カテゴリー
お金

ぽっちゃり女性がデブ専風俗店で稼ぎたいなら新人期間がオススメ

風俗には多種多様のジャンルがあります。
通常のファッションヘルスから、ソープランドまで様々です。
平均的な容姿であればそうした風俗店で働けますが、ぽっちゃり体型だと採用を見送られるケースもあります。

ただ一般的な風俗店では雇ってもらえないぽっちゃり女性でも働ける風俗店があります。
それがデブ専風俗店です。
デブ専風俗店は、スレンダーな女性より、少しぽっちゃりした女性の方が好きだという男性がやってくるお店のこと。
ニッチなジャンルで稼げるの?と疑問に思うかもしれませんが、きちんと働けば一般的な風俗店同様、人気になればそれなりに稼げます。
とくにおすすめなのが新人期間
働きたてが非常に稼ぎやすくなっています。
なぜ新人が稼げるのか?

今回はその辺について解説していきたいと思います。

デブ専風俗が新人期間稼ぎやすい3つの理由

指名料が安く設定されているから

デブ専風俗店でなぜ新人期間が稼ぎやすいか。

それは新人の場合は太客を獲得していない状態なので、お店が指名料を安く設定するからです。
安ければそれだけ指名されやすくなり、結果的に給料も増えます。
一般的にデブ専風俗を利用する客は、ぽっちゃりした女の子が好きという事はもちろんですが、少しでも安く気持ちよく遊びたいという男性が多いのです。
通常の高級店とちがい、デブ専風俗店は相場が少し抑えられています。

さらに新人の女の子となればより安く遊ぶことができるというわけです。

お店がプッシュしてくれるから

さらに新人期間というのは、お店側がプッシュをしてくれる時期です。
これからお店を背負って立つ人気嬢になってほしい。

そうした思いから、期間限定で料金を安くしてくれたりホームページで印をつけてわかりやすくプロモーションしてくれるというわけです。
人が目に付きやすいところに自分の名前があれば、この子を指名してみようと思うわけです。
こういった要素もぽっちゃりさんが新人期間に稼ぎやすい理由でもあります。

新人好きな男性ウケが抜群だから

日本人に限った話ではありませんが、やはり人は新しいものが好きな生き物です。
皆さんも見に覚えがありませんか。
商品棚に積み重なった古臭い商品よりも、新入荷と書かれた商品に心を奪われてしまう。
コンビニでも量販店でも、そうした新商品が出たらすぐにカートに入れてしまう、そんな人も多いでしょう。

そうした心理がデブ専風俗店でも作用しているというわけです。

デブ専風俗で働く新人が注意すべき点とは

続いてぽっちゃりさんが新人期間に注意すべき点を解説します。
前述のように、新人期間はぽっちゃりさんでも稼ぎやすい時期となっています。

ここで太客をたくさん獲得すれば、新人期間が終わっても安定して稼ぐことができるでしょう。
しかし指名をもらいやすいといっても、一般的な風俗店に比べデブ専風俗店はニッチなジャンルです。
すなわち顧客の数が少ないのです。
そのため一人一人の勤務態度が他の風俗に比べ重要なことに注意してください。

当欠をすると干されるので要注意!

風俗店で働くと、「今日は行きたくないなぁ」とか、「めんどくさいなぁ」と気持ちが沈む日が必ずやってきます。
そうした時いかに自分を奮い立たせて出勤できるかが重要です。
特に新人期間というのはお店側が期待してくれる重要な期間。

まだ自分はお店に対して貢献してない状態です。
そういった中でお店の期待を裏切るようなドタキャンや当日欠勤などしてしまうとせっかくの優遇期間を棒に振ってしまうのです。
せっかくホームページでこの子いいなぁと思ってやってきてくれたお客さんも、当欠してお店にいない状況では他の女の子に指名を奪われてしまいます。
もう二度と指名してくれない可能性もありますし、お店もそういった女の子は干したり、下手したらクビにします。

社会人なら当然のことですが、たとえ風俗といっても仕事をなめてはいけません。
お客さんとお店の期待を裏切るような当欠は絶対しないようにしましょう。
当然ですがやる気のない地雷接客もしてはいけません。

お店によって新人期間が異なるので要注意

また重要なのはお店の方針です。
例えば新人期間がお店によって異なるケースがあります。
Aのお店では入店してから1ヵ月が新人期間、Bの店では3カ月間が新人と、お店によって新人期間が異なるのです。
新人期間は長ければ長いほど自分にとって有利なので、あらかじめ自分でリサーチして、長めの新人期間を設けている店を選ぶのがオススメです。

たくさん出勤してお店の評価をあげよう

優遇される新人期間でも、怠けていては稼げるものも稼げません。
そこで重要なのが出勤回数です。
週末だけ、週一だけ、そういった働き方よりも、何度も出勤してくれるような女の子は熱意が伝わり、お店もプッシュしてくれます。

勤務日数が多ければそれだけ指名してもらえる確率も上がるため、固定客も獲得しやすくなります。
長く勤務すると疲れそう、とおもうかもしれません。
ただ一般的な風俗店と違い、デブ専風俗店はお客さんの数が少ないです。
待機所でのんびりスマホをいじっていればいいので肉体的には楽なはず。

かといって働き過ぎて過労になりすぎて地雷接客をするのはマイナスに作用してしまいます。
自分にとって1番稼ぎやすいシフト、体の負担にならない勤務時間を調整してじゃんじゃん稼いでいきましょう。

稼ぐためにはセルフプロデュースもしよう

最後に新人期間は自分を知ってもらうことが重要です。

そこでおすすめするのがSNSや写メ日記です。
昔風俗店で自分を宣伝する方法は雑誌や新聞に紹介してもらうしかありませんでした。
しかし最近はネット経由の指名が増えているので、ネットで情報発信する重要性が増しています。
ブログやSNS、ネットでフォロワーが増えると、お店に頼らず自分のファンを幅広く獲得することができます。

そうすると、新人だとしても、お店を変えたとしても、そのお客さんは移籍した先でも自分のことを指名してくれるようになるのです。
ブログには自分の写真を載せたり、お客さんの気を引く書き込みをすると喜んでくれます。
この際写真などで自分の顔を出す必要はありません。
体つきや体のパーツだけ載せておくとお客さんは実際はどうなんだろうと思って指名したくなるのです。

文章も堅苦しいものではなく、恋人に話しかけるような感覚で、「このコと遭いたい」と思わせるような内容にすると効果的です。
新人期間はお店がプッシュしてくれますが、さらに稼ぎを増やすために自分で情報発信するといいでしょう。

