カテゴリー
お悩み・疑問

デブ専・ぽっちゃり風俗の仕事内容って?コンプレックスが魅力に変わる!?

突然ですが、風俗は細くてかわいい女の子しか稼げないと思っていませんか?
ぽっちゃりしている、太っているからと、風俗の仕事を諦めるのはもったいない!

“樽ドル”“マシュマロ女子”“ぽちゃカワ”なんて言葉あるように、実は太っている女の子は隠れた人気なんです。
この記事では、ふっくら体型だからこそ働けるデブ専・ぽっちゃり風俗店の仕事内容をご紹介します。
お客様は“ぽっちゃり女子”に何を求めて風俗に来るのかわかると、さらに自信をもって働けますよ!

デブ専・ぽっちゃり風俗って?

デブ専・ぽっちゃり風俗はその名の通り、ふっくらした女の子だけが在籍し性的なサービスをするお店です。
「デブ専」は「デブ専門」の略で、肥満嗜好の男性向けの風俗店と言う意味です。
少しふっくらしている“ちょいぽちゃ女子”向けのお店から、体重3桁の“ミケポ女子”ばかりをあつめたお店まで、デブ専風俗といっても様々な種類があります。
ですので、「太り過ぎてるから働けない」とか、逆に「ぽっちゃりと呼ぶには痩せすぎてる?」なんて理由で風俗を諦める必要はありません。
必ず自分の体型にあった専門店がありますよ。

ぽっちゃり風俗店では体重審査がある

デブ専風俗では体重や体型によって入れるお店もかわってきます。

ですので、入店に体重制限を設けている場合も多いです。
最も一般的な基準は「体重3桁以上」か「体重3桁未満」か。
太り過ぎていることを心配しなくても、あなたがどのお店に合うかは、求人を見れば確認することができますよ。

デブ専・ぽっちゃり風俗の仕事内容って?

デブ専・ぽっちゃり風俗店についてイメージができたところで、の具体的な仕事内容を見ていきましょう。
ぽっちゃり風俗店と言っても、基本的なサービスはヘルス店と変わりません。
(本番NGで、フェラや素またでサービスする。)

また、店舗も無店舗型のデリヘルから、店舗型のソープランドや箱ヘルまで、ほとんどの風俗形態でデブ専・ぽっちゃり専門のお店があります。
それだけぽっちゃり女子は男性から支持があるということですよね。
ここでは、ぽっちゃり向け風俗で一番店舗数の多い「デブ専デリヘル」の仕事内容をご紹介します。

出勤確認

風俗では出勤時間の1~2時間前に、「今日出勤します!」と出勤確認の連絡を入れます。
これは当日欠勤防止のためもありますので、面倒でも毎回連絡しましょう。
連絡をしてお店に出勤したらお仕事スタートです。

指名確認

お店に着いたら身支度を整えて指名が入っているか確認しましょう。
指名が入っていれば派遣先の自宅やホテルへ向かいます。

待機

指名が入っていなければ、お仕事が入るまで待機します。
待機場所は
「集団」
「個室」
「自宅」
「漫画喫茶」などから選べる場合が多いです。

ぽっちゃり専門のデリヘルだと待機中にお食事がでるお店もありますよ。
写メ日記(お店の公式サイトにのる女の子の日記)を更新したり、リラックスして過ごしましょう。

移動

指名が入ったら派遣先まで移動します。
お店の車で移動することが多いのでこの間に化粧をなおしたり、飲み物を飲んだり、お仕事モードに切り替えます。

挨拶

お客様の待っている自宅やホテルについたら、笑顔で挨拶をして部屋に入りましょう。
上着は脱いで入る、靴は揃えるなどマナーに気をつけて、好印象を得られるようにします。

インコール

ホテルについたらお店に連絡をします。
これをインコールといいます。
派遣先についた連絡と、プレイ時間・代金の確認をします。

精算

インコールが終わったら、改めてお客様にプレイ内容の説明と代金の精算をします。
現金でお金をもらうことが多いのでお釣りを持っておくも慌てずにすみますよ。

シャワー

事務的な手続きが終わったら、お客様の服を脱がせて一緒にシャワーを浴びます。
薬用石鹸(グリンス)で脇や陰部を洗っていつつ、性病などがないかもチェックします。
合わせて歯磨きやうがい(イソジン)も済ませます。
シャワーは衛生面だけでなく、性病の確認など嬢の体を守るためにも大切です。

シャワーを浴びたがらない不潔なお客様や、性病の疑いのあるお客様なら、プレイを中止する場合もあります。

プレイ

シャワーを浴びたらお客様の体を拭いて、ベッドで性的なサービスをします。
デリヘルではフェラチオや素またといった本番以外でお客様に気持ちよく射精してもらいます。

また、デブ専デリヘルを呼ぶお客様の多くはぽっちゃり女子のプニプニした体に癒やされたいと思っています。
“パイずり”や“バグ”など、女の子の柔らかさを感じられるサービスが人気なので積極的にプレイ中は試してみてくださいね。

シャワー

プレイが終わったらお客様とシャワーを浴びましょう。

ちょっとイチャイチャを楽しみたいお客様もいますので、その場合はベッドでピロートークを楽しむのもいいです。
プレイ後はお客様にあわせて過ごしてくださいね。

アウトコール

終了時間が近くなると、お店から女の子の電話に連絡が入りますので帰る支度をしましょう。

支度が終わってホテルを出るまえにお店に連絡をします。
これをアウトコールといい、女の子が無事に仕事を終えた確認にもなります。

お見送り

ホテルを出た後は、お客様に挨拶をして帰ります。

この時にも事務的にならずに、笑顔で呼んでくれたことのお礼をいって終わりましょう。

移動

仕事が終わったら、車に乗って次の目的地へ。
指名が入っていればそのまま派遣先に向かいます。

入っていなければ事務所に戻って待機します。
このように、指名→移動→待機…を繰り返すのがデリヘルのお仕事の流れです。

日給支払い

勤務時間が終わったら給料伝票に名前を書いて、その日のうちに現金で全額お給料をもらいます。

(現金完全日払い制)
以上がデブ専・ぽっちゃりデリヘルの仕事内容です。

男性がデブ専・ぽっちゃり風俗を選ぶ理由

では、ここからはぽっちゃり風俗店にはどんなお客様が来るのか?についてです。
ぽっちゃり系が好きな男性はデブ専とも呼ばれ、異常性癖の1つとされています(ファット・フェティシズム)。
こう言われると、「もしかして、ちょっと変わっているお客様が多いの?」と心配になりますよね。

どんなタイプの人が来店するかわかれば仕事内容もイメージしやすいですよね。
では、デブ専風俗に来るお客様はどんな人が多いかもみてみましょう。

細身の男性

人は自分には無いものに魅力を感じますよね。

なので、デブ専風俗店にくる男性も痩せていたり、ほっそりしている人が多いです。
そんなお客様は、女性らしいふっくらとした体に魅力的に感じているので、自信をもって接客してくださいね。

甘えたい男性

体の大きい女性って、昔ながらの“肝っ玉母さん”のイメージが強いですよね。

デブ専男性にはマザコン、甘えたがりの男性が多いのも特徴です。
いきなりお客様に甘えられたら戸惑うかもしれませんが、母のような気持ちで思いっきり甘えさせてあげると喜んでもらえますよ。

巨乳好き男性

ふっくらした女性は巨乳のことが多いですよね。

デブ専風俗店でも、ぽっちゃりでさらに巨乳だと採用されやすいように、“ぽっちゃり巨乳”は男性からの支持率が高いです。
たぷたぷと豊満な脂肪は他の女性にはない、ぽっちゃりさんの魅力です。
バストやヒップでサービスでサービスされたい男性は多いです。

癒やしを求めている男性

もちもち・ふかふかのクッションに横になると癒されますよね。
デブ専男性は、ふっくらした女の子にこのクッションでのような包み込む癒しを求めています。
プニプニの女の子をギューっとすることで癒されたい男性は多いのです。
お客様に突然「抱き締めていい?」と言われてもビックリしないでくださいね。

普通の子が好き

デブ専男性の中には「美人が苦手」という人み多いです。
ぽっちゃり女子と居るほうが、気負わずに自分らしくいられる。

なので、お客様の前ではいい女振るよりも、優しさやや気遣い、親しみやすいオーラを出すほうが大切です。
以上がデブ専風俗店を選ぶ男性の特徴でした。

デブ専・ぽっちゃり風俗はこんな女の子におすすめ

ではどんな女の子がデブ専・ぽっちゃり風俗の仕事内容に向いているかも見ていきましょう。

コンプレックスを自信に変えたい

太っているのがコンプレックスの子こそ、デブ専風俗はおすすめです。
ぽっちゃり専門店なら、あなたの魅力を最大限発揮する方法をよく知っています。
“太っていることを”活かしてお金を稼げれば、自分の体型にも自信がもてますよね。

