぐことができます。

ただし、採用基準が難しいのではないかといった不安もあると思います。
そこであまりホームページや求人広告には載ってない、高級店の採用基準についてまとめました。

高級ソープは客層がいいから稼げる

そもそも高級ソープはなぜ稼げるのでしょうか?

高級ソープと大衆ソープの違いは、なんといってもお客さんの層の違いです。
例えば大衆店では普通の会社員のお客さんがやってきます。
高級店となると、医者や芸能人、スポーツ選手や経営者がやってきます。
つまり高所得者層が多いのです。

お金を多く落としてくれるお客さんが相手だからこそ、見返りの給料も高くなるわけです。

高級ソープの仕事は大衆店とどう違う?

基本的に高級ソープの仕事内容は、通常のソープと仕事内容が少し変わります。
基本的に長時間で接客することが多いです。

大体80分からでしょうか。
挨拶やマナーなど、細かい部分の礼儀作法を厳しく指導されます。
そして基本的にNSと呼ばれる生のサービスが要求されます。
さらには即即と呼ばれる、シャワー前のいきなりサービスも高級店ならではのプレイです。

高級ソープはコミュ力必須

普通のソープランドであれば45分程度のコースがありますが、高級店だと長い時間遊べるお客さんじゃないと利用することができません。
利用時間が長いからこそ単価も高くなり、その分お金も稼げるわけです。
しかしながら、長時間お客さんと一緒にすることで、プレイとプレイの間に隙間時間が生まれます。

そういった部分でお客さんとコミニケーションを取れるような女性が優遇されるのが高級ソープです。
どれだけ美人であっても、内向的な女性や、コミュニケーション能力に問題がある女性はあまり高級店では向いていません。
また、男性はタバコを吸う女性は好まないため、喫煙者は嫌われる傾向があります。
かといって男性がタバコを吸いたいと思ったときにはそれを許容しないといけません。

嫌煙家でも厳しいというわけです。

高級ソープの求人広告はあまりない

高級ソープにあまり求人広告は見られません。
あったとしても採用率も低めです。

高級店では誰もが働きたいです。
試しに求人を出せばレベルの低い女性でもダメ元で応募してしまうため、メールが殺到します。
そうなるとチェックする人が膨大な数のプロフィールに目を通すことになります。
その中で採用される人が生まれればいいのですが、たいていは時間の無駄になってしまうのです。

また、高級ソープ自体店舗数がすくないです。
たまにみかける求人には、「容姿端麗の女性限定」などと書かれてあります。
これだけを見ると美人じゃないとダメなんだ、と落ち込むかもしれません。
しかし美人の基準は面接官の裁量によります。

例えば、ミス日本に選ばれる女性を見ると、「あれ、この人いうほど美人?」と思う事はありませんか。
AKBの女性を見ても、数人は美少女がいますが、絶世の美女と呼ばれる女の子はそれほど多くないと思います。
このように美人というのは個人の主観によるものです。

だから自分的に容姿端麗じゃないと思ってたとしても、相手から見ると採用基準を満たしているかもしれません。
どうしても働きたいというのであれば、向こうからスカウトされるのを待ちましょう。
風俗サイトに登録して、自分のプロフィールと写メを登録しておけば、高級ソープから良い条件でスカウトされるかもしれません。
自分から高級ソープに応募していても面接前に落とされてしまうことがほとんどでしょう。

もしくは、大衆店でたくさんのお客さんを稼ぎ、エリアで皆が知っているほどの人気嬢になれば引き抜かれることもあります。

ソープの高級店はスタイルには厳しい

顏は人の主観ですが、スタイルに関しては少し注文がつくようです。
例えば身長は平均から160センチ以上であったり、体重は身長から115を引いた位が理想です。

おっぱいに関しても、Bカップでは厳しく、Dカップ以上が推奨されます。
年齢に関しても高級ソープに関しては25歳を過ぎると厳しくなり、若ければ若いほど有利になります。
また、妊娠性やタトゥーや痣、リスカ痕のような体に傷跡が残っている場合、敬遠される傾向があります。

経歴によって採用率があがる

高級ソープの場合は、あなたの経歴によって採用が左右されます。
例えば、あなたが元キャビンアテンダント、元モデル、元有名女子大出身だったりすると、採用率がぐっと高まります。
お客様はそういった肩書きの良い女の子を好むからです。
また、有名セクシー女優に関してもネームバリューがあるのでまず採用されます。

ただ元モデル、元レースクイーンといっても、ケバイ髪型をしていたり、歯並びが悪かったり、ガリガリだったり、ビジュアル的に不適合と思われた場合は採用を見送られます。
ソープで遊ぶ男性は、「こんなコが風俗に?」と思うような清楚なビジュアルを好みます。
したがって、キャバクラ嬢のような明るい系のギャル系のルックスはウケが悪いのです。

高級ソープは整形はOK?

美人でもないし、肩書もない。
じゃぁやっぱりダメだ、とがっかりする女の子も多いかもしれません。
ただ、最近は高級店にもなんちゃって美女が増えています。

整形の技術も上がったことで目や鼻や骨格をいじって、手間とお金をかけて整形美人になる女の子がおおおいからです。
それくらいお金を費やせば採用率もあがるかもしれません。
しかしお店もお客さんも過度の整形は見抜きます。
最近では天然系のナチュラル顏のコが好まれる傾向があります。

整形した超絶美人より、ナチュラルな平均顏の方が採用基準を満たす場合もあります。
大手ソープの場合、顔の整形は多少容認しても、豊胸に関してはNGというお店が多いです。
見た目は大きくできる豊胸手術ですが、見た目を大きくしたところで触るとわかってしまうのです。
ソープは体全体を使ってお客さんをもてなすサービス、触り心地の悪い豊胸は嫌われる傾向があります。

全身サイボーグになる前に、プチ整形程度にとどめておくほうがいいでしょう。

女の子によっては大衆店のほうが稼げる

高級ソープだと稼げる、それは確かにその通り。
しかし、高級ソープで働いてた女の子が、大衆店に出戻りすることもよくあります。

単価が高い高級ソープですが、お客さんがつかなければ結局は稼ぐことができません。
であれば、単価が低くてもお客さんがたくさんやってくる大衆店の方が手取りが増えるケースがあります。
求められるレベルもそこまで厳しくないため、高級店より気兼ねなく働けるというわけです。
高級店にこだわりたいその心意気は理解できますが、自分のレベルにあったお店を選んだ方が稼げる場合もあるということです。

ソープランドという時点で体臭店でも十分な金額を稼ぐことができます。
自分の容姿、できるサービスに合ったお店をチョイスしてください。

まとめ

働けば誰もがびっくりする位稼ぐことができる高級ソープランド。

しかし採用されるには様々なハードルをクリアしないといけません。
働いてからも客層の良い相手に、真心のこもったサービスと、きめ細やかなサービスが求められます。
やはり風俗の王様というだけあって、求められるものも多いのです。
ただお金の面で考えれば、高級ソープで働くよりも大衆ソープで働いた方が稼げることもあります。

お金と条件、天秤にかけて自分にとってベストな選択をしましょう。