リピーターを制すものが風俗を制す

リピーターを獲得できれば店の評価も爆上がりです。

新人期間が終わった後でもそのお客さんが自分の固定客になってくれるので、安定した給料を毎月ゲットすることができます。
また、リピーター=女の子の評価と捉えるお店も多く、リピーターが多い女の子はお店の給料単価も上がるのです。
一番重要なのは、新人期間にたくさん出勤していろんなお客さんに名前を覚えてもらい、真心を持ったサービスをしてリピーターになってもらうこと。
こうすればぽっちゃりさんでもデブ専風俗店でも一般風俗店に負けない給料を稼ぐことができるはずです。

まとめ

デブ専風俗店は一般的な風俗に比べニッチなジャンルです。
しかし働き方を工夫すれば新人でもぽっちゃりさんでも稼ぐことができます。
あなたがもしぽっちゃりさんで、デブ専風俗に興味があるなら新人時代がチャンスなので、上記のことを守ってリピーターをたくさん獲得してください。

お客さんに真心を持ったサービスができる女の子であれば、体型は関係ありません。
逆にいうとリピーターを獲得できないような女の子は、痩せていようが若かろうがデブ専風俗店の人気嬢より稼ぐことができないのです。
体型を言い訳にせず、たくさん稼いでいきましょう。

カテゴリー
お金

ホテヘルの新人期間って稼げるってホント?

ホテヘルの新人期間は稼げます。
ホテヘルにかかわらず、どの業種でも新人期間はお店側が一定の優遇をしてくれるからです。
新人のうちは稼げないのかな、と思いきや実はそこそこ稼げるのが風俗という世界。

ただ、この期間をがんばらないと後々稼げない風俗嬢になってしまいます。
新人の頃は特に注意して接客をする必要があります。
今回は、ホテヘルの新人期間と注意点についてまとめました。

なんで風俗だと新人が稼げるの?

新人が稼げる理由は、「新人好き」と言われる新しい女性が入店すると必ず足を運んでくれるお客さんがいるからです。
普通のサービス業では、新人よりも接客に慣れたベテランスタッフの方が安心です。
ところが風俗という業種はそれとは逆で、業界未経験の初々しい素人の女の子が好きだというお客さんが一定数いるのです。
したがって、店舗に新しい女の子が来たとわかればすぐに指名しにやってきます。

だから新人期間の方が稼げるというわけです。

お店も新人を猛プッシュしてくれる!

そういった新人好きのお客さんがいるのが稼げる理由ですが、もう一つにはお店側が優遇してくれる期間だからです。
新人は固定客がいないため、待機所にいるだけでは稼ぐことができません

そういったことがないように、フリーのお客さんが来たら優先的に新人をあてがってくれるのです。
お客さんとしてもサービスが未熟な新人に免じて新人割引が適用されるため、安く遊べるのでお互いにとって得なわけです。
ここで努力さえすれば後々固定客となって帰ってくれます。

新人期間こそシフトをたくさん組もう!

そういったことで新人期間は稼げます。
なので、なるべくシフトをたくさん組んだ方がスタートダッシュを決めることができるでしょう。
例えば週一勤務では、お客さんを週に数人程度しか接客できません。
せっかくの優遇期間であるのにもかかわらず、シフトが足りなければその恩恵を最大限享受できないのです。

かといって連勤しつづけて長時間働き続けるとサービスも雑になり、体を壊したりすることもあります。
なので、最初は6時間前後から様子を見て、週末のお客さんが多くやってくる日は優先的にシフトを入れると良いでしょう。

不安だからこそ男性は興奮する

新人の時は右も左もわからず誰もが不安な状態です。

しかし、そういった不安な女の子を見てお客さんは興奮するようです。
やはり何度も働いてみると、だんだん接客慣れしてきてしまい、初々しかった女の子が、事務的に感じたりしてしまうのです。
冷えた夫婦生活のようなものでしょうか。
これではお客さんも興奮しません。

なので、あなたが不安がっている表情はお客さんにとって、プラスかもしれません。
そう考えれば気楽になれると思います。
しかし、だからといって怠けてもいけません
やりませんできませんと言っていたらいつまでたってもリピート客が増えません。

不安だったり、サービスがうまくできなかったり、そういった状況の中でも努力する姿勢を見せることが大切です。
新人だとわかっていればお客さんも無茶な要求はしませんが、努力する姿は見せましょう。

新人期間だからこそ努力しよう

新人期間は確かに稼げるのですが、そういった状況で怠けてしまうと、新人期間が終わった時どうなってしまうか。

リピートがつかなくなります。
あなたが新人期間が終わる頃、別の女の子が新人としてやってきます。
その時にあなたが今まであてがってくれたフリーの客が、別の新人に優先的に着くようになります。
そうなると、固定客がいないあなたは稼げなくなります

新人時代に固定客をつかんでいれば、新人期間が終わった後指名客が来てくれるのに対し、怠けてしまったばかりに、そういった恩恵を受けることができないのです。
だからこそ新人期間は特に頑張らなくてはいけません。
指名が返ってくる真心のこもったサービスをしなくてはいけません。

ところで新人期間の長さってどのくらい?

その新人期間ですが、どのくらいの長さでしょうか。
それはお店によってまちまちです。
1週間と決めているお店もあれば3週間のお店もあり、また接客数によってカウントするお店もあります。
もし面接に行くのであれば、期間がどれくらいかどうか聞いてみましょう。

いくつか面接に行って、新人期間が長い店の方がよりスタートダッシュで稼ぐことができます。

新人奨励金ってほんとにもらえるの?

求人広告をみていると、「入店祝金」や「新人奨励金」といったボーナスが目に留まります。
働いただけで10万円もらえる、そう思って求人につられて応募してしまう女性も多いでしょう。

ただこれらのボーナスには少しカラクリがあるので気をつけましょう。
入店祝金や新人奨励金というのは詐欺ではなく、多くの店できちんと支払われています。
ただ、入店してすぐ支払うというわけではありません。
もしそうした場合、お金をもらったらすぐお店をやめてしまう女の子が後を絶たないからです。

大体もらうためには条件があり
・入店して数ヶ月後にもらえる
・数ヶ月間遅刻欠勤0
・リピート回数0回達成

といった形で、長期で働くもしくはノルマをつけられることがほとんどです。
長く働いたらそのお金を出すというシステムです。
解約せず長く働けばもらえる携帯電話会社のキャッシュバックと同じです。
詐欺ではありませんが、入店したらすぐもらえるかと思ってがっかりしてしまうことがないようにしましょう。

新人期間は遅刻と迷惑客に注意

新人期間注意すべき事は、一般企業の社会人と同じです。
遅刻や欠勤をしないこと。
せっかくの優遇期間なのに、無断で欠勤したり遅刻をしたりすると、お店から干されることもあります。

また、お客さん自身にも注意しなくてはいけません。
新人ということで口車に乗せて、本番行為を無理矢理してこようとしてくる男性がたくさんいるのです。
特にホテヘルの場合、ヘルスと違い、事務所から離れているので、ホテルでお客さんと2人になります。
近くに店員がいないため、助けを呼ぶことができないのです。

そういった事情から、お客さんが無理矢理本番行為をしてこようと誘ってきます。
お金を余計に支払うと言われても、きっぱり断りましょう。
あなた1人がしてしまうと、お店が摘発されたり、他の女の子にも被害が及ぶからです。
指名を返す、お金を出すなど、甘い言葉に騙されないようにしましょう。

またホテヘルの場合、お客さんが盗撮している場合もあります。
持ち物やあやしい仕草がないか気を配りましょう。
デリヘルよりリスクは少ないですが、隠し撮りをされる場合もあるので、不自然な動きを見つけたらすぐにお店に電話しましょう。

人気嬢と仲良くなるとなにかと便利

本番強要などは、ある程度働くにつれ、やんわりと断るコツがわかってきます。
しかし新人時代はうまく断れず、お客さんに嫌な思いをさせるかもしれません。
お店に働いているベテランの同僚の女性と仲良くなって情報交換をすると、働いてる女性視点でトラブルを未然に防ぐノウハウを教えてくれます。

まとめ

ホテヘルの新人期間について解説しました。
何かと便利な新人制度ですが、そこに甘んじていると、リピートが返ってこなくなります。
新人期間を有効に活用し、新人期間だからこそ怠けず努力して固定客をたくさん増やしましょう。
それさえ心がけていれば、新人期間が終わった後もあなたはホテヘル嬢として長く稼ぐことができるはずです。

カテゴリー
お金

ソフトSMのM性感の講習はいったいどんなことをするのか

最近巷で人気となっているのがM性感という業種です。
仕事はもちろん風俗ですが、性的なサービスをするということだけわかっても細かい仕事内容について理解している女の子は少ないのではないでしょうか。

もちろん未経験者でも安心して働ける仕事です。
その場合はきちんと講習を受けることで学ぶことができます。
今回のこの記事ではM性感における講習について解説したいと思います。

M性感はお店によって方向性が違う

そもそもM性感という業種の定義がお店によって曖昧だったりするところがややこしいのです。
最近増え始めた業種で、SMクラブのようなプレイをするお店もあれば、ゆるく痴女プレイをする、そんなお店もあります。
あなたがM性感に興味がある場合、どのようなお店か事前に下調べをしておくことをおすすめします。
入ってから自分と思っていた仕事内容と全く違うことを強要された、と困ることがなくなります。

まず面接に行く前にお店の方向性について調べておきましょう。

M性感はテクニックが求められる業種

男性から責められることがない風俗、それがM性感最大の利点です。
ただしその分M男男性を満足させる緻密なテクニックが求められます。

プレイの代表的なものは手コキやアナルや前立腺マッサージ、男の潮吹きをさせたりといったところです。
手コキならやり方について漠然と理解してる女の子も、前立腺マッサージや男の潮吹きについてはわからないことが多いでしょう。
そんな女性のために、講習を受けてやり方を学ぶことになります。

M性感の講習でしっかりテクニックを吸収しよう

肝心の講習ですが、基本的にお店が用意した外部の講師や専門家、またお店に長く勤めているベテラン嬢などが務めます。
基本的にはM性感ではアナルをきちんと開発できない女性は地雷扱いされてしまい、全く指名が取れなくなるのでこの時点できちんと学ぶ必要があります。
ただアナルはデリケートな部分なので激しく攻めすぎると傷をつけてしまいます。
ここが難しいのです。

きちんとお客さんをドライオーガズムまで導けば、通常の射精以上の満足感を与えることができます。
コツが必要なので、きっちり学びましょう。
どうすれば安全にお客さんを気持ちよくできるか、その辺の細かいノウハウはきっちり講習で教えてもらえます。
だから未経験者や初心者さんでも安心して働くことができます。

ただしお店によって講習の方針や講師の質も変わるので、その辺も事前にお店側に尋ねてみましょう。

外部講習を受けてスキルアップ!

もし学ぶことができない、もしくはお店があまり熱心に講習をしてくれない、やり方がいまいちわからなかったといった場合、講習が全く身に付かないこともあります。
そういったお店ではまず働くことをやめた方が良いのですが、それでも勉強したいと思った場合、前立腺の知識が豊富な風俗嬢が講習を実施していることがあるのでそういった外部講習に参加する手もあります。

お店のベテラン嬢とちがい、自分のライバルにならない存在なので、気兼ねなく質問にも答えてくれるし、接客の仕方やどうすればお客さんを満足にできるかなど、細かい部分を適切に教えてもらえます。
あまり頻繁に開催しているものではありませんが、もしお店の講習で物足りなさを感じた場合、そういった外部講習を探してみましょう。

嘘の講習にご用心

続いて講習で気をつけるべき点について解説します。

M性感ということを装って女の子を面接にお呼び、なぜかわいせつ行為を強要したり、性行為をさせようとする悪徳店舗があるので注意してください。
こういう疑似講習は講習師の自己満足のためにするだけで、お店のサービスとは何ら関係ありません。
そもそもM性感は自分で脱ぐ必要がありません
SM属性が強いお店であれば、派手なコスチュームを着たりするかもしれませんが、オプションでもしない限り性的サービスをする必要がありません。

初心者の女の子は「これをしないと採用されないのかな」と不安に思い性行為をしてしまうことがあります。
たとえそれをしたところで採用される補償はありませんし、そういうお店は必ず働いて嫌な思いをするだけです。
最悪なのはM性感のお店というのは全くの嘘で、ヘルスやソープに斡旋するためにM性感の看板を背負って女の子募集してるお店まであります。
報復が怖くて、被害に遭っても泣き寝入りする女の子もいます。

こうした詐欺店舗の疑似講習には充分気を付けてください。

M性感の講習はどんなことを教わるのか

基本的にM性感の講習は、射精をさせることだけではなく、お客さんをどうしたら満足させられるかにフォーカスします。
例えばドライオーガズムのやり方です。

射精の事は女性の多くが知っているでしょうが、ドライオーガズムに関してはあまり知っている女性はいません。
ドライオーガズムとは男性を射精に導く以外の快楽に誘うテクニックの1つで、アナルと前立腺を刺激すると女性の絶頂のような性的快感が男性を包みます。
俗にメスイキとわれる快感状態で、これを1度でも味わった男性はやみつきになります。
テクニックがいる技ですが、このコツを講習できっちり学びます。

また男の潮吹きもあります。
これはは男性が潮を吹いてしまうドライオーガズムとはまた違うテクニックです。
これも十分な技術がないと、男性に不快感を与えるだけになってしまうので講習できっちり学ぶ必要があります。
お店によっては技術的なことを学べるDVDを支給してくれるところもあり、在宅でもそういったもので学習すると良いでしょう。

こういった記事にたどり着くような人であればネット検索し、男性がどういったプレイで喜ぶのか調べるのもおすすめです。

M性感はS気質の女性が向いている

基本的にどの業種でも講習で学ぶのはお客さんを満足させること、もてなすことです。
M性感のお客さんはマゾヒスト、M的な男性がやってきますが、もてなす心はかわりません。

しかし少しM性感の毛色が違うのは、働く女性にSの気質が求められることです。
いじめられっ子がM、いじめっ子がS、だとすると、いじめっこが女性側の役割なのです。
あなたの気質がMであればSMクラブの方が似合うかもしれません。
SMクラブにはM女といういじめられる役割があるからです。

とはいえある程度演技でカバーすることも可能です。
自分がMだとしても役割を全うできる演技力があれば問題なくつとまります。
属性がSであれば優遇されます。
タイプ一致であれば採用もされやすく、働いてから稼げる確率が高まります。

よくわからない業種ということで躊躇してしまうかもしれませんが、初心者でも充分やっていけますので、気軽に応募してみましょう。
もちろんお客さんを満足させるにはそれなりの時間と労力がかかりますが、コミュニケーション能力がある女性であれば、お客さんと相談しながらプレイをすることができます。
うまく会話をしながら満足度を上げることができます。

難しそうだと思ったらメンズエステもおすすめ

あまりハードなお店は嫌だ、そんなこと学びたくないという場合、通常のメンズエステの面接を受けてみるのも1つの手です。
性的サービスがない分給料は安いですが、数多く出勤すれば埋め合わせできます。
いずれにせよ、通常アルバイトよりはるかにお金が稼げます。
メンズエステについてもどんなお店か、またどういったプレイが求められるのか、体験動画など検索して自分なりにリサーチしてみると不安が和らぐはずです。

まとめ

ここまでM性感の講習について解説しました。
コツがいる業種なので敷居が高いように感じますが、その分自分が責められずお金が稼げるメリットがあります。
舐めたり脱いだりするのが嫌という女性はM性感という仕事がおすすめです。

ただし自分が受け手に回らなくても済むので競争率が高いデメリットもあります。
もし気になるお店が求人を募集していたら枠が埋まらないうちにすぐに行動を取ることをおすすめします。

カテゴリー
お金

デリヘルの日給ってどのくらい?平均・バック率・稼ぎ方を解説します

風俗(デリヘル)のお仕事の魅力と言えば、やっぱり頑張り次第でたくさんのお金を稼げるところですよね。
でも…「1日働いた平均日給ってどのくらい?」
「そもそもデリヘルのお給料ってどうやって決まるの?」
などなど、わからないことって多いですよね。

せっかくお金を稼ごうと思ってデリヘルのお仕事を始めても、日給やお給料の仕組みを知らなくて、思ったよりも稼げないなんてこともよくある話です。
今回は、そんなデリヘルのお給料にまつわる疑問をまとめてみました。
風俗のお仕事を始める前に、しっかりお給料について理解して下さいね。

デリヘルの平均日給って?

デリヘルでは一日どのくらいのお給料を稼げるのでしょうか?
平均・最高・最低日給をそれぞれ見ていきましょう。

デリヘルの日給平均は3万円前後

デリヘルの平均日給は「3万円前後」といわれています。

単純計算で、1日に3~5名のお客様をとって、3万円の日給です。
例えば15日働いた場合の月給は45万円。
普通のOLが2~3ヶ月働いた分のお給料を1ヶ月で稼げるのは風俗ならではの魅力ですね。
平均日給くらい稼げれば、デリヘル1本でも十分生活していけますし、副業にも十分です。

デリヘル最高日給は20万円以上!?

では、デリヘルでは最高どのくらい稼げるのか?
デリヘル嬢の中には日給で20万~30万円以上稼ぐ子もいるんだとか!
15日働いた場合だと月給は300万円!

もちろん、高級店でフルで働くなど嬢本人の努力があってこそですが、短時間でこれだけ稼げるのは風俗の魅力夢がありますよね。

デリヘル最低日給は0円

では、逆に、デリヘルの最低日給はいくらかというと…ゼロ円です。
そう、稼ぎがないということです。

デリヘルなどの風俗店はお客様をとらないとお給料が出ない“完全出来高制”。
お金をいっぱい稼げそう、と夢も膨らみますが、まったく稼げない嬢がいるのも事実です。
では、「どうしたら稼げるようになるのか?」は、記事の後半でご紹介しますね。

次に、「そもそもデリヘルの日給ってどうやって決まるのか?」についてご紹介していきます。

デリヘルの日給はどうやって決まるの?

バック率できまるお店かがほとんど

デリヘルの日給は、「客単価×バック率」で決まることが多いです。
(1時間のサービスで○○円、と固定の場合もあります。
)
「客単価」がお客さんが遊んだ代金、「バック率」が女の子の取り分で50%~70%が相場となっています。

デリヘルは店舗をもたなくていい分、女の子の取り分である「バック率」が高いのも魅力です。
ただ、バック率で計算している場合、お店でお客様向けのキャンペーンをしている時は、女の子の手取りも下がる場合がありますので注意してくださいね。
では、お店によってどのくらい一日のお給料が違ってくるのか?
ここではお客様1時間あたりのプレイ代金が15,000円~が大衆店、25,000円~が高級店として例をみていきます。

大衆店の場合

大衆店では、バック率が50%~60%の場合がもっとも多いです。
お客様が一回に支払う代金は多くはないものの、プレイ時間が短く回転率がいいのが特徴です。
テクニックや容姿も高級店ほどは求められませんので気軽に働きやすいです。

【大衆店で1日5人接客した場合】
60分利用15,000円
バック率50%
手取り7500円×5
日給37,500円

高級店の場合

高級店のバック率は60%~70%程度。
お客様の利用単価も高く、プレイ時間も長い場合が多いです。

利用者は医師や経営者といった肩書のある男性が多く、その分、女の子にもマナー・テクニック・容姿と求められるものが多いです。
【高級店で1日5人接客した場合】
60分利用25,000円
バック率70%
手取り17,500円×5
日給87,500円

オプションバックはどのくらい?