普通の風俗店だと受からない

普通の風俗店で受からない子も、もしかすると専門店だと働けるかもしれません。
どちらかといえばぽっちゃりよりの体型なら、デブ専風俗の方が入りやすいし、仕事もとりやすい可能性もあります。
選ぶお店の幅を広げてみるのも手です。

男性を癒したい

ぽっちゃり風俗店に来る男性は、プニプニと柔らかくて温かい女の子に癒しを求めていることが多いです。
なので、疲れた男性を癒してあげたい!という母性本能の強い女の子にもデブ専門風俗はぴったりです。

性格は穏やかな方だ

デブ専風俗の性質上、つんつんとしたキツイ女の子よりも、穏やかで優しい女の子のほうが受けがいいです。
風俗は指名をとって勝ち上がる“女の世界”のイメージもありますよね。
でも、デブ専風俗の場合は、人よりおっとりしてる、のんびりとした性格の女の子のほうがお客様も安心してくれるし、指名も取りやすいです。

しっかり稼ぎたい

世の中に風俗店は多いですが、専門店となると実はそこまで多くありません。
なので、専門性の高い風俗店はそれだけフェチ男性をしっかり抱え込むことができます。
また、お店が少ないということはそれだけ競合が少ないということ。
女の子も指名をとりやすいので、しっかり稼ぐことができますよ。

デブ専・ぽっちゃり風俗の大変なところ

デブ専風俗店は専門店ならではの少し大変なところもあります。
では、どんなところがしんどいかも見ていきましょう

客層が幅広い

ぽっちゃり風俗の場合、お客様は「デブ専」の男性全員です。
普通の風俗店以上に年齢も職業もバラバラです。
ですので、年代によってサービスの内容を変える器用さも必要になってきます。
20代の若いお客様なら、盛んな性欲にあわせて抜く回数を多くする。
60代のお客様だとなかなか立たないので、根気強くサービスする。
専門性の高い風俗店だからこそ色々なお客様にあわせたサービスが必要になってきます。

求人が限られてる

デブ専・ぽっちゃり風俗は他の風俗店と比べると求人数は限られています。
得に、地方だとなかなか専門性の高い風俗店はないことが多いです。
自分に合ったお店探しやすい反面、そんなお店は都心にしかないということも。
そんな場合は、出稼ぎOKのデブ専風俗店も探してみてください。
大手グループだと寮完備のお店も多いので、全国から探すのがおすすめです。

プレイ代金が安いお店が多い

デブ専門・ぽっちゃり風俗の仕事内容は普通のデリヘルと変わりません。
ただ、ぽっちゃり専門店の場合
・お客様のプレイ代金が安い→女の子に返ってくるお給料が少なくい。
・基本プレイが多い→覚えることが多い、苦手なこともしないといけない。
・有料オプションが少ない→オプションバックでお給料をあげるのが難しい。
といったお店が多い傾向にあります。
どれも女の子にとっては稼ぎづらい条件ばかりですよね。
なので、お仕事を探す時は基本プレイにハードなものがないか?
さらに、オプションプレイは無料ばかりではないか?
も気にして探してくださいね。
優良なお店なら基本プレイも少なく、オプションや指名もしっかりバックをつけてくれます。
お店選びは妥協しないでくださいね。

まとめ

以上がデブ専・ぽっちゃり風俗店の仕事内容でした。
基本的なプレイは内容は他のヘルス店とかわりませんので安心してくださいね。
専門性の高い風俗の分、競合店が少なく、デブ専男性のリピート率が高いです。
女の子にとっては指名を取りやすく、稼ぎやすいのもメリットですね。
また、デブ専風俗と言っても、“ちょいぽちゃ”から“激ぽちゃ”まで、あなたの体型に合ったお店を見つけやすいのも魅力です
太っているのがコンプレックスな女の子こそ、デブ専風俗の仕事内容は自分の魅力に気づくきっかけになりますよ。

カテゴリー
お悩み・疑問

妻熟女風俗で新人期間稼げる2つの理由と3つの注意点

誰もが最初は新人です。
あなたがもし昼職をしていても、初めて風俗で働くのであれば1からのスタート、新人扱いです。
この新人期間が実は風俗にとって非常に重要な期間です。

この新人期間のうちにどういった勤務態度を取るかによってその後稼げるかどうかが決まります。
今回は人妻熟女風俗で働こうと思ってる女性のために、新人期間の重要性について解説します。

風俗嬢の新人期間は稼ぎ時

風俗では新人と玄人、どちらのほうが稼げるとおもいますか?

それは新人だろうと思いきや、実はたいていの女性にとって稼げるボーナス期間なのです。
もちろん指名トップの風俗嬢には勝てませんが、平均的な女性よりも稼げたりします。
なぜ新人なのに稼ぎやすいのでしょうか。
それは以下の2つの理由があるからです。

新人好きなお客さんが多い

まず一つ目は、風俗慣れしてない新人を好むお客さんが大勢いるからです。
あなたも理解できると思います。
コンビニなどで、新商品と書かれた商品はなぜか手を伸ばしたくなるのが人の性。

それと同じように、男性も新人と書かれてあるとついつい指名したくなるのです。
普通のサービス業であれば、接客慣れしたスタッフの方が安心してサービスを受けることができます。
ところが風俗というジャンルでは、まだ接客慣れしてない新人の方が鮮度が高く、男性ウケが良いのです。
また、男性は女性より優位に立ちたいという気持ちがあり、自分が育ててモノにしたいという下心もあります。

だから、新人が入った情報を聞きつけるとすぐに指名するお客さんが多いわけです。
そうしたことから新人期間は稼ぎやすい土壌があるのです。

お店の後押し

そしてもう一つがお店です。

新人期間お店は積極的に新人をプッシュします。
新人はまだ固定客がいません。
新人好きのお客さんから指名を取りやすいのは確かですが、そうはいっても働いてることを知ってもらわなくてはいけません。
新人が入ると、大抵のお店はホームページ上に新人のプロフィール画像やパネルの目立つところにいれてくれます。

そしてフリーのお客さんが来たら優先的に新人をあてがわせ、名前を覚えてもらったり、固定客になるように斡旋するのです。
例えるなら、パチンコ店の新装開店のようなものです。
釘をゆるめたり、設定をあまくしたりしてお客さんを誘引します。
もちろん新人だから満足いくサービスはまだできません。

なので新人は特別価格で遊べるよう料金を低く抑えられています。
そうすることでサービスがまだつたなくても、お客さんは我慢してくれます。
最初のうちは稼げないとやめてしまう女性も多いので、少しでも稼ぎやすい状況をつくるために、お店側は配慮してくれるのです。

新人期間注意しておきたい5つのこと

以上のことから、人妻熟女でも、新人期間は稼げます。
しかしだからといってそこに怠けてはいけません。
新人期間に怠けた女性は、新人期間が終わったときおおきなツケを払うことになります。
そうならないように、以下の点に注意しましょう。

たくさん働こう

まずはシフトを多く入れることです。
新人があなただけなら良いのですが、他にも新人がいる場合、あなたが休んだ隙にあなたの常連になるとお客さんを奪われてしまいます。
そうならないためにも出勤日数はなるべく多めの方が良いでしょう。

そうすれば仕事を覚えるペースも早まり、なおかつ新人期間を最大限に利用して稼ぎを最大化できます。
もちろん頑張りすぎて体調崩すのは良くないですが、1日の接客数を自分なりに決めたり、自分ができる精一杯の努力を見せましょう。
たとえば10人に1人しかリピーターになってくれない場合でも、1週間に10人しか接客しないのと20人に接客するのでは、後々自分の身に返ってくる指名が倍変わってきます。
お店もシフトをたくさん入れた方が頑張ってるな、と思ってくれるので、新人時代はシフトをなるべくたくさん組んで、お客さんに顔覚えてもらいましょう。

当欠や遅刻は厳禁

当欠や遅刻はしないようにしましょう。
これは新人期間だけではなく、本入店してからも当たり前なのですが、遅刻や当欠を繰り返す女性は、お店側の信頼度が低くなります。
そうなるとせっかくプッシュしてもらえた新人期間が、なくなってしまうこともあります。

女性の日になってしまったとか、どうしてもやむを得ない事情で欠勤しなくてはならない場合、前日か当日の数時間前に連絡を入れましょう。
後日代わりにシフトに駆り出された人の休日を代わってあげるといいでしょう。
どうしてもという場合は仕方ありませんが、今日はなんとなくやる気が出ないから休むかな、といった働き方はしないほうがいいです。

サービスは丁寧に

真心を込めて丁寧なサービスをする。
これができてない女性が多いです。
男性客にはいろいろな人がいます。
人妻や熟女系の風俗に通う男性は母性に包まれたい、そういった愛に飢えた男性が多いです。

そんな男性を癒してあげるのがあなたの仕事です。
それなのにサービスに手を抜いたり、雑な扱いをすると、お客さんが怒ってしまうことがあります。
もちろん態度の悪いお客さんもいます。
しかし新人時代だからこそ、そういったお客さんを頑張って癒す努力をしましょう。

暴力的なお客さんも改心して、もしかしたらあなたの太客になってくれるかもしれません。
客選びをしていると、地雷サービスはネット上の口コミに残り、やがて店長の耳にも入ってきます。
するとお店の評価も下がってしまい、あなたの立場も危うくなります。
逆に皆が嫌がるお客さん相手に真心こもったサービスをすれば、口コミで広まり、店長の耳に入り、あなたの評価は上がるのです。

新人の頃から客選びをしていると、いずれ誰からも見放されます。
やがてお客さんを誰もあてがわられなくなり、結果的に困った状況になります。
真心あるサービスを尽くしていれば、固定客が増えます。
人気が出さえすれば、顔なじみのお客さんとの仕事が増え、嫌なフリー客とサービスする機会もなくなります。

新人期間は客選びをせず、たとえ嫌なお客さんでも笑顔で真心のこもったサービスを尽くしましょう。
もしサービスの仕方がわからないのであれば、そういう時は素直にお客さんにどうしたら気持ちよくなりますかと尋ねてみると良いでしょう。
お客さんも新人に対して怒りません。
逆に喜んでやり方を教えてくれるはずです。

たとえそれが上手にできてなくても、たいていのお客さんは努力する姿を見てほほえましく思ってくれるものです。
やる気が感じられない接客はお客さんも見透かします。
そういった女性はアンケートで悪く書かれてしまいます。
どんなお客さんでも、丁寧にもてなす努力をしましょう。

本強は絶対に断ろう

お客さんの中には新人女性の無知なところを利用して、騙してくる人もいるので注意しましょう。
1番多いのは本番強要です。
「みんなやってるから」
「こんど指名してあげるから」といって無理に挿入しようとしてくるのです。
これはれっきとした犯罪行為なので、きっぱり断りましょう
ヘルスであれば近くにボーイさんがいるのですぐに呼びましょう。
指名がもらえるといっても、絶対に許してはいけません

そういった行為をすると、店長の耳にも入り、下手したらお店にいられなくなります。
なぜなら、摘発の対象になってしまうからです。
女性によっては、本番行為をすることで指名を稼いでる人がいるのも事実です。
裏オプションのように、店側に内緒で高額なお金をもらって本番をする女性が少なからずいます。

しかし新人時代からそれをやると、それ目当てのお客さんばかり集まるようになり、精神的に負荷がかかります。
体もボロボロになり、肉体的にもよくありません
結局は風俗で稼ぐのに、楽な方法なんてありません。
本番以外のサービスを真心こめて頑張ることで、指名を返してもらうのが最も効率のいいお金を稼ぐ方法です。

本番強要するお客さんは、たいていのところ1回させたら満足してしまうので、もう指名は返って来ません。
それどころか、掲示板で「〇〇ちゃんはやらせる」などと悪評を広められたりするので、自分にマイナスに作用することがほとんどです。
こうして無理に本番をしようとするお客さんにはくれぐれも注意してください。

悪徳店舗にご用心

また、お客さんだけではなくお店に騙されることもあります。
初めて風俗で働く女性にとって、右も左もわからないことだらけです。
そこで足元を見られてしまい、相場より低い条件で働かされてしまうのです。
例えば相場のバック率は50%なのに、あなたは40%で働かされたとします。

この場合、月に同じ時間働いたとしても手取りが10%も減ってしまうのです。
長く風俗で働いていれば、条件がおかしいと気づくものですが、右も左もわからない新人状態だと、それが普通だと思って指摘できません。
つまりずっと搾取されてしまうのです。
これを防ぐには、あらかじめいろんなお店に面接をして、相場を知っておくことです。

また、新人期間にそのお店で1番稼ぐ人気嬢と仲良くなって、彼女たちに「こういう条件なんですが」と相談してみるのも良いでしょう。
働く女性はライバルであると同時に良き友人です。
あからさまに不利な条件で働いてるというのがわかれば、店長に進言してくれることもあります。
いずれにせよ、その店しか知らない状況は足元を見られてしまうので、いろんなお店を見ておくのをおすすめします。

新人期間はお店によってまちまち

以上のことを読んでもらえれば、人妻熟女店で働こうとしている女性にとって、いかに新人期間が重要なのかがわかるかと思います。
ところで新人期間が入店からどのくらいまでを指すのかご存知でしょうか。
実は新人期間というのはお店によって長さが違うのです。

入店してから1ヵ月のお店もあれば、3ヶ月ぐらい新人マークをつけてくれるお店もあります。
また、あなたがどれくらい働いたかによって変わるお店もあります。
もしあなたが短い時間しか働けない、というのであれば、働いた時間によって新人期間を決めてくれるお店で働く方が良いでしょう。
いずれにせよ、新人期間はお得なので、なるべく長いお店で働くといいでしょう。

面接時に確認しておくことをおすすめします。

新人期間が終わってからのほうが大事

新人期間は確かに稼げます。
ちょっとしたフィーバー状態です。

そうした状況下に甘えて雑な接客をしていると、新人期間が終わったころ、まったく稼げなくなります。
この経験を多くの風俗嬢が体験しています。
なまじいい思いをしてしまったばかりに、突然の客足の減りに落ち込むことになります。
自分は求められてないのではないかという女であることを否定された気持ちになり、だんだんと気持ちが沈んでいきます。

こうなると、お店をやめるしかありません。
しかし、全ては自業自得
新人期間に甘えたツケなのです。
そうなる女性が次にとる行動す。

他のお店で働いて、また新人期間として働くというわけです。
実際そのように、多くの風俗店をコロコロしてずっと新人状態を味わおうという女性がたくさんいます。
しかしこのような新人はフレッシュさがなく、むしろマイナスにしかなりません。
風俗というのは広いようで狭い世界で、お客さんもいろんなお店を利用します。

すると、以前のお店で働いたことのあるお客さんにすぐ出会います。
するとあっという間に噂が広がり、また新人後のお茶状態に逆戻りというわけです。
結局のところ、たしかに新人期間は稼げますが、新人期間が終わってからのほうが大切なのです。
新人期間が終わっても稼げるようになるためには、いかに固定客を掴むかに尽きます。

フリーをたくさん回してくれる新人時代に真心のこもったサービスをして、あなたのことを好きになってもらう。
そうすることで、お客さんは次に指名をしてくれます。
すると新人期間が終わった後も安定してお客さんがついてくれます。
これこそがあなたが稼げる風俗嬢になるために1番大切な攻略法なのです。

まとめ

人妻熟女店における新人期間の注意点について解説しました。
どの業界にもかかわらず、ナイトワークでは新人期間プッシュしてくれるので稼ぎやすい状況となっています。
しかしそこに甘んじているとやがてそのツケを払わなければいけなくなります。
大切なのは優遇されてる期間にいかにお客さんをつかむか、ここを肝に銘じておきましょう。

カテゴリー
お悩み・疑問

初めての人妻熟女風俗ならまず体験入店からしっかり

これから風俗で初めて働く。
そう思って求人を探している人妻熟女系のお店を探している女性にとって右も左もわからない不安な状況だと思います。
風俗というと簡単に高収入になれるんじゃない?

そんな安易なイメージがあるかもしれません。
しかし実際にはそんなに甘くはありません。
働いてみて、全く稼げずやめていく人がほとんどです。
ただし、自分の適性にあったお店で働けばイメージ通りたくさん稼ぐことができます。

そのために重要なのが体験入店です。
お店は体入という制度を作って求人を募集しています。
今回は人妻熟女のお店で働こうとしている女性が、体験入店で具体的に何を学べるか、そしてどこに注意すべきかを解説します。

体験入店でも給料はちゃんともらえる

風俗の体験入店制度は、正式に入店する前にお試し期間として働ける制度のことです。
せっかく働いても仕事が合わなかったらどうしよう、お店の質が悪かったらやめられないのかな。
こうして女の子が応募を躊躇しないようお仕事体験期間を作ったのです。
体験入店でいつでもやめられる環境で働かせることで、応募しやすい土壌がつくられました。

お試しといっても、普通に働いてるのと同じ、接客した分だけ給料もらうことができます。
(ただし新人期間はやや少ないです)
体験入店の接客も、通常のサービスと同じで変わらないプレーをするのですが、その前に少し講習を受けないとダメなお店もあります。
講習は講習師を前にしてどういったサービスをするのか流れで解説してくれるものです。

店長がやってくれるお店や、DVD講習で済ませる店、先輩の風俗嬢が教えてくれる店など様々です。
講習についても不安に感じる人がいるので、事前にお店に確認しておくと良いでしょう。

いつでも辞められるのが体験入店のいいところ

講習が終わった後は体験入店になります。

体験入店は文字通り体験しているだけなので、いつでもやめて大丈夫です。
もちろんお店は本入店を促しますが、嫌なのに居続ける必要はありません。
自分に合っているお店だと感じればそのまま入店をすればいいし、自分に合ってないなと思ったのであればそのまま店を辞めましょう。
いずれにせよ、自分に合ってるかどうか、それをきちんと見極める必要があります。

