カテゴリー
お金

ソフトSMのM性感の講習はいったいどんなことをするのか

最近巷で人気となっているのがM性感という業種です。
仕事はもちろん風俗ですが、性的なサービスをするということだけわかっても細かい仕事内容について理解している女の子は少ないのではないでしょうか。

もちろん未経験者でも安心して働ける仕事です。
その場合はきちんと講習を受けることで学ぶことができます。
今回のこの記事ではM性感における講習について解説したいと思います。

M性感はお店によって方向性が違う

そもそもM性感という業種の定義がお店によって曖昧だったりするところがややこしいのです。
最近増え始めた業種で、SMクラブのようなプレイをするお店もあれば、ゆるく痴女プレイをする、そんなお店もあります。
あなたがM性感に興味がある場合、どのようなお店か事前に下調べをしておくことをおすすめします。
入ってから自分と思っていた仕事内容と全く違うことを強要された、と困ることがなくなります。

まず面接に行く前にお店の方向性について調べておきましょう。

M性感はテクニックが求められる業種

男性から責められることがない風俗、それがM性感最大の利点です。
ただしその分M男男性を満足させる緻密なテクニックが求められます。

プレイの代表的なものは手コキやアナルや前立腺マッサージ、男の潮吹きをさせたりといったところです。
手コキならやり方について漠然と理解してる女の子も、前立腺マッサージや男の潮吹きについてはわからないことが多いでしょう。
そんな女性のために、講習を受けてやり方を学ぶことになります。

M性感の講習でしっかりテクニックを吸収しよう

肝心の講習ですが、基本的にお店が用意した外部の講師や専門家、またお店に長く勤めているベテラン嬢などが務めます。
基本的にはM性感ではアナルをきちんと開発できない女性は地雷扱いされてしまい、全く指名が取れなくなるのでこの時点できちんと学ぶ必要があります。
ただアナルはデリケートな部分なので激しく攻めすぎると傷をつけてしまいます。
ここが難しいのです。

きちんとお客さんをドライオーガズムまで導けば、通常の射精以上の満足感を与えることができます。
コツが必要なので、きっちり学びましょう。
どうすれば安全にお客さんを気持ちよくできるか、その辺の細かいノウハウはきっちり講習で教えてもらえます。
だから未経験者や初心者さんでも安心して働くことができます。

ただしお店によって講習の方針や講師の質も変わるので、その辺も事前にお店側に尋ねてみましょう。

外部講習を受けてスキルアップ!

もし学ぶことができない、もしくはお店があまり熱心に講習をしてくれない、やり方がいまいちわからなかったといった場合、講習が全く身に付かないこともあります。
そういったお店ではまず働くことをやめた方が良いのですが、それでも勉強したいと思った場合、前立腺の知識が豊富な風俗嬢が講習を実施していることがあるのでそういった外部講習に参加する手もあります。

お店のベテラン嬢とちがい、自分のライバルにならない存在なので、気兼ねなく質問にも答えてくれるし、接客の仕方やどうすればお客さんを満足にできるかなど、細かい部分を適切に教えてもらえます。
あまり頻繁に開催しているものではありませんが、もしお店の講習で物足りなさを感じた場合、そういった外部講習を探してみましょう。

嘘の講習にご用心

続いて講習で気をつけるべき点について解説します。

M性感ということを装って女の子を面接にお呼び、なぜかわいせつ行為を強要したり、性行為をさせようとする悪徳店舗があるので注意してください。
こういう疑似講習は講習師の自己満足のためにするだけで、お店のサービスとは何ら関係ありません。
そもそもM性感は自分で脱ぐ必要がありません
SM属性が強いお店であれば、派手なコスチュームを着たりするかもしれませんが、オプションでもしない限り性的サービスをする必要がありません。

初心者の女の子は「これをしないと採用されないのかな」と不安に思い性行為をしてしまうことがあります。
たとえそれをしたところで採用される補償はありませんし、そういうお店は必ず働いて嫌な思いをするだけです。
最悪なのはM性感のお店というのは全くの嘘で、ヘルスやソープに斡旋するためにM性感の看板を背負って女の子募集してるお店まであります。
報復が怖くて、被害に遭っても泣き寝入りする女の子もいます。

こうした詐欺店舗の疑似講習には充分気を付けてください。

M性感の講習はどんなことを教わるのか

基本的にM性感の講習は、射精をさせることだけではなく、お客さんをどうしたら満足させられるかにフォーカスします。
例えばドライオーガズムのやり方です。

射精の事は女性の多くが知っているでしょうが、ドライオーガズムに関してはあまり知っている女性はいません。
ドライオーガズムとは男性を射精に導く以外の快楽に誘うテクニックの1つで、アナルと前立腺を刺激すると女性の絶頂のような性的快感が男性を包みます。
俗にメスイキとわれる快感状態で、これを1度でも味わった男性はやみつきになります。
テクニックがいる技ですが、このコツを講習できっちり学びます。

また男の潮吹きもあります。
これはは男性が潮を吹いてしまうドライオーガズムとはまた違うテクニックです。
これも十分な技術がないと、男性に不快感を与えるだけになってしまうので講習できっちり学ぶ必要があります。
お店によっては技術的なことを学べるDVDを支給してくれるところもあり、在宅でもそういったもので学習すると良いでしょう。

こういった記事にたどり着くような人であればネット検索し、男性がどういったプレイで喜ぶのか調べるのもおすすめです。

M性感はS気質の女性が向いている

基本的にどの業種でも講習で学ぶのはお客さんを満足させること、もてなすことです。
M性感のお客さんはマゾヒスト、M的な男性がやってきますが、もてなす心はかわりません。

しかし少しM性感の毛色が違うのは、働く女性にSの気質が求められることです。
いじめられっ子がM、いじめっ子がS、だとすると、いじめっこが女性側の役割なのです。
あなたの気質がMであればSMクラブの方が似合うかもしれません。
SMクラブにはM女といういじめられる役割があるからです。

とはいえある程度演技でカバーすることも可能です。
自分がMだとしても役割を全うできる演技力があれば問題なくつとまります。
属性がSであれば優遇されます。
タイプ一致であれば採用もされやすく、働いてから稼げる確率が高まります。

よくわからない業種ということで躊躇してしまうかもしれませんが、初心者でも充分やっていけますので、気軽に応募してみましょう。
もちろんお客さんを満足させるにはそれなりの時間と労力がかかりますが、コミュニケーション能力がある女性であれば、お客さんと相談しながらプレイをすることができます。
うまく会話をしながら満足度を上げることができます。

難しそうだと思ったらメンズエステもおすすめ

あまりハードなお店は嫌だ、そんなこと学びたくないという場合、通常のメンズエステの面接を受けてみるのも1つの手です。
性的サービスがない分給料は安いですが、数多く出勤すれば埋め合わせできます。
いずれにせよ、通常アルバイトよりはるかにお金が稼げます。
メンズエステについてもどんなお店か、またどういったプレイが求められるのか、体験動画など検索して自分なりにリサーチしてみると不安が和らぐはずです。

まとめ

ここまでM性感の講習について解説しました。
コツがいる業種なので敷居が高いように感じますが、その分自分が責められずお金が稼げるメリットがあります。
舐めたり脱いだりするのが嫌という女性はM性感という仕事がおすすめです。

ただし自分が受け手に回らなくても済むので競争率が高いデメリットもあります。
もし気になるお店が求人を募集していたら枠が埋まらないうちにすぐに行動を取ることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です