デリヘルでは、この他に指名料やオプションプレイに支払われるお金も女の子のお給料として計算されます。

指名料やオプション代金のバック率は最低50%、高待遇のお店だと100%バックの場合もあるんです。
例えば、一度遊んでくれたお客様が指名+オプションで女の子と遊んだ場合…
本指名5,000円
ローター2,000円
コスプレ3,000円
指名料100%バックのお店なら、これだけでお給料が1万円も増えるんです。
また、ハードなオプションは(AFなど)それだけで10,000円と高単価の場合もありますので、基本プレイのバックだけでなく、指名(本指名・ネット指名・パネル指名)とオプションをたくさんつけてもらった方が、同じプレイ時間でもたくさん稼ぐことができます。

雑費がかかる場合もある

最近では減ってきているようですが、お店によっては、お給料から「雑費」が引かれる場合もあります。
「雑費」はお店の運営や、女の子ため(送迎や飲み物代、コスチューム・撮影代として)にかかる場合が多いです。
雑費の相場はだいたいこのようになります。
・1日1,000円~3,000円
・日給の10%
・お客様のプレイ代金×10%
雑費は、固定の場合と、割合で決まる場合があります。
店舗型の風俗(ソープなど)では雑費がかなり引かれますが、デリヘルの場合店舗がない分、維持費がかかりません。

なので、雑費があってもそこまで引かれないことが多いです。
気になる場合は、「雑費はあるのか?」
「どのくらい引かれるか?」面接で確認してくださいね。

デリヘルにはノルマや罰金はあるの?

ノルマはないお店が多い

夜のお店(キャバクラやガールズバー)は、売上・営業・同伴といった“ノルマ”がある場合が多いですよね。

水商売のノルマが辛くて、風俗店で働きたい!と思っている女の子も多いと思います。
デリヘルなどの風俗店は売上ノルマがない場合がほとんどです。
デリヘルの場合、女の子は個人事業主として働いてます。
ですので、売上や出勤を強制することはまずありません。

女の子にお客様がつかなかったとしても、日給が0円になるだけです。
時給でお金を払っていないお店としては、そこまで痛手もありません。

デリヘルの罰金は?

では、罰金はどうでしょうか?

これも現在、ほとんどのデリヘルで罰金はないと言われています。
ノルマや罰金といった働く女の子が悪い印象をもつ情報は、ネットですぐに拡散されてしまうので、今はやらないお店が多いんです。
ただ、罰金が100%ないかというと、そうとは言えません。
では、どんな時に罰金になるかも見ていきましょう。

無断欠勤は罰金の場合が多い

デリヘルでは、お客様やお店に迷惑がかかる行為をした場合、罰金を請求されることがあります。
罰金のもっとも多い理由が「欠勤」です。
当日欠勤:出勤日当日の欠勤
無断欠勤:お店に連絡なしの欠勤
どちらも、女の子と遊ぶのを楽しみにしているお客様に迷惑がかかるため、「当日欠勤は罰金」としている場合があります。
ただ、例えば「出勤の朝にインフルエンザで高熱が出て動けない」とか、常識的な理由がある場合は別でしょう。
また、罰金といっても最初からお金をとられるというよりは、厳重注意→罰金となる場合も多いようです。

注意してもどうしようもない、出勤態度が直らない場合、しかたなく罰金にするということです。
他にも
・本番行為をした
・店外デート

など、やってはいけない方法でお客様をとっていたことがバレた場合です。
この場合、男性のお客様にも罰金を請求する場合があります。
このような方法を使ってお客様をとっていると、「そのお店の女の子全員が本番をしてくれる」と、誤解を生んでしまいます。
それこそ、高級を売りにしているお店なら、お店のイメージもダウンしてしまいますよね。

店外デートはお店を通さない分、お金を多く貰えますが女の子に危険があった場合、お店も対応することができません。
本番や店外デートといった他の女の子とお店の印象が悪くなってしまうことをすると、罰金だけでなく、最悪の場合解雇となります。
「日給を上げたい!」と思ったら、お店で禁止されている方法は絶対に使わない。
正しい方法で稼いでいくほうが、女の子自身の安全も守られますよね。

以上、デリヘルの日給がどう決まるかをまとめると次のようになります。
・お客様のプレイ代金×バック率(基本日給)
・オプションバック、指名料バック
・▲雑費
・▲罰金
これらをあわせた額が、女の子の日給となります。
プレイ代金やオプションバックがどのくらいになるかも大事ですが、「雑費はあるか?」など、引かれるお金が発生するかも日給に大きく影響します。

お給料についてしっかり確認して、稼ぎやすいお店をみつけてくださいね。

お給料はいつもらえるの?

デリヘルは全額日払いが基本

頑張って働いたお給料がいつもらえるのかも気になりますよね。

デリヘルなどの風俗店では、現金でその日のうちに日給を全額もらえる「完全日払制」のお店がほとんどです。
振り込みで支払われることはまずありませので、口座から両親や彼氏にバレるということもないので安心してくださいね
お給料をもらう手続きもカンタンで、帰る前に事務所で給与伝票に氏名を記入、押印して完了です。
ただ、デリヘルによっては、完全日払い制をとっていないところもあります。

悪質な場合だと、面接の時にお給料の支払い方法の説明がなく、いざ体入したら「週払い」と言われた…なんてことも。
デリヘル選びで後悔しないためにも、「完全日払い」以外にどんな方法でお給料が支払われるか確認していきましょう。

週払い

働いたお給料をその週にまとめて現金で支払う方法です。

毎日まとまったお金をもらうと、すぐに使ってしまうのが心配な場合は、こちらの方が安心かもしれませんね。

一部預り金あり

日給の一部を預かって、月末や退職時にまとめて支払う方法です。
これは、女の子が突然辞めてしまうのを防ぐためにとっている場合が多いです。

逆に、貯金をしたいから、お店に頼んで少しだけお金を預かってもらうという子もいます。
日払いだろうと思っていたのに、いざ働いてみると、「週払いだった」
「一部預り金ありだった」なんてことも珍しくありません。
お金の問題でお店とトラブルにならないためにも、日給はどうやって支払われるのか?
面接の時にしっかり確認してくださいね。

デリヘルでたくさん稼ぐにはどうしたらいいの?

では、最後に、デリヘルでしっかり稼ぐにはどうしたらいいか?
を考えていきます。
せっかく風俗で働いたのに、毎日お茶ひき(お客様がつかなくてヒマな状態)にならないように稼ぎ方をみていきましょう。

本指名客をつかむ

デリヘルで稼ぐなら、「本指名客」を返すのが一番です。
フリーで来てくれたお客様がリピーターになってくれると稼ぎやすいということです。
同じプレイ時間でも、本指名のお客様なだけで、女の子には「指名料バック」として、1,000円~3,000円のお金が入ってきます。
また、馴染みのお客様にオプションをつけて貰えば、それだけお給料があがりますよね。
本指名のお客様がいるだけでちゃんと稼ぎが発生す安心感もあります。
お金がちゃんと稼げると精神的にも安定しますよね。

本指名を返してもらうにはどうすればいいの?

