女の子ならだれもが憧れるソープの高級店の採用基準とは

風俗の中で最も稼げる業者と言えばもちろんソープランドです。
しかし、ソープランドと一口に言っても高級店から大衆、格安店に分類されます。
もちろん高級店の方がお客さんが遊ぶ金額が高くなり、女の子は稼ぐことができます。

ただし、採用基準が難しいのではないかといった不安もあると思います。
そこであまりホームページや求人広告には載ってない、高級店の採用基準についてまとめました。

高級ソープは客層がいいから稼げる

そもそも高級ソープはなぜ稼げるのでしょうか?

高級ソープと大衆ソープの違いは、なんといってもお客さんの層の違いです。
例えば大衆店では普通の会社員のお客さんがやってきます。
高級店となると、医者や芸能人、スポーツ選手や経営者がやってきます。
つまり高所得者層が多いのです。

お金を多く落としてくれるお客さんが相手だからこそ、見返りの給料も高くなるわけです。

高級ソープの仕事は大衆店とどう違う?

基本的に高級ソープの仕事内容は、通常のソープと仕事内容が少し変わります。
基本的に長時間で接客することが多いです。

大体80分からでしょうか。
挨拶やマナーなど、細かい部分の礼儀作法を厳しく指導されます。
そして基本的にNSと呼ばれる生のサービスが要求されます。
さらには即即と呼ばれる、シャワー前のいきなりサービスも高級店ならではのプレイです。

高級ソープはコミュ力必須

普通のソープランドであれば45分程度のコースがありますが、高級店だと長い時間遊べるお客さんじゃないと利用することができません。
利用時間が長いからこそ単価も高くなり、その分お金も稼げるわけです。
しかしながら、長時間お客さんと一緒にすることで、プレイとプレイの間に隙間時間が生まれます。

そういった部分でお客さんとコミニケーションを取れるような女性が優遇されるのが高級ソープです。
どれだけ美人であっても、内向的な女性や、コミュニケーション能力に問題がある女性はあまり高級店では向いていません。
また、男性はタバコを吸う女性は好まないため、喫煙者は嫌われる傾向があります。
かといって男性がタバコを吸いたいと思ったときにはそれを許容しないといけません。

嫌煙家でも厳しいというわけです。

高級ソープの求人広告はあまりない

高級ソープにあまり求人広告は見られません。
あったとしても採用率も低めです。

高級店では誰もが働きたいです。
試しに求人を出せばレベルの低い女性でもダメ元で応募してしまうため、メールが殺到します。
そうなるとチェックする人が膨大な数のプロフィールに目を通すことになります。
その中で採用される人が生まれればいいのですが、たいていは時間の無駄になってしまうのです。

また、高級ソープ自体店舗数がすくないです。
たまにみかける求人には、「容姿端麗の女性限定」などと書かれてあります。
これだけを見ると美人じゃないとダメなんだ、と落ち込むかもしれません。
しかし美人の基準は面接官の裁量によります。

例えば、ミス日本に選ばれる女性を見ると、「あれ、この人いうほど美人?」と思う事はありませんか。
AKBの女性を見ても、数人は美少女がいますが、絶世の美女と呼ばれる女の子はそれほど多くないと思います。
このように美人というのは個人の主観によるものです。

だから自分的に容姿端麗じゃないと思ってたとしても、相手から見ると採用基準を満たしているかもしれません。
どうしても働きたいというのであれば、向こうからスカウトされるのを待ちましょう。
風俗サイトに登録して、自分のプロフィールと写メを登録しておけば、高級ソープから良い条件でスカウトされるかもしれません。
自分から高級ソープに応募していても面接前に落とされてしまうことがほとんどでしょう。

もしくは、大衆店でたくさんのお客さんを稼ぎ、エリアで皆が知っているほどの人気嬢になれば引き抜かれることもあります。

ソープの高級店はスタイルには厳しい

顏は人の主観ですが、スタイルに関しては少し注文がつくようです。
例えば身長は平均から160センチ以上であったり、体重は身長から115を引いた位が理想です。

おっぱいに関しても、Bカップでは厳しく、Dカップ以上が推奨されます。
年齢に関しても高級ソープに関しては25歳を過ぎると厳しくなり、若ければ若いほど有利になります。
また、妊娠性やタトゥーや痣、リスカ痕のような体に傷跡が残っている場合、敬遠される傾向があります。

経歴によって採用率があがる

高級ソープの場合は、あなたの経歴によって採用が左右されます。
例えば、あなたが元キャビンアテンダント、元モデル、元有名女子大出身だったりすると、採用率がぐっと高まります。
お客様はそういった肩書きの良い女の子を好むからです。
また、有名セクシー女優に関してもネームバリューがあるのでまず採用されます。

ただ元モデル、元レースクイーンといっても、ケバイ髪型をしていたり、歯並びが悪かったり、ガリガリだったり、ビジュアル的に不適合と思われた場合は採用を見送られます。
ソープで遊ぶ男性は、「こんなコが風俗に?」と思うような清楚なビジュアルを好みます。
したがって、キャバクラ嬢のような明るい系のギャル系のルックスはウケが悪いのです。

高級ソープは整形はOK?

美人でもないし、肩書もない。
じゃぁやっぱりダメだ、とがっかりする女の子も多いかもしれません。
ただ、最近は高級店にもなんちゃって美女が増えています。

整形の技術も上がったことで目や鼻や骨格をいじって、手間とお金をかけて整形美人になる女の子がおおおいからです。
それくらいお金を費やせば採用率もあがるかもしれません。
しかしお店もお客さんも過度の整形は見抜きます。
最近では天然系のナチュラル顏のコが好まれる傾向があります。

整形した超絶美人より、ナチュラルな平均顏の方が採用基準を満たす場合もあります。
大手ソープの場合、顔の整形は多少容認しても、豊胸に関してはNGというお店が多いです。
見た目は大きくできる豊胸手術ですが、見た目を大きくしたところで触るとわかってしまうのです。
ソープは体全体を使ってお客さんをもてなすサービス、触り心地の悪い豊胸は嫌われる傾向があります。

全身サイボーグになる前に、プチ整形程度にとどめておくほうがいいでしょう。

女の子によっては大衆店のほうが稼げる

高級ソープだと稼げる、それは確かにその通り。
しかし、高級ソープで働いてた女の子が、大衆店に出戻りすることもよくあります。

単価が高い高級ソープですが、お客さんがつかなければ結局は稼ぐことができません。
であれば、単価が低くてもお客さんがたくさんやってくる大衆店の方が手取りが増えるケースがあります。
求められるレベルもそこまで厳しくないため、高級店より気兼ねなく働けるというわけです。
高級店にこだわりたいその心意気は理解できますが、自分のレベルにあったお店を選んだ方が稼げる場合もあるということです。

ソープランドという時点で体臭店でも十分な金額を稼ぐことができます。
自分の容姿、できるサービスに合ったお店をチョイスしてください。

まとめ

働けば誰もがびっくりする位稼ぐことができる高級ソープランド。

しかし採用されるには様々なハードルをクリアしないといけません。
働いてからも客層の良い相手に、真心のこもったサービスと、きめ細やかなサービスが求められます。
やはり風俗の王様というだけあって、求められるものも多いのです。
ただお金の面で考えれば、高級ソープで働くよりも大衆ソープで働いた方が稼げることもあります。

お金と条件、天秤にかけて自分にとってベストな選択をしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました