カテゴリー
仕事内容

ソープの体験入店仕事内容は?初めてでも高収入が狙えるワケを教えます

ソープランドや風俗未経験者にとって、仕事を一番よく理解出来る方法が体験入店です。
即日体入・全額日払いのソープも多いので、稼ぎたいと思ったらすぐにお金が手に入るのも体入の魅力ですよね。

でも、初めての体入なら仕事内容さえわからないですよね。
この記事ではソープの体験入店の内容と、本当に稼ぐことが出来るのかを確認していきます。
また、体験入店と本入店の給料の違いも見ていきます。
サービスが充実した体験入店で、自分に合った働きやすいソープを見つけてくださいね。

体験入店とは?

風俗やナイトワークで導入されている制度に体験入店と言うものがあります。
採用時もミスマッチをなくすため、実際にその仕事を一日体験出来て、さらにお給料やお祝い金まで支給される、結構おいしいシステムです。
現在、ほとんどのキャバクラ・ソープランド・デリヘルなどで導入されています。

(全ての店舗で導入されているシステムではありません。)
交通費が支給されたり、お給料も高額だったりと、お店にとっては負担が大きいシステムですが、お店と仕事をしっかり理解した上で長く働いてほしいというお店側の思いもあり成り立っている制度とも言えます。

ソープの体験入店の仕事内容

キャバクラなどの乾杯系では体験入店というと、先輩の隣について仕事を覚えるイメージですよね。
仕事を覚えて実際に接客するというよりは、仕事の流れや、客層、女の子同士の関係など、入店というよりも「見学」に近いイメージです。
では、ソープランドなど、風俗での体験入店ではどんなことをするのでしょうか?
まさか、先輩について仕事を覚えるワケにはいかないですよね。

ソープの場合、「体験入店」と言っても、実際にお客様を最初から最後まで接客します。
もちろん、洗体からマット、本番もありです。
ですので、ソープの体験入店はそのままズバリ、「ソープの仕事を実際に経験する」ことになります。
もちろん、仕事が終わった後は日払いでお給料も貰えます。

では次に、ソープの体験入店はいつするのかを確認します。

体験入店はいつするの?
いつまで出来るの?

ソープの体験入店は面接後

体験入店は面接の後、講習が終わってからになります。
新人期間と体験入店を間違えそうですが、新人期間は本入店後、体験入店は本入店前になります。
ソープや風俗では、採用の場合、面接が終わってすぐに講習の説明や体験入店の予定が組まれます。
ですので、早ければ面接が終わった当日にでも体験入店をすることが出来ます。

ただ、体入と言っても本番ありのソープの仕事をするわけですから、もちろんその日のうちに体入を済ませなくても大丈夫ですので安心してください。
講習とは別の日に体入してもいいです。
詳しい日程は面接の時に決めることになります。

体験入店の期間

ソープの求人では「1日体験入店」と書かれている場合が多いですが、期間についてはお店と女の子で話し合って決めることが多いです。
大抵の場合、体入は1日~3日で終わることが多いですが、例えば「平日の昼間」と「休日の夜」ならお客様の入り方もだいぶ違いますよね。
どれだけ客入りに差があるかを見るのにも体入はぴったりです。
3日、4日と日数が必要になる場合は、何日体入したいかしっかりお店と相談して決めてくださいね。

体験入店では何時間働くの?

また、体入で何時間働くかも、女の子とお店で話し合って決めます。
風俗初心者なら、体験入店の1~2時間でもヘトヘトに疲れてしまうでしょうが、他の風俗経験があるなら8時間フルで働ける場合もありますよね。
体験入店中は時間で給料が決まるので、何時間働くかもしっかり話し合って決めましょう。

お客様には体験入店中だと申告すべき?

体験入店と言ってもソープの場合、仕事内容は本入店のソープ嬢と全く一緒です。
かと言って、講習を受けて直ぐにソープのサービスを完璧にすることなんて不可能ですよね。
では、お客様には自分から「体験入店中です」と申し出たほうがいいのか?

こちらについては、お店の側でお客様に説明してくれるので大丈夫です。
お客様も体験入店の子が嫌だったらしっかり断ってくれるので安心して体入してくださいね。

地方からも体験入店出来るの?

すすき(札幌)、吉原・歌舞伎町(東京)、中洲(福岡)など、有名ソープ街は日本全国にあります。

地方から大都市のソープランドに体験入店することは出来るのか?
地元で顔バレしたくない、出稼ぎで風俗をしたい人にはとても気になることですよね。
現在、都心の有名ソープ街では、地方からの体験入店を受け入れている場合が多いです。
ソープでは地方在住者のために家具・家電付きの高級マンションを借り上げている場合も多いのです。

マンションのあり・なし、など詳しい内容はHPにかかれていない場合が多いので、地方在住で都会のソープで働きたい、体験入店をしたい人は一度お店に問い合わせてみてくださいね。
地方在住だから体入は無理と諦めてはもったいないです。

体験入店と給料

体験入店の給料は本当に払われるの?