とはいっても、最初は「どうすれば本指名に繋がるのか?」もわからないですよね。
本指名をとれる人気嬢になるには、ちょっとの努力の積み重ねが大切になりますよ。
例えば「写メ日記」を更新してお客様にアピールする。
グラビア写真にこだわって、パネル指名、ネット指名に繋げる。
そして、なによりフリーで来てくれたお客様が本指名で返って来てくれるように、サービスを充実させて癒やしの時間を作る。
こんなことが重要になってきます。

お店選びも大切

また、どんなに頑張ってもなかなか売上が伸びない場合は、女の子とお店のカラーが合っていない場合もあります。
ギャル系の女の子が清楚系のお店にいても、なかなか指名には繋がらなさそうですよね。
また、丁寧に接客するほうが得意なのに、回転率重視の大衆店にいたら、女の子の魅力も半減してしまいます。
高級店だから、人気のお店だから稼ぎやすいと、決めつけないで自分のカラーと働き方にあったお店を探すことも、デリヘルで稼ぐには大切になります。

まとめ

風俗のお給料は計算方法が複雑で分かりづらいことも多いですよね。
だからこそ、しっかりお給料の仕組みを理解することが、稼ぎやすいお店を見つけることに繋がります。
お給料の仕組みを知らないと、せっかくデリヘルで働いてるのに思うように稼げない、なんてことも少なくありません。
デリヘルで働こうと思ったら、日給の仕組みを理解して、ギモンに思ったことは面接の時にしっかり確認するのが大切です。
デリヘルで頑張る前に日給のことをしっかり理解して、自分にあったお店を見つけてくださいね。

カテゴリー
お金

今人気のM性感の日給や保証について解説します

男性客から触られる心配のない人気業種のM性感。
ソフトSMと呼ばれるこの業種は、脱がない舐めない触らせないという3ナイ業種のサービスが女の子から人気です。
初心者さんにとって、働く際気になるのが日給の問題ではないでしょうか。

どれくらい日給がもらえるのか、また日給保証はあるのか、今回はM性感のに日給ついて解説します。

サービスはソフト!でも特殊技能が求められる仕事

まず日給の前にM性感の仕事内容について軽く触れておきます。
この業種はソフトサービスの部類に入ります。

Mと聞くとSMクラブの女王様をイメージしますが、M性感はそういったものと少し毛色が違います。
もちろんSMクラブのようにMの男性を攻めることが基本サービスですが、SMクラブのようにムチで叩いたりといった苦痛を与えるプレイはありません。
性的快感を与えることが主な仕事内容です。
ただMとつくだけあり、SMクラブと似たようなサービスもあります。

例えば目隠しをさせたり拘束したり言葉攻めをしたり、叩いたり苦痛を与えると言ったのとは違う形でお客さんを楽しませる必要があります。
M性感でもとめられるのはアナルプレイでしょうか。
お客さんはドライオーガニズムに導くために、アナルや前立腺を刺激して性的快感に導く必要があります。
SMクラブのように苦痛を与える必要はないのですが、それなりのテクニックが必要となるため、しっかり講習で学んで技術を身につけないといけない業種なのです。

M性感の日給が高いそのワケ

以上のことからソフトサービスにもかかわらずデリヘルやヘルスで働くのとは少し違う特殊技能が求められます。
しかしだからこそ高い日給がもらえます。
なぜ日給が高いか?

それは一度リピートしてくれたお客さんが何度もリピートしてくれる割合が高いからです。
前立腺マッサージやアナルプレイ、男の潮吹きといったM性感の代表的なサービスは、女の子との相性が重要なプレイです。
そのため、相性が抜群の女の子にあたったお客さんは顏やスタイルなどのルックスに関わらず、何度も贔屓にしてくれるのです。
そういったお客さんはオプションを何度も利用してくれますし、ロングで遊んでくれます。

したがって中途半端なヘルス嬢になるより、M性感で働く人気嬢のほうが日給が高くなるというわけです。

M性感の具体的な日給相場って一体いくら?

具体的な日給は大体1日30,000円から80,000円程度までもらえます。
だいぶ幅が広いと感じますが、これはお店によって、女の子によって給料が大幅に前後するからです。

もしあなたが技術的なものが全く身に付かない平均以下の女の子であれば、全く稼ぐことができないかもしれません。
ですが指名を多く稼げるトップキャストになればソープ嬢のように稼げます
ソープ嬢のように体を酷使しなくてもそこまで稼ぐことができる、これは夢のある話だと思いませんか?

不安な場合は日給保証のあるお店へ

しかしどんなに稼げる業種だと言ってもお客さんがつかなければ稼ぐことができません。
そうなると初心者の頃は固定客がいないため、どうしても稼ぎにくいです。
そんな女の子安心して働かせるため、お店の中には日給保証を付けてくれるところがあります。
日給保証とはその日の仕事の内容にかかわらず、働いてる女の子の給料を保証してくれる仕組みのことです。

どの業界でも風俗業界では基本歩合制です。
M性感だけではなく、ヘルスやソープランドも通常歩合制で働きます。
ただ新人さんや出稼ぎの女の子は最初の頃固定客を持っていません。
そうなると「せっかく働いても稼げないんじゃ・・」と面接応募を躊躇してしまいます。

そんな女の子のために給料を保証して応募しやすくしているのです。
時給保証をつければたとえその日がお茶であっても保証された日給は必ず持って帰ることができます。
つまりコンビニのアルバイトのような給料制度になるわけです。
コンビニのアルバイトでは客が来店した回数にかかわらず保証された時給を受け取ることができます。

それと同様に、M性感でも出勤したらその日の日当を保証してもらえるのです。

日給保証には条件があるので要注意

こうしてみると日給保証は非常に優れた制度に思えますが、その一方で条件もあるので注意してください。
M性感にしろ他業種にしろ、日給保証をつけるというのはお店側にとってもリスクがあります。

まだ稼げないかもしれない女の子に日給を保証するわけですから、全くお金にならないこともあるからです。
そのため保証した分とある条件をつけられます。
例えば出勤日数を多く入れるよう指定されることがあります。
1日30,000円の保証がある代わりに、土日を含む週4回以上の勤務を義務付けられたり、出勤時間も〇時間以上といった形でシフトを強制します。

また、指名数で保証額を決めるお店もあります。
日給を保証してもらうと、力を入れなくてもお金がもらえるということでサービスに手を抜いてしまう女の子がいるからです。
そうならないように、リピート率が高い女の子に限って日給を保証するといった形をとるお店があります。
もしその条件に満たない場合、保証額を減額されてしまうか、もしくはカットされてしまうこともあるので注意してください。

以上のように、M性感の求人広告を見ていると、日給保証を付けている店舗が見つかると思います。
その際はお店にどういった条件で保証額がもらえるのか、また金額はいくらぐらいかをきちんと確認しておきましょう。

その他よくある日給保証の条件とは

シフトや指名数ももちろんですが、それ以外にも様々な条件の日給保証があります。

例えばあなたのルックスが抜群に優れていればそれだけで日給が保証してもらえることがあります。
というのもお店は客寄せになる女性を常に求めています。
ホームページに顔写真を掲載しているだけでお客さんが寄ってきてくれる女優クラスの美人はお金を払ってでもお店に置いておきたいのです。
また、人気AV女優など、ネームバリューがある女性についても同様です。