なにせ風俗の仕事というのは、お店選びで9割が決まるからです。
めちゃくちゃハードなのに全く稼げないお店もあれば、客層が良く集客力も良いアタリのお店もあります。
そういった情報は求人情報で確認することができません。
実際に働かないとその店が当たりハズレかはわからないのです。

そういうものを確認するために、体験入店は非常に有効です。

あまりお店を転々としないように

せっかく体験入店をしてもハズレのお店だった。
じゃあ次のお店に体験入店しに行こう。

こう考えると思います。
しかし風俗はあまり体験入店を繰り返す女の子よしとしません。
日雇い感覚でお店を変えられると、講習に費やした時間などが無駄になるからです。
体験入店を繰り返しているうちに、そのエリア全体で働けなくなってしまうブラックリスト風俗嬢となってしまうこともあります。

体入前に自分のキャラクターを把握しよう

ではブラックリストに入らないためどういった基準で体験入店する店を選べばいいか。
体験入店をする前に、まず自分のキャラクターを確認しましょう。
あなたが人妻熟女系のお店で働こうとしているとするなら、セーラー服コンセプトの店や、妹系のお店に働きに行ったところでほぼ稼げません

アラサー、アラフォー女性には若い人にはない大人の魅力があります。
したがって、若い人と同じ土俵に立ってはいけないのです。
そんなあなたが若い人ばかりのお店に体験入店しても稼げるわけがありません。
体験入店をしても自信を失ってしまうだけです。

体入までこじつけられればいいですが、面接で落とされて病んでしまう女性もいます。
自分のタイプを見極め、その適正にあったお店に体験入店しましょう。

自分ができるプレイを基準に店選びを

そしてが自分ができるプレイを基準にお店を選ぶと良いです。

風俗には基本サービスとオプションというものがあり、基本サービスは無料でこなすサービス、オプションというのはお客さん好みのプレイを有料でこなす制度のことです。
あなたが手コキだけしかしたくないというのであれば、オナクラでしか働けません。
フェラチオはできる、というのであれば、ヘルスやデリヘルといった選択肢が広がります。
本番だってかまわない、というのであればソープランドまで選択肢が広がります。

お金を選ぶか、それとも激しいプレイをせずストレスのない業種を選ぶか。
どこまでができるかを考えて体験入店先を選ぶのがおすすめです。
ちなみにオナクラでもフェラチオのオプションなどがあります。
ソフトサービスでも、オプション次第で過激なサービスをすることもできます。

こなした場合はもちろん給料に上乗せされます。
オプションの良い所は基本サービスと違い、お客さんを選んでやるやらないを決めることができる点です。
例えば基本サービスはどんな不潔のお客さんが来てもそれをこなさなくてはいけません。
しかしオプションサービスであれば、清潔感のある男性限定でフェラチオ可といった使い分けができます。

いずれにせよ過激なサービスをするほどお給料が入るので、なるべくオプションは開放したほうがよさそうです。
体験入店時は、まだ新人です。
過激なプレイに抵抗があるというのであれば、基本サービスがソフトなお店を選びましょう。

体験入店したらチェックしておきたいところ

晴れて体験入店にした際、チェックしたいのが以下の3つです。
①繁盛度
②スタッフの質
③同僚の質

まずお店の繁盛具合を見極めましょう。
お店によって当たり外れがあり、集客力の高いお店の方が入店後たくさん稼ぐことができます。
あまり電話が鳴ってなかったり、本指名のお客さんしか来ないような店であれば、稼げる望みは薄いです。
新人期間はお店のプッシュがあるので稼ぎやすいですが、フリーのお客さんが回ってこないと、新人期間終了後一気に稼ぎが減ってしまいます。

お客さんが沢山来る店か、その中でもフリーのお客さんがいっぱいくる店かどうかを見極めましょう。
体験入店の短い期間で把握するのは難しいですが、同僚の女の人に客入り具合を聞いてみるのも良いでしょう。
そしてスタッフの質も重要です。
スタッフにも当たり外れがあります。

あなたにお客さんを回してくれるのはスタッフです。
嫌なスタッフに当たると、特定の風俗嬢をえこひいきしたり、嫌われれば対応したくない酔っ払いのお客さんや、不潔なお客さんばかりを回されることになります。
きちんと挨拶ができるかどうか、身だしなみはちゃんとしているか、スタッフの相性を見極めておきましょう。
スタッフの質が良い店は、自然とお客さんの質もいいです。

あなたが不快に感じるのと同じように、お客さんも不快に感じるからです。
そしてもちろん同僚女性の質も大切です。
基本的にお客さん相手の商売ですが、待機所ではその女性たちと一緒に過ごさなくてはいけません。
女性の世界なので、嫌がらせもあるし、あなたが人気になれば、嫉妬もされます。

もしウマが合わない人がいるのであれば、やめておいたほうが無難です。
逆にいうと、どんなに条件が悪く、お客さんの入りが良くないお店でも、同僚の女性と仲良くなると働いて楽しいです。
そういうお店の方がかえって長続きします。
働いてストレスがないので、長期で働くことができることで、それなりに固定客が増えていくからです。

学校のクラスメートが仲が良いと通うのが楽しく、嫌な女の子ばかりだと学校がつまらない、そういう理屈と同じです。
同僚の女性の質も見極めておきましょう。

人妻熟女店で働くなら若い女性にはない魅力を前面に

人妻や熟女店で働く女性は基本的に年齢で若い女性に勝てません。

ではどういったことで勝負するか、それはサービスの質です。
風俗という世界は、若い女性の方が稼ぎやすいですが、歳をとった女性でも十分に稼げる土壌もあります。
日本は現在高齢化社会となっていて、風俗を利用する男性の平均年齢も上がっているからです。
そういった男性を相手にしたときに、大事なのが、歳をとった女性だけが持つ包容力や、優しさです。

癒しを求める男性たちにいかに真心のこもったサービスができるか。
そこが稼ぐ女性になるための鍵となります。
体験入店だからといって、サービスを怠けることなく、本入店のつもりでどんなお客さんにも真心のこもったサービスをしましょう。

迷ったら大手グループに体入しよう

安心して働けるのは大手グループのお店です。
セクハラ講習などはありませんし、大手ブランドを生かした集客力で、たくさんフリーのお客さんをつけてくれます。
もしあなたが、風俗で働きたい、でもどの店があたりかわからない。
そんなことを思ったら、手っ取り早いのが大手グループのお店に体験入店することです。

大手グループには、ブランド力と集客力、安心安全のコンプライアンスがあります。
教育されたスタッフの質、希望のお店で働けない場合でも、別のエリアに配属させてくれたり、色々と応用が効くのです。
いろんな女の子が働きたがるため、競争率はやや高くなりますが、どのお店で働いていいかわからない場合は、まずは大手グループのお店を探してみましょう。
大手グループの探し方は、風俗サイトのランキング上位にあるようなお店です。

宣伝広告費をたくさん使っているので、いろんな風俗サイトに広告を見つけることができるお店が大手グループです。
そうしたブランド力のあるお店に体験入店をすれば、自分に合ったお店にあたる確率が高まるはずです。

まとめ

人妻熟女店で働きたい女性の体験入店の注意点について解説しました。

体験入店をすることで、そのお店の事、しなければいけないサービスのこと、お客さんの質などが見えてきます。
あくまで体験なので、嫌だったらやめても構いません。
ただ、あまり体験入店だけをしてコロコロお店を変えると、印象が悪くなるので、狙ったお店だけに体験入店をしましょう。

カテゴリー
お悩み・疑問

M性感って新人期間は経験者のほうが優遇してもらえるの?

M性感という業種をご存知でしょうか。
最近巷で人気となっているソフトSMの業種で、生理の日でも働けることで女の子から人気が急騰しています。

しかしM性感では経験者の方が新人期間に仕事がもらいやすいという噂があります。
果たしてそれは本当なのでしょうか。
これはソフトSMのM性感の新人期間の事について解説します。

M性感が経験者のほうが有利なその理由とは

M性感でなぜ経験者が新人期間に優遇されるのか。
それは仕事に慣れた経験者のほうがお客さんを満足させることができるからです。
ソープやヘルスにおいて業界未経験者は優遇されます。
というのも働きたてのうぶな女の子が好きなお客さんが多いからです。

したがって新人期間は指名も多くなり、たいしてテクニックを持っていない女の子でも稼ぐことができます。
しかしM性感ではこうはいきません。
相性が求められる業種なので、アナル責めや前立腺マッサージなど、男の人を満足させるためのテクニックがないとリピートどころかクレームの原因になってしまうのです。
ほかの業種と違いM性感だけは新人期間経験者有利、そうした理由があったのです。

そもそもM性感って具体的になにするの?