ソープの体験入店の求人を見ていると「日給10万円!」だとか、昼職だとありえない金額が1日で稼げると書いていますよね。
でも、これって、本当に支払われるのか少し気になりませんか?
このような広告は、勤務時間が書いていませんが、「8時間働いた場合、満額で10万円」と言う場合が多いです。
体験入店は2時間とか3時間で済ませる人がも多いですが、そこを最大まで働いた場合、10万円ということです。

また、体験入店は1時間ごとに給料がアップする場合が多いです。
例えば勤務時間と給与の推移はこんな感じです。
「1時間:9,000円」
「2時間:20,000円」
「3時間:32,000円」こう見るとわかりますが、体験入店は時給制なんです。
(本入店だと出来高払いになりますので注意してください。)
ですので、ソープの求人に書かれている「体入給与10万円!」というのは嘘ではないので安心してくださいね。
女の子によって体入で働く時間もバラバラなので求人では、最高でいくら稼げかを書いている場合が多いのではないでしょうか。

体験入店と祝い金

ソープでは、体験入店の時に「祝い金」が支給される場合がありますね。
この祝い金も「祝い金10万円」とかなり高額なので実際に払われるのかちょっと不安になりますよね。
この祝金も「3日間の体験入店全て8時間勤務で満額10万円」など、店舗によって条件がありますので、必ず確認するようにしてください。

体験入店の給料はいつ支払われるの?

体験入店後の給料はその日のうちに現金で支払われる場合が多いです。
(即日日払い)
「体験入店の後、本入店しないと払われない」という悪質なものではないので安心して応募してください。

体験入店と本入店は給与計算の違いに注意!

体験入店の給料と本入店の給料は計算方法が違いますので注意してください。
体験入店の場合は時給制ですが、本入店した後は完全出来高制です。
女の子の中には体験入店と本入店の給料が違いすぎると言って辞めてしまう子も居るようなので、給料の計算方法は違うものとして理解しておいてくださいね。

体験入店でチェックするポイント

ここからは本入店後も安心して働くために、体入の時にチェックしたいポイトンをまとめました。
安心して働ける環境か見極めましょう。

お店は綺麗か

店舗の清掃は行き届いているか、共有スペースは片付いているかを確認してください。

ごちゃごちゃしている、清掃が行き届いていない場合、問題がある店のことも少なすないので、衛生状態はしっかりチェックしましょう。

男性スタッフは丁寧か

何かあった時に助けてを求める男性スタッフがどんな人達かもしっかりチェックしてください。
やる気がなさそうだったり、高圧的だったりすると何か問題があった時も頼りにくいですよね。

自分の働きたいソープは男性スタッフも問題なく働ける環境か、チェックしてくださいね。

個室待機か集団待機か

待機場所は個室か?
集団か?

も重要です。
一人のほうが落ち着く人は個室待機のほうがいいです、一人は寂しいなら集団待機のほうがいいですね。
自分の性格にあった待機方法が選べるかもチェックが必要です。

回転率はどうか

せっかくソープで稼ごうと思ったのに、お客様が全然こないなら意味がないですよね。
体験入店の時に1人も接客しない、休日でも忙しいとは程遠い場合、そこで働いてもなかなか思うように稼ぐことは難しいでしょう。

客層は?

柄が悪い、悪態をつくようなお客様が多いなら、どんなに稼げると言っても、長く働くのは難しいですよね。

客層が悪い場合も本入店は控えたほうがいいでしょう。

給料形態・罰金

体験入店後の給与形態もしっかり確認しておきましょう。
これは面接の時に説明される場合が多いですが、体験入店でも内容に偽りがなかいを確認しておきましょう。

特に、罰金や経費などどんなお金が引かれるかも重要な確認項目です。

「体入荒らし」とは

最後に、ソープや風俗業界でブラックリスト入りする可能性のある「体入荒らし」について説明します。
体験入店は出ていくお金も多いし、稼ぎにはほとんどならないので、店舗の負担が大きい仕組みです。

ですが、女の子にとってはおいしい場合が多いので、この体験入店を次々やって荒稼ぎする嬢を「体入荒らし」といいます。
体入荒らしだと、バレると、もう二度と周辺のソープ街で働けなくなる場合もあります。
(面接に通らないです。)

まとめ

以上がソープの体験入店についてでした。
体験と言っても、ソープの場合は本入店と仕事内容はかわりません。

それでも、初心者が一日で本入店の嬢並みに稼ぐことも出来るので、体入はかなりおいしい制度とも言えます。
そんな体験入店の制度を悪用すると「体入荒らし」としてブラックリスト入りしてしまう場合もあるので気をつけてくださいね。
体験入店の制度を利用して、自分にピッタリのソープを探して見ましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です