こちらも名前を書いておくだけでお客さんが来てくれるため、お店は高額な日給を保証してでも雇いたいのです。
あとは他店で人気だった看板嬢も同様です。
こちらはすでに固定客がいるので、その女性が抱えてる固定客が全て自分たちのお店に来てくれるからです。
このように、自分のステージが高い女性は相場以上の日給保証もらえます。

お店の利益になる行動をしよう

私はそんなに容姿が優れてないし、AV女優でもない。
安心してください、そのような女性が大半です。
それでもそんな女性でも日給保証をもらう方法があります。

それは、お店側の利益になるキャストになることです。
例えば風俗誌のインタビューに率先して答えたり、SNSや写メのフォロワーを増やす努力をしたり。
ホームページ上で顔出ししたり、お店にお客さんが来やすくなることをしてくれる女の子は優遇してもらえます。
写メ日給を定期的に更新したり、風俗誌のインタビューに答えるといったことはそこまで難しいことではありません。

保証が欲しいのであれば、楽して稼げるという甘い考えを捨てましょう。
お店側に利益となる行動をとればお店側から求められる人間になれます。
そういった時、お店はあなたに日給保証を付けてくれるのです。
日給が貰えるんだからたいして働かずに大丈夫よね、そういった怠けた考え方では稼げる女性になれません。

そもそも日給保証はほんとにお客さんが来なかったときの保険の制度です。
もしあなたが真面目に働けば、保証額に頼らずそれ以上の日給を稼ぐことができる業種です。
最初の頃はともかく、働いてからはあまり日給保証を意識しないようにしましょう。
お客さんに真心あるサービスをしていれば、自ずとそれ以上の金額が稼げるようになるからです。

条件に迷ったら大手グループがおすすめ

ちなみにM性感の求人ですが、店舗数は少なめです。
ただ稼げる業界なので、待遇の良い求人が目立ちます。
女性が働きやすい環境を作るため、お店によっては託児所があったり、寮完備であったり、面接の交通費を支給してくれたり、女の子が面接に行きやすい条件を整えているお店が目立ちます。

そういったお店はもちろん女の子が殺到してしまうため、競争率が高くなるデメリットはありますが、働けた際はストレスなく働くことができるでしょう。
ただ全ての店がそうした高待遇ではありませやん。
また、広告にはそう書かれていても、あなたのルックスや年齢次第で条件も上下します。
結局はケースバイケースなので、まずは待遇の良い求人を見かけたらそのお店に直接訪ねてみましょう。

もし日給保証があるのならどういった条件か尋ねておくのを忘れずに。
条件はやはりお店単位で大きく違います。
個人が経営している小さなお店では条件がそこまで優れていません。
条件的に良いお店を探すのに手っ取り早い方法は、売り上げと集客力のある大手グループに行くことです。

大手グループはお客さんも集まりやすく、募集する女の子も条件の良い傾向があります。
まず迷ったら大手グループの経営しているお店を探しその求人に応募してみると良いでしょう。

店舗型のほうが日給保証が多い

また、お店のスタイルも店舗型のお店と派遣型のお店があり、店舗型のほうが日給保証を付けてくれるケースが多いです。

派遣型のお店の場合は、自宅待機ができる分、日給保証がつかないことが多いです。
その分自宅待機しながらのんびりと待機することができます。
もちろんこじんまりとしたお店が悪いわけではありません。
そういう店は競争率が低かったり、人間関係が穏やかだったり、違うメリットがあるものです。

結局はどちらに行くにせよ、当たりハズレがあるということです。
派遣型か待機型か、大手か個人経営か、自分のタイプに合ったお店を探しましょう。

まとめ

M性感の日給についてまとめました。

特殊な技術と演技力が求められる世界ですが、技術があれば、多少年齢がいってても働くことができます。
また、生理の日でも働ける人気ジャンルでもあります。
もし気に入ったお店をみつけたら、リサーチしてすぐに応募しましょう。
枠が少ないので早めの行動をおすすめします。

カテゴリー
お金

人妻熟女系の風俗って日給保証でるお店あるかな?

これから人妻や熟女風俗店で働こうと思っている女性にとって、お金の問題は切実です。

働いて果たして稼げるのだろうか、お客さんは来るのだろうか。
そういった悩みが尽きません。
ただ、風俗には日給保証という制度があり、お客さんが来ない日でも給料を保証してもらえるのです。
しかし、保証をもらうにはとある条件をクリアしなければいけません。

今回は人妻熟女風俗店の日給保証について解説します。

日給保証ってどんなシステムなの?

日給保証というシステムは、多くの風俗店で採用されている、新人風俗嬢の給料を最低保証してくれる制度のことです。
この制度があることによって、たとえお客さんが来ない日であっても、決められた額の日給を保証してもらえます。
風俗は歩合制なので、お客さんがたくさんついた日はたくさん給料がもらえます。
ただ、全くお客さんが来なかった場合、一日働いても一銭にもならないのです。

新人の頃は固定客を持っていません。
指名客は来ないためフリーのお客さんに頼るしかないのです。
フリーのお客さんが来ない日は自分の収入が増えず、思っていた金額を稼げないことがしばしばあります。
これでは普通にアルバイトした方が良いのではないか?

と思って金銭的に困った女性は辞めてしまうのです。
お店としてはキャストを確保するため、給料を保証することで辞めないようにしているのです。

日給保証は出稼ぎ女性のためにつくられた

もともと日給保証は出稼ぎしてくる女の子にために作られた制度です。
地元で働くと知人や家族にバレてしまう。
なるべく遠方の風俗で働きたい。
ただ見知らぬエリアで客入りすらわからないのに体一つで働きに出るのはかなりの不安です。

そう思う女性に対して、日給を保証することで、躊躇せずお店に来てもらうようにしたのが始まりです。
日給保証さえあれば、決められた金額だけ必ずもらえるので安心して遠方から出稼ぎにこれるというわけです。

日給保証ってどのくらいもらえるの?

保証でもらえる金額に関しては、お店やエリア、業者によって違います。
大体30,000円から50,000円位が相場と言われています。
人妻熟女風俗だとそれよりもっと少ない額になりますが、一般的な相場としてはそのくらいです。
大体その業界で新人が稼げる程度の金額が保証額です。

中には広告で10枚以上などという高額な日給をウリ文句にしているところがあります。
ただこれは容姿が抜群だったり、人気嬢だったり、そういった女性に対しての条件なので、鵜呑みにしてはいけません。

人妻熟女店では日給保証が見つかりづらい

肝心の人妻熟女系の風俗ですが、こちらではなかなか日給保証を見つけることができません。
というのもこの制度、雇った女性が稼いでくれるだろうという期待値に対して支払われる金額だからです。
つまり、お客様を満足できなさそうな女性には、保証がありません。
人妻熟女系の風俗はお客さんが少ないため、一般的な風俗のように高い金額を出すことができない事情もあります。

もちろん探せば見つかりますが、あまり期待しすぎない方が良いでしょう。
あるお店でも、厳しい条件が課せられます。

日給保証をもらうための条件とは?