M性感の具体的なプレイ内容は手コキマッサージなどソフトなものです。
基本的に女の子側は受け手になることがなく、したがって生理の日でも働けます。
具体的にはローションマッサージでMの男性を刺激して、性的快感にいざないます。

通常のマッサージなので、一般的な女性でも見様見真似でできるのではないでしょうか。
ただ、難しいのは前立腺マッサージなどです。
これはアナルを刺激して男性をドライオーガズムまで導きます。
まずドライオーガズムについて知っている女性は少ないのではないでしょうか。

ドライオーガズムとは射精を伴わない性的快感で、これを味わいたくて男性客はM性感まで通うのです。
男の人を単純に射精させるにはペニスを刺激すればいい、と理解してる女性は多いでしょう。
しかしドライオーガズムに導くにはどうしたらいいかわからない女性の方が多いはずです。
前立腺を刺激してメスイキをさせるわけですが、非常にコツがいるので、習得には時間と労力がかかります。

これができるかできないかでお客さんの満足度が変わるため、新人よりも経験者の方が優遇されるというわけです。

初心者でも飛び込もう!誰もが最初は新人だった

コツがいるんだ、テクニックがないと稼げないんだ。
私じゃむりかな、そんなガッカリした女性も多いかもしれません。

しかし忘れてはいけません。
どんな女性もM性感で1番最初に働いた時は新人だったのです。
新人だからこそ伸びしろもありますし、他の業種同様新人期間は安く設定してくれる店もあります。
フリー客も新人さん優遇で回してもらいやすいです。

したがって、経験者有利といっても通常の新人もお客さんをとりやすく、そこで固定客を掴むことができます。
もちろんテクニックは学んでいく必要はありますが、講習やDVD学習でちゃんと学べばコツもわかってきます。
あなたのやる気さえあれば新人期間でも十分に稼ぐことができるので安心してください。

こういう女の子はM性感で優遇される

もちろん経験者が優遇されるわけですが、それ以外にも優遇される新人がいます。
まず1つめはルックスが抜群に優れていること。
当たり前ですが男性は美人を好みます。
テクニックがなくても顔だけで指名が取れるような女性は新人でも経験者以上に優遇されます。

後は性格です。
性格と聞くとおしとやかなやまとなでしこのような女性がいいのかな、と思いがちですがそうではありません。
むしろM性感では生意気なS気質の女性が好まれます。
M性感では言葉責めも重要なプレイなので、おとなしい女性よりも少し気が強そうなギャル系の女性の方が好まれる傾向もあります。

もちろんお店の属性によって好まれるタイプは違いますが、ソフトSMのM性感では、男性を言葉で攻めるのが喜ばれるのです。
つまりツンツンした生意気な女性の方が向いているというわけです。
もしあなたがいじめられっ子ではなく、いじめっ子気質の性格だとするならばそれは非常にM性感に向いているかもしれません。
ただ、面接で店長さんなどに生意気な言葉遣いは気をつけましょう。

社会人としてそのあたりは切り替えなくてはいけません。

M性感は競争率が高いけどやる気があれば大丈夫!

もしあなたが容姿が優れてなくて業界未経験という状況だと、競争率の高いM性感の壁に阻まれてしまうでしょう。
しかし、安心してください。

M性感で働くには専門学校に行く必要もありませんし免許もいりません。
コツとノウハウさえわかれば誰でも男性を満足させることができるわけです。
このような記事にたどり着いたという事は、ある程度調べようをするリサーチ力があるはずです。
ドライオーガズムや、男の潮吹きについての知識を把握しておくと、未経験者でも経験者のような立場でスタートラインに立てるでしょう。

問題は新人だとか業界経験者とかそういったところではなく、あなたのやる気とお客さんをもてなしたいという真心なのです。
向上心がありやる気があり熱意がある。
そうすれば業界未経験の新人さんでも、すぐにテクニックが上達して稼げるM性感キャストになれるはずです。

まとめ

M性感は新人よりも業界経験者の方が稼げる業種ですが、新人期間は他の業種と同様優遇されるので、必ずしも稼げないわけではありません。
全てはお店の方向性によります。
まずは行きたいと思ったお店の情報を下調べして、新人期間を優遇してくれるお店に応募してみましょう。

カテゴリー
お悩み・疑問

デリヘルの面接に受かるには?定番の質問から面接の流れまでを解説します

最近では、風俗(デリヘル)でバイトする女の子も多くなりましたよね。
その影響で、面接は年々受かるのが難しくなっていると言われています。

この記事では、デリヘルの面接で定番の質問から、受かるために必要な準備、面接当日の流れまで解説します。
初めてのデリヘル面接、どんなことを聞かれるのか不安な女の子に読んで欲しい内容になっています。

デリヘル面接で定番の質問は?

では、デリヘルの面接で定番の質問内容につい見ていきます。

これらの質問だけは、しっかり答えられるように、準備しておくのがおすすめです。

「この業界(風俗業界)は初めてですか?」

デリヘルに限らず、風俗で働く場合、絶対に聞かれる定番の質問です。

風俗業界経験の有無を聞くのは、講習内容や、女の子の売り出し方を決めるためです。
未経験・経験あり、どちらでも採用されますので正直に答えてくださいね。

「当店を選んだ理由はなんですか?」

お店を選んだ理由や、風俗の中でも、デリヘルを選んだ理由についての質問です。
「コンセプトが自分に合っていた」
「稼ぎが他のお店よりいいから」など、事前に公式サイトを確認して、お店の特徴を理解しておきましょう。

「どのくらい稼ぎたいですか?」

お店としては女の子がどれくらい稼ぎたいか、希望に合わせてシフトを組みます。
お金の質問となると正直に答えていいのか、戸惑ってしまいますよね。
ですが、シフト決定のためにも大切な内容なので、目標とする金額や、いつまでに稼ぎたいかなど、しっかり伝えてくださいね。

「NGプレイはありますか?」

お客様が見る、女の子のプロフィールに載せる内容なので、できないプレイは嘘をつかずに答えてください。
何でもできます!」と答えてしまうと、働いてから辛くなります。

「デリバリーNG地域はありますか」

派遣してほしくない地域は、身バレ防止のために聞かれます。
知り合いがいる場所や、昼職で働いているエリアなど、派遣してほしくない場所や地域は事前に伝えておきましょう。
以上がデリヘル面接での、基本の質問内容です。

これらをふまえて、デリヘルの面接に受かるためには、どんな準備が必要か見ていきます。

デリヘルの面接に受かるための準備

風俗って面接さえ受ければ誰でも受かるイメージがありませんか?
実はこれは大きな間違いで、風俗の面接は年々受かるのが難しくなっています

特にデリヘルは風俗の中でも女の子に人気があるので、何の対策も無しに面接をすると、「いつまでたっても受からない!」なんてことも珍しくありません。
ここでは、デリヘル面接の前にしておきたい対策をまとめました。

面接に行くお店について調べる

アルバイトでも、昼職でも、面接を受ける時にはそのお店や商品について事前に調べますよね。

これはデリヘルの面接でも同じことです。
面接に行く前にはお店の公式HPを見て、テーマやコンセプト、プレイ代金、バック率、在籍嬢にはどんな人がいるか、など、一通り確認しておきましょう。
特に、お店を選んだ理由や志望動機を聞かれることは多いです。
面接で聞かれそうな内容は、スラスラと答えられるようにしましょう。

身分証明書の準備

風俗の面接では、身分証明書が必要です。
一般的に身分証明書として使えるものは「運転免許証」や「パスポート」など。
顔写真と住所・氏名・生年月日の記載がある、公的な機関が発行した書類になります。

これらの書類がない場合は、本籍の入った住民票が必要になります。
面接の前には、どんな身分証明書を持っていけばいいか、必ず確認しましょう。

面接の服装

デリヘルの面接にはどんな服装でいけばいいのか、迷いますよね。

おすすめは女性らしく、清楚に見える服装です。
その服装のまま、お客様の家に行っても恥ずかしくない格好がベストです。
風俗は究極のサービス業、お客様には非日常を体験してもらうサービスなので、“毛玉のついたセーター”や“しわしわのYシャツ”で面接に行くのは絶対にやめましょう。
また、バックや財布といった小物も綺麗なものを持って面接に行ってください。

あまりにもだらしないと、服装だけで面接に落とされる可能性もあります。

デリヘルの応募から面接までの流れ

では、次に応募から面接までの流れを見ていきましょう。

応募

デリヘルの面接は応募の時から始まっているといっても過言ではありません。
応募方法は「メール」
「LINE(ライン)」
「電話」とありますが、どのツールを使う時も相手に失礼のないように連絡しましょう。

応募の際は
・自分の名前を名乗る
・面接の応募であることを伝える
・必要書類の確認
・面接日時の確認
・自分の連絡先を伝える
と、最低でもこれらの内容を伝えるように連絡してください。
また、応募の時から敬語を使うのも忘れずに。

中には応募のときに「体験入店したいんだけど、いつから働ける?」と、一方的な連絡をしてしまう女の子もいるようです。
これでは、面接どころか応募の時点で落とされてしまいますよね。
面接には、一般常識とマナーを持って応募してくださいね。

面接場所

面接の日が決まったら、約束の時間通りに面接場所に行きましょう。
無断での遅刻、欠席は厳禁です。
万が一、時間どおりに面接場所に着けないようなら、事前に連絡をします。

面接場所は“ファミレス”や“事務所”が多いです。
中には“社用車の中”で面接したという女の子もいますので、ここらへんをイメージしておくといいですね。
室内にあがる場合は、靴を揃える、上着は畳むなど、基本のマナーも見られていますので、気を抜かずに。
お客様を不快にさせないマナーが身についてるかを、面接では見られると思ってください。

面接担当者

面接担当者はオーナーや店長の場合が多いです。
店長と一対一で面接の場合もありますし、店長とオーナーが同席して面接をする場合もあります。
極稀に、お店の女の子が来る場合もあるようです。

1~複数名での面接となると想定してください。

プロフィールシート

デリヘルなど風俗の面接では、事前に履歴書を書くことはありません。
面接当日に“プロフィールシート”という、風俗版の履歴書を書くことになります。

内容は氏名・年齢・生年月日・住所といった項目の他に、スリーサイズ、風俗経験の有無、NGプレイ、アピールポイントなどを記載します。
このプロフィールシートをもとに面接と、お店の女の子紹介ページの作成をするので、正しい内容で記入しましょう。

身分証明書

事前に用意していた身分証明書を面接時に出しましょう。

身分証明書を提出する時も、財布のどこにしまったかわからない、バックを探しても見つからない…。
なんてことがないように、財布やバックの中は整理しておきましょう。
もたもたしていたり、財布がボロボロだったりすると面接ではいいイメージになりませんので、気をつけてくださいね。

面接

面接では、プロフィールシートに書かれた内容や、面接定番の質問に答えながら進めていきます。
どんな質問でも、笑顔でハキハキと、面接官の目を見て答えましょう。
デリヘルはサービス業なので、笑顔や対応の良さは面接でも見られる大切なポイントです。
質問に答える時は、タメ口ではなく、敬語で答えます。

給与体系説明・質問

ひと通り質問が終わると、今度はお店の給与体系や勤怠システムについて説明があります。
複雑で長い説明が多いですが、働いていく上で大切な内容なので、しっかりと聞いておきましょう。
また、お店への質問をする場合は、“バック率”“欠席時の罰金”“雑費はいくらか”“平均来店者数”など、気になるところはしっかりと確認してくださいね。

合格の場合

デリヘルの面接で合格の場合は、そのまま講習の日取りや、体験入店の話になります。
とくに、即日体験入店のお店は面接当日に体験入店もできます。
すぐに体験入店をしてもいいですし、日にちを改めたい場合は、別の日程をくみましょう。

不合格の場合

「では、後日改めて連絡します。」
面接が終わった後、このように面接官から言われた場合、残念ながら不合格と思って間違いないでしょう。

風俗では、ほしい女の子を他の店に取られたくないので、合格の場合は、すぐに仕事の話になります。
不合格なら、気持ちを切り替えて次に行きましょう。
また、後半では、デリヘルの面接で不合格にならないためのポイントもまとめていますので、そちらもぜひ見てみてくださいね。

面接でわかるこんな店舗はNG

風俗の面接では、受かるために頑張るだけでなく、「本当にそのお店が自分にあっているか?
安心して働けるお店か?」もしっかりチェックしてくださいね。

以下のような特徴があるお店は、働く上で不安な場合が多いですので、注意してくださいね。

面接官が遅れてくる

面接官が遅刻をしてくるようなお店は要注意です。
お店の管理者が時間にルーズなら、勤怠管理もルーズな可能性が高いです。

働いてからも、給与計算が間違っていたり、シフトが調整しづらいお店の可能性も。
特別な事情がない限り、面接官が遅れてくるようなお店は、考え直したほうがいいかもしれません。

事務所や社用車が汚い

事務所や社用車が汚いところも、管理が上手く行き届いてない場合が多いです。

それに、誰も汚いお店では働きたくないですよね。
掃除が行き届いていないお店はトラブルにも見舞われやすいので、こんなお店もやめておいたほうがいいでしょう。

給与説明が曖昧

「うちは忙しいから稼げるよ!」
「月100万以上稼いでる子もいるよ」など、給与についての説明が曖昧なお店も働くうえではNGです。
実際働いてみたら、雑費が多くて稼ぎが少ない、なんてこともありえます。
バック率、雑費など、はぐらかされるようなら要注意です。

基本プレイがハード

デリヘル初心者の女の子は、基本プレイにハードなものが多いお店も考えた方がいいかもしれませんね。
即尺(入浴前のフェラチオ)など、女の子によってはかなり抵抗がありますよね。
給料もいいし、事務所も綺麗だけど、基本プレイがハードだと精神的にもつらいものがあります。
面接で判断ができない場合は、体験入店をして考えてみてもいいですね。

では最後に、デリヘルの面接に受からない場合に考えられることをまとめました。

デリヘルの面接に受からない時はどうすればいいの?

何度やっても、デリヘルの面接に受からない!
どうすればいいのかわからなくなるし、自信もなくなりますよね。
そんなときに時に見直してほしいポイントをまとめました。

服装、持ち物は?

デリヘルの面接では、服装も重要です。
また、小物や持ち物もしっかりチェックされています。
どんなに服装がととのっていても、靴のヒールがすり減っていたり、レシートでパンパンになった財布を持っていたりすると、それだけで減点評価となってしまいます。
デリヘルは男性に非日常を体験してもらうサービスです。
面接の時も生活疲れを感じさせない服装・小物を意識してください。

言葉遣い、愛想は?

敬語が使えない、無愛想なのも、面接ではNGです。
どんなに可愛い子でも、「ここで働いてやる」というような態度で面接にこられると、受かるのは難しいでしょう。
デリヘルを頼む男性は、女性に笑顔や優しさといった“癒やし”を求めている人も大勢います。
それなら、無愛想でツンケンしている子より、明るく、謙虚で優しい女の子を採用しますよね。
面接の時、無愛想に質問に答えていないか?
もう一度意識してみてください。

店のタイプは適切か?

服装も完ぺきだし、言葉遣いや態度だって問題がない。
それでも、デリヘルの面接で受からない場合は、お店のコンセプトと女の子があっていない場合が多いです。
例えば人妻系のデリヘルに、10代を思わせるような清純な女の子が面接に行っても、受かるとは思えませんよね?
バック率の良さや待遇だけ見て決めるのではなく、自分の持ち味を活かせるお店を選ぶことも大切です。

まとめ

以上が、デリヘルの面接で定番の質問から、受かるために必要な準備まででした。
最近では風俗を副業に選ぶ女の子も増え、条件のいいデリヘル店の面接は年々採用が厳しくなっていると言われています。
店舗数が増えているので、お店を選ばなければ働くことは簡単です。
でも、せっかくデリヘルで働くなら、環境がととのった、納得のいくお店で働きたいですよね。
どうしても受からない時は、服装・言葉使い・お店のカラーも見直して見てください。
デリヘルの面接をクリアして条件のいいお店で働きたいですね。

カテゴリー
お悩み・疑問

デブ専・ぽっちゃり風俗店の面接!応募方法から受かるポイントまで全部解説します!

太っていることを活かして高額のお給料が稼げる“ぽっちゃり風俗店”ですが、働くためには避けて通れないのが「面接」ですよね。
今回はデブ専風俗店の面接の応募方法から、質問内容、採用されるポイントまでまとめています。
普通の風俗店では受からない子、コンプレックスを自信に変えたい子、ぽっちゃり風俗デビューの参考にしてみてくださいね。

ぽっちゃり風俗店への応募方法は?

実際に働いてみたいお店が決まったら、まずは面接の応募をしましょう。
お店のHPや風俗求人から応募できます。
応募方法は、主にこの3種類です。

・LINE
・メール
・電話
実は、面接担当者は「応募」の時から、「うちの店で雇いたい子か?」をチェックしています。
なので、“面接は応募の時から始まっている”と思って気を抜かないでくださいね。
では、どんなところに気をつけて応募すればいいかも確認していきましょう。
まずは、電話・メール・LINE、どの方法でも敬語で応募しましょう。

応募した際は最低限これらの内容を確認しておくと安心です。
・名前を名乗る
・面接を受けたいことを伝える
・面接日時の確認
・面接場所の確認
・持参する身分証明書の確認
・持ち物の確認
・質問

名前は匿名でも大丈夫です。

応募は敬語で

応募の時は敬語を使っていて、一般常識があれば「面接拒否」なんてことにはなりませんので大丈夫です。
女の子中にはタメ口で話す子や、面接日時も決まっていないのに要望だけ伝えてくる子もいるとか。

これだと、働くどころか面接も受けられませんので注意してくださいね。

身分証明書

また、風俗店では未成年を働かせることが禁止されています。
ですので、面接の際は「身分証明書」がないと受けることができません。

お店によって、「運転免許証でOK」
「本籍入りの住民票の写しが必要」なところもあります。
「どんな身分証明書が必要か?」は必ず確認してくださいね。

服装

当日の服装は「そのままで男性とデートに出かけられる」ようなイメージで。
風俗はお客様に非日常を楽しんでもらうサービスです。
面接でも、生活感の出すぎている服装はNGです。

当日は、清潔感のあるメイクと清楚な服装がベストです。
面接は遅刻厳禁。
遅れることなく、面接会場に向かいましょう。

ぽっちゃり風俗店面接の流れ

面接は「お店」「ファミレス」「社用車」ですることが多いです。
ぽっちゃり風俗店で多いデリヘルの場合、お店やファミレスで面接のことが多いですね。

面接官はそのお店の店長が多いです。
挨拶をしたら早速面接開始です。

身分証明書提出

まずは用意した身分証明書を提出します。

すぐに提出できるように、カバンや財布の出しやすいところに入れておきましょう。

プロフィールシート記入

風俗のお店では、「履歴書」の代わりに、当日「プロフィールシート」を書きます。
氏名・年齢・住所など普通の質問の他に、
「体重」
「スリーサイズ」
「NGプレイ」など、風俗独特の質問もあります。
このシートに沿って面接していくので嘘は書かないでくださいね

体重・スリーサイズ測定

デブ専店の面接では、“体重”や“スリーサイズ”の計測もします。
なぜなら「顔よりも体重」というお客様も多く体重がすくないと、最悪クレームに繋がる可能性もあるからです。
太っているのを気にしている女の子にとって、男性の目の前で体重を測るのはすごく辛いですがここは我慢です。

面接

事務的な手続きが終わったら面接をしていきます。
・志望動機
・風俗経験の有無
・月に稼ぎたい額
・シフト希望
これらが代表的な質問です。
どの質問にも笑顔で丁寧に答えてくださいね。
お店のコンセプトにもよりますが、デブ専店の場合、癒やしや安らぎを求めくるお客様が多いので、愛想が悪い子よりはいい子の方が受かりやすいです。

仕事内容・給与説明

面接がひと通り終わったら、お店のルールや給与の説明があります。
実は、面接で聞かれる時間よりも、お店の説明に時間がかかることが多いです。
もし、わからないことがあれば最後に質問もできるのでしっかり確認してくださいね。

面接合否

合格の場合

面接に合格の場合は、すぐに体験入店やシフト調整に入ることが多いです。
お店で働いて欲しい女の子は、他のお店に移らないようすぐに採用を伝えてくれます。

面接に不合格の場合

「後日連絡します」
こう言われた場合、風俗の面接では不合格のことが多いです。
風俗の面接で不採用だとすごく落ち込みますよね。

明るく受け答えをしていても面接に受からない場合、お店と女の子のイメージが合っていないなど、女の子とは別の原因のことも多いです。
気を取り直して次の面接に挑んでくださいね。

まとめ

以上がぽっちゃり・デブ専風俗の面接について、応募方法から当日の流れまででした。

普通の風俗店と違い、デブ専風俗では顔立ちよりも、体重や性格を重視しているお店がおおいです。
ですので、応募の時から礼儀正しく連絡をするのもポイントです。
お店のコンセプトと女の子の性質が合っているかも風俗では重要視されます。
なので、もし面接に通らなかったとしてもそこまで落ち込まなくても大丈夫です。

もっと自分らしさを活かせるお店を見つけるためにも、次の面接に応募してみてくださいね。

カテゴリー
お悩み・疑問

良いホテヘル選びをしたいならまずは体験入店がおすすめ

ホテヘルで働きたい、もしくは既に働いていて新しいお店に鞍替えしたい。
そういった時に気になるのはやはり給料ではないでしょうか。
ホテヘルは昼職に比べれば稼げる仕事といえます。

しかしお店ごと、どれくらい稼げるかというは違うものです。
勤務時間や、客入りによって、あなた自身によってお店ごとに給料もかわってきます。
今働いてるお店が良いのか。
それとも新しいお店の方が良いか。

自分がこれから働きに行くお店はどれくらいの条件なんだろうか。
そういった良いお店の指針になるのがこれから紹介する体験入店という仕組みです。
これを賢く活用することによって自分の条件にあったお店を探すことができます。
今回はホテヘルと体験入店、そして体験入店前にチェックすべきことについて解説します。

ホテヘルで人気をとればこれくらい稼げる!

ホテヘルはヘルスのようにプレイルームを使わずラブホテルで働く業種です。
デリヘルのように24時間営業とはいきませんが、だいたい日中からラストまで働けば、平均日給3万円から5万円まで稼げる業種です。
もちろんあなたがオプションをこなしたり、お客さんがロングで遊んでくれた場合は、1日10万円以上稼ぐことも可能です。

固定客がたくさんいるキャストは、自分が出勤する日に指名客をお店に呼んで、指名料やバック率などを含めて大きく稼いでいます。
そういった人気嬢になれば日給は他のキャストの2倍3倍になることも不思議ではありません。
自分がそういった稼げる風俗嬢になるためには、あなたにあったお店選びが重要です。
また、働いた時にバック率はどれぐらいかの条件についても確認しておく必要があります。

それらを考慮したうえで働けば、あなたの給料も2倍3倍になるかもしれません。

稼げるお店を見つける体験入店

風俗求人だけを見ると、お店の雰囲気、どんな客層か、集客具合までは分かりません。
そこで体験入店です。

体験入店というのは、入店前にテスト感覚で働いて、自分に合っていたら入店、向いてないと思ったら辞められることができる画期的なシステムです。
お試し感覚で働くことができるため、気兼ねなく辞められるのが精神衛生上いいわけです。
一日程度でも自分に合った店、稼げるお店はなんとなくわかります。
さらに給与もちゃんと出ます。

しかもこの給料は振り込みではなく日払いなので、日雇いアルバイト感覚で働くことができるのです。
体験入店はメリットしかない制度なのです。
風俗で働く場合最初の接客が大事です。
最初の接客ではずれのお客さんに当たってしまったら「もう無理」と思ってしまいます。

もし体験入店後そう思ったのであれば、そのまま帰って大丈夫です。
「これなら行けるかな」と思えば二人目めも接客すればいいわけです。

体験入店前の面接で聞いておくべきこと

普通の店では体験入店前に面接があります。

知らずに体入してしまうと、困ることもあるのでそこで聞いておくべきことをいくつか紹介します。
それは以下の項目です。
まずどんな仕事内容かを聞いておきましょう。
お店によって基本サービスに含まれているプレイが異なるのです。

ネットの口コミを見て、Aというお店でオプションとなっているプレイがBのお店では基本サービスに含まれていることもあります。
そういったことで「聞いてない」とトラブルが起きるのです。
体験入店前に、面接で必ず基本プレイは確認しておきましょう。

バック率についても聞いておく

もちろん給料についても聞いておきましょう。
バック率や、指名バックはどれくらいのパーセンテージなのか、働く前に確認しておかないと後々トラブルになります。
例えば50%のバック率であれば、お客さんが1時間1万円コースで遊んだ場合、あなたの取り分は50%の5000円になります。
これが60%であれば6千円になるわけです。

つまり10人接客すれば、50%と60%では1万円も給料が変わってくるのです。
このバック率、あなたのクオリティによって上下します。
もしあなたのビジュアルが平均以下だとバック率を下げられてしまうこともあります。
とはいえ、お店によって違うので、体験入店前に聞いておきましょう。

いくつかお店を見比べて、1番良いバック率の店を選ぶのがおすすめです。

雑費や罰金の有無について

そして雑費は罰金についても聞いておくのをおすすめします。
雑費というのは、お店でかかる経費のことです。

あなたが使うローションやおもちゃ、その他器具について。
そういった消耗品が雑費として給料から引き落とされます。
雑費が売り上げの10%であれば、あなたが1日3万円稼いだとしても三千円が雑費として徴収されます。
もちろん雑費が0のお店もあります。

0%のほうが得ではないかと思いがちですが、そういうお店に限ってバック率が低く抑えられていたり、別の部分で徴収していることもあります。
罰金についても同様です。
女の子が遅刻や欠勤をすると、罰金を取るお店があります。
これも徴収されてから「聞いてない」と揉める原因になるので、あらかじめ確認しておくと良いでしょう。

講習についても聞いておこう

それと、体験入店の前には講習をしなければいけません。
講習にも高等交渉や、DVD講習、実技講習とありますので、その内容を確認しておきましょう。
これらの項目はお店によって方針が違います。

講習なんてしたくない、という女の子もいますが、するしないではお客さんの満足度も変わってきます。
男性が嫌なのであれば、最近は女性を呼んで講習を受けるお店もあるのでそういった店舗に応募しましょう。
いずれにせよ体験入店前に、講習について知っておくと安心です。

体験入店したら確認すべきこと

体験入店後はお客さんがどれぐらい来るか、そして客層について見極めておきましょう。
羽振りのいいお客さんばかりならその店は当たり。
逆にショートコースばかりであまり稼げなそうだなぁと判断したらハズレです。
また、同僚に嫌な女性がいないか確認しましょう。

女の世界なので、いびる女性はどこにでもいます。
生理的に受け付けない女性がいると、そのお店で長くもちません。
スパっとやめて別の店舗に行きましょう。

体験入店ばかりをしてはいけない

体験入店には基本デメリットがありませんが、唯一あまり体験入店を繰り返したときデメリットが発生します。
体入荒らしと思われてしまうのです。
お店は本入店をしてもらうために体験入店をさせています。
そのため、体験入店の頃からいい思いをさせようと、フリーのお客さんを回してくれたり、多少サービスがつたなくても黙認してくれます。