ただでさえ少ない人妻熟女店の日給保証。

あったとしても、保証は誰でももらえるわけではありません。
厳しい条件をクリアした女性だけがもらえる制度です。
ではどんな条件があるのでしょうか。
前提条件としてクレームの少ない女性がもらえます。

日給保証というのは、稼いでくれると見込んだ女性に対して払われます。
仕事を怠けたり、地雷接客をしたりするような女性には支払われません。
アンケートでサービスが悪かったとか書かれてしまうような女性には、日給を保証したところでマイナスにしかならないからです。

ノルマをクリアしたらもらえることも

お店側としては保証を出す代わりノルマを課すことがあります。
例えばリピートを何回以上返す、といったノルマです。
それをクリアできなかった場合は保証が出ない、もしくは保証の金額を下げられてしまいます。

もちろん、新人の頃は固定客はいませんし、サービスもまだつたないので、ノルマクリアするのは難しいです。
そういった中で指名を増やすのは並大抵の努力ではありません。
しかし、新人期間はある程度優遇してもらえる期間でもあります。
フリーの客を他の女の子より優先的に回してくれたり、指名料を安くして、お客さんが指名しやすく優遇します。

そういった状況で怠けず働けば、ある程度リピートも返ってくるでしょう。
あまり新人には過酷なノルマを課さないので、頑張ればクリアできるはずです。

シフトたくさんでたら日給が保証される

また組んだシフトによって日給保証がもらえるケースもあります。
週何日以上勤務、1日何時間以上を5日以上、といった形です。
シフトを拘束されることで、自分の好きな時間に働きたいと言ったことはできませんが、その分日給保証がもらえます。
通常だと風俗は待機している時間については給料払われません。

あくまで接客した人数によってお金が支払われます
日給保証があれば、接客人数は関係ありません。
つまりお客さんが来ない日は逆にラッキー、と思うかもしれません。
もしあなたが、週末限定で働きたいとか、週1日だけ働きたい、そう思っている場合、保証をもらうのはかなり厳しいでしょう。

風俗店の広告塔になることでもらえる

また、風俗店のプロモーションを手伝ってくれる女性に保証が支払われることがあります。
例えば風俗サイトのインタビューに答えたり、サイトのホームページに顔出ししてプロフィール等を表記してくれる場合です。

こういったプロモーションは他の女性は身バレリスクがあるのでなかなかやりたがりません。
ホームページの顔出しをしたらネットに顏が出てしまうので当然です。
逆にいうと、そういったことをやれる女性は、お店側から喜ばれます
お店から評価されるのです。

顔出しをした方が男性客のウケが良くなり、サイトビューも指名数も伸びるからです。
たとえ容姿が悪くても、顔出ししてくれるお店は「加工してない」と信頼感につながるのです。
そういったことで、リスクに見合った分の保証を付けてくれるというわけです。
ただ、人妻熟女店で働く女性は実際に結婚していたり子供がいるケースが多いでしょう。

そういった事情を踏まえると、家族のことを考えてあまりお勧めはできません。

写メ日記を更新したらもらえる

プロモーションとは別に、写メ日記を定期的に更新している女性はその努力に応じて保証が支払われることがあります。

風俗は昔、待機してるだけでお客さんがたくさんやってきました。
しかし最近ではライバル店も増え、ただ待っている状況ではお客さんがなかなかやってきてくれません。
そこで女の子に写メ日記といったブログ更新を義務づける店舗が増えてきました。
お客さんは写メ日記を見て、このコに会いたいな、と思ってお店にやってきます。

定期的に更新してくれる女性はファンも増えやすく、そういった努力をお店は評価します。
このように、お店側のメリットになる行動をしてくれる女性に対しては日給保証が支払われることが多いです。

看板嬢は青天井で保証がもらえる

もちろんこれらの条件は新人や出稼ぎ嬢についての話です。
あなたがこれから風俗で働いて、たくさんのお客さんを獲得した。
そのお店でナンバーワンの人気になった。
そういった状況になると保証額は一変します。

あなたは足元を見られる立場から、足元を見る立場に生まれ変わります。
お店は人気嬢を失ってしまうと、大量のお客さんを失うことになります。
それを恐れて、週一の出勤でもいい、これぐらい保証するので店にいてくれ、といった形で条件が釣り上がり、破格の保証を付けてくれるお店もあります。
つまり、それだけ保証してもお店側にメリットがあるのです。

風俗は人気商売なので、お客さんを持っている女性は立場が強くなります。
逆にいうとこれから働きたいという新人はどうしても立場が弱くなるのは仕方ないともいえます。
新人としてコツコツお客さんに尽くして、たくさんリピートされる風俗嬢になることで見返してあげましょう。
日給保証はもちろん決められた金額を持って帰ることのできる制度ですが、お客さんが忙しくてたくさんついてしまったという場合はそれ以上の金額をもらえることがあります。

つまり、必ずその金額にしか持って帰れないのではなく、最低日給なので、お客さんがたくさんつけばつくほどお金を稼ぐことができます。

日給保証にたよりすぎない

やった、このお店は日給保証がある。

そう思って面接に行くのはいいですが、ここで風俗で働く上で重要な心構えを。
日給保証というのは、あくまで新人や出稼ぎの女性が不案内ように働くために用意された生徒です。
一生懸命頑張って働けばそもそも日経に頼らなくてもそれ以上に金額を稼ぐことができます。
日給保証に甘んじていると、サービスがどうしても怠けてしまうことがあります。

これでは、いずれ日記保証を切られてしまうか、新人期間が終わったとき全く稼げなくなります。
もちろん日経賞があれば安心して働けるのは事実ですが、それに甘んじてはいけません。
人妻熟女だろうと、お客さんを真心を持ってサービスしていれば固定客が増え、日給保証の倍以上は稼げるようになります。
初めての風俗で働く上で日給保証は大事ですが、頑張ればそれ以上に稼げますので、あまり日給保証に依存しないようにしましょう。

まとめ

人妻熟女店における日給保証について解説しました。
日経保証は確かにありがたい制度ですが、厳しい条件があるお店がほとんどです。

また、人妻熟女店では保証してくれるお店の数も少ないです。
ですが日給保証はお客さんがたくさん来るお店であれば、保証額以上に稼げます。
保証してくれるお店がないのであれば、とにかく集客力の良いお店を探してみるのもおすすめです。