その立場を悪用したらどうなるでしょうか。
どうせ辞めるから、という理由でサービスを雑にして地雷接客を繰り返し、フリーのお客さんをあてがってもらったら適当なサービスをして日給をもらってすぐやめる。
これは迷惑行為以外の何者でもありません。
1店舗だけならこうした行為もまだ良いのですが、エリア中のお店でそれを繰り返すと、体入荒らし判定をされて、どこのお店でも働けなくなるので注意しましょう。

風俗店は、そういった情報がすぐ広まるので、あなたの情報は他のお店でも共有されます。
体験入店だけを繰り返す。
確かに一時的には稼げるかもしれませんが、トータルで見ると働きづらくなってしまうだけなのでやめたほうがよさそうです。
もちろん、ある程度いろんなお店を確認して天秤にかけるのは良いのですが、度が過ぎる掛け持ち行為は慎んだほうがよさそうです。

まとめ

ホテルの体験入店についての解説でした。
風俗で働く際、気になるのはお店によってどのくらい条件が違うのか。
それを解決してくれるのが体験入店です。

うまく活用すれば、あなたの価値を最大化できるお店を探せます。
しかしあまり体験入店だけを繰り返すのも良くありません。
事前にリサーチに時間して、ここぞと思った店舗だけに絞って応募しましょう
あなたに合うお店が見つかれば、ホテヘル嬢でもソープ嬢以上に稼げる風俗嬢になれるのです。

カテゴリー
お悩み・疑問

女の子ならだれもが憧れるソープの高級店の採用基準とは

風俗の中で最も稼げる業者と言えばもちろんソープランドです。
しかし、ソープランドと一口に言っても高級店から大衆、格安店に分類されます。
もちろん高級店の方がお客さんが遊ぶ金額が高くなり、女の子は稼ぐことができます。

ただし、採用基準が難しいのではないかといった不安もあると思います。
そこであまりホームページや求人広告には載ってない、高級店の採用基準についてまとめました。

高級ソープは客層がいいから稼げる

そもそも高級ソープはなぜ稼げるのでしょうか?

高級ソープと大衆ソープの違いは、なんといってもお客さんの層の違いです。
例えば大衆店では普通の会社員のお客さんがやってきます。
高級店となると、医者や芸能人、スポーツ選手や経営者がやってきます。
つまり高所得者層が多いのです。

お金を多く落としてくれるお客さんが相手だからこそ、見返りの給料も高くなるわけです。

高級ソープの仕事は大衆店とどう違う?

基本的に高級ソープの仕事内容は、通常のソープと仕事内容が少し変わります。
基本的に長時間で接客することが多いです。

大体80分からでしょうか。
挨拶やマナーなど、細かい部分の礼儀作法を厳しく指導されます。
そして基本的にNSと呼ばれる生のサービスが要求されます。
さらには即即と呼ばれる、シャワー前のいきなりサービスも高級店ならではのプレイです。

高級ソープはコミュ力必須

普通のソープランドであれば45分程度のコースがありますが、高級店だと長い時間遊べるお客さんじゃないと利用することができません。
利用時間が長いからこそ単価も高くなり、その分お金も稼げるわけです。
しかしながら、長時間お客さんと一緒にすることで、プレイとプレイの間に隙間時間が生まれます。

そういった部分でお客さんとコミニケーションを取れるような女性が優遇されるのが高級ソープです。
どれだけ美人であっても、内向的な女性や、コミュニケーション能力に問題がある女性はあまり高級店では向いていません。
また、男性はタバコを吸う女性は好まないため、喫煙者は嫌われる傾向があります。
かといって男性がタバコを吸いたいと思ったときにはそれを許容しないといけません。

嫌煙家でも厳しいというわけです。

高級ソープの求人広告はあまりない

高級ソープにあまり求人広告は見られません。
あったとしても採用率も低めです。

高級店では誰もが働きたいです。
試しに求人を出せばレベルの低い女性でもダメ元で応募してしまうため、メールが殺到します。
そうなるとチェックする人が膨大な数のプロフィールに目を通すことになります。
その中で採用される人が生まれればいいのですが、たいていは時間の無駄になってしまうのです。

また、高級ソープ自体店舗数がすくないです。
たまにみかける求人には、「容姿端麗の女性限定」などと書かれてあります。
これだけを見ると美人じゃないとダメなんだ、と落ち込むかもしれません。
しかし美人の基準は面接官の裁量によります。

例えば、ミス日本に選ばれる女性を見ると、「あれ、この人いうほど美人?」と思う事はありませんか。
AKBの女性を見ても、数人は美少女がいますが、絶世の美女と呼ばれる女の子はそれほど多くないと思います。
このように美人というのは個人の主観によるものです。

だから自分的に容姿端麗じゃないと思ってたとしても、相手から見ると採用基準を満たしているかもしれません。
どうしても働きたいというのであれば、向こうからスカウトされるのを待ちましょう。
風俗サイトに登録して、自分のプロフィールと写メを登録しておけば、高級ソープから良い条件でスカウトされるかもしれません。
自分から高級ソープに応募していても面接前に落とされてしまうことがほとんどでしょう。

もしくは、大衆店でたくさんのお客さんを稼ぎ、エリアで皆が知っているほどの人気嬢になれば引き抜かれることもあります。

ソープの高級店はスタイルには厳しい

顏は人の主観ですが、スタイルに関しては少し注文がつくようです。
例えば身長は平均から160センチ以上であったり、体重は身長から115を引いた位が理想です。

おっぱいに関しても、Bカップでは厳しく、Dカップ以上が推奨されます。
年齢に関しても高級ソープに関しては25歳を過ぎると厳しくなり、若ければ若いほど有利になります。
また、妊娠性やタトゥーや痣、リスカ痕のような体に傷跡が残っている場合、敬遠される傾向があります。

経歴によって採用率があがる

高級ソープの場合は、あなたの経歴によって採用が左右されます。
例えば、あなたが元キャビンアテンダント、元モデル、元有名女子大出身だったりすると、採用率がぐっと高まります。
お客様はそういった肩書きの良い女の子を好むからです。
また、有名セクシー女優に関してもネームバリューがあるのでまず採用されます。

ただ元モデル、元レースクイーンといっても、ケバイ髪型をしていたり、歯並びが悪かったり、ガリガリだったり、ビジュアル的に不適合と思われた場合は採用を見送られます。
ソープで遊ぶ男性は、「こんなコが風俗に?」と思うような清楚なビジュアルを好みます。
したがって、キャバクラ嬢のような明るい系のギャル系のルックスはウケが悪いのです。

高級ソープは整形はOK?

美人でもないし、肩書もない。
じゃぁやっぱりダメだ、とがっかりする女の子も多いかもしれません。
ただ、最近は高級店にもなんちゃって美女が増えています。

整形の技術も上がったことで目や鼻や骨格をいじって、手間とお金をかけて整形美人になる女の子がおおおいからです。
それくらいお金を費やせば採用率もあがるかもしれません。
しかしお店もお客さんも過度の整形は見抜きます。
最近では天然系のナチュラル顏のコが好まれる傾向があります。

整形した超絶美人より、ナチュラルな平均顏の方が採用基準を満たす場合もあります。
大手ソープの場合、顔の整形は多少容認しても、豊胸に関してはNGというお店が多いです。
見た目は大きくできる豊胸手術ですが、見た目を大きくしたところで触るとわかってしまうのです。
ソープは体全体を使ってお客さんをもてなすサービス、触り心地の悪い豊胸は嫌われる傾向があります。

全身サイボーグになる前に、プチ整形程度にとどめておくほうがいいでしょう。

女の子によっては大衆店のほうが稼げる

高級ソープだと稼げる、それは確かにその通り。
しかし、高級ソープで働いてた女の子が、大衆店に出戻りすることもよくあります。

単価が高い高級ソープですが、お客さんがつかなければ結局は稼ぐことができません。
であれば、単価が低くてもお客さんがたくさんやってくる大衆店の方が手取りが増えるケースがあります。
求められるレベルもそこまで厳しくないため、高級店より気兼ねなく働けるというわけです。
高級店にこだわりたいその心意気は理解できますが、自分のレベルにあったお店を選んだ方が稼げる場合もあるということです。

ソープランドという時点で体臭店でも十分な金額を稼ぐことができます。
自分の容姿、できるサービスに合ったお店をチョイスしてください。

まとめ

働けば誰もがびっくりする位稼ぐことができる高級ソープランド。

しかし採用されるには様々なハードルをクリアしないといけません。
働いてからも客層の良い相手に、真心のこもったサービスと、きめ細やかなサービスが求められます。
やはり風俗の王様というだけあって、求められるものも多いのです。
ただお金の面で考えれば、高級ソープで働くよりも大衆ソープで働いた方が稼げることもあります。

お金と条件、天秤にかけて自分にとってベストな選択をしましょう。