人妻熟女店で働く前に知っておきたい面接時の注意点について

風俗で稼ぎたいと考える30代や40代の女性が増えています。
もしあなたがそうした場合、気になるのはそういった熟女でも風俗で働けるのかということでしょう。
今回は30代40代女性が風俗で必要とされる条件、また面接の心構えについて解説します。

人妻・熟女層がアダルト業界で人気な理由

まず面接に行くにあたって気になるのが、30代や40代の女性でも風俗で稼ぐことができるのかなという点です。
結論からいうともちろん30代や40代の女性でも風俗で働くことが可能です。
もちろん稼げない女性もいますが、きちんと稼いでるアラサー以上の女性は沢山います。

多くの日本男性は若い女性が好きですが、20代女性より30代40代の女性が好きな男性も増えているのです。
これは印象ではなく、きちんとデータとして出ています。
たとえばFANZAの2018年人気キーワードランキングでは、「熟女」が一位となりました。
巨乳や痴漢といった人気ジャンルをおさえての快挙です。

人妻」に関してはランキング4位。
いかに熟女や人妻というジャンルが、いま時代に求められてるかがわかるでしょう。
これは何故かというとあなたが歳をとっているのと同じように周りの男性自身も歳をとっているからです。
そもそも若年層は風俗で遊ぶお金がありません。

人妻熟女が好きな中高齢者層はお金を持っていて、そういった層がアダルト業界にお金を落とします。
そのため、そこにうまくアプローチできれば、30代40代女性でも十分に風俗で稼ぐことができます。

アラサー以上の女性は人妻熟女店がねらい目

あなたがアラサー以上の年齢で風俗で働きたいと思っているのなら、まず求人広告で30代以上でも雇ってくれるお店を探しましょう。

若い女の子を集めている業種では30代以上の女性は面接に行く前に弾かれてしまいます。
そういったお店はいくら条件が良くても働けません。
30代以上の女性は、人妻や熟女店が募集しているので、そういったお店に狙いを絞りましょう。

人妻熟女層が働ける風俗ジャンル

働けるジャンルは、ソープやデリヘルやホテへルから、M性感というジャンルまで幅広いです。
どのお店にも人妻熟女系のジャンルがあり、そういったところに応募すれば面接までたどり着くことができるでしょう。
唯一オナニークラブ、通称オナクラに関しては若い女性や容姿の良い女性を求める傾向があるので、オナクラで働くのは難しいかもしれません。
また、高級店に関しても同様

こちらも容姿や体型や年齢によってある程度枠が狭まるので、働くのは難しいかもしれません。

面接に行く前の心構え

お目当てのお店をみつけて面接に行きたい。
その前に心掛けておくことがあります。

それは風俗業界を舐めてはいけないということです。
昔は女性の裸の価値が高く、ある程度の容姿なら誰でも稼ぐことができました。
しかし今は働く女性も増えていて、なめた態度をとったり、言葉遣いがなってないとたちまち面接で落とされてしまいます。
たとえ風俗といっても社会人の最低限の言葉遣いや気遣い、身だしなみなどは大切です。

容姿が優れている女性でも、面接時の言葉遣いや態度が悪いと短い時間ですぐに帰されることがあります。
風俗だから、と下に見ずに最低限のエチケットはわきまえましょう。

面接におすすめなファッションは?

続いて面接に着ていくファッションについて解説します。

30代40代向けの人妻熟女店で求められるファッションですが、高級ブランドを着ていく必要はありません。
ただ、過度な若作りはやめましょう
たとえばギャルのような格好したり、アニメのプリントが入ったシャツを着ていたり。
そういった服装は学園系で働く10代女性向きで、アラサー以上のファッションとしては痛いです。

また、ジーンズもやめたほうがよさそうです。
ボーイッシュな服装や気をてらったファッションはNG。
人妻熟女らしい服装、たとえばふんわりとしたスカートやワンピースが良いのではないでしょうか。
イメージとしては久々の同窓会に出かけるときに着用するような異性を少し意識したファッションがお勧めです。

髪型や靴やネイルも見られている

あなたが働くのは30代40代の女性が好きな男性がやってくるところです。
自分の適性に合った服装をしましょう。
もちろん髪型も同様です。

髪型がきれいであれば顔が多少崩れていても美人に見えるものです。
女性の全体的な印象を形作る美しい髪型。
ヘアスタイルに気を配るのはもちろん、自分でセットするより美容院でヘアメイクしてもらうといいでしょう。
柔らかい印象をつけて気品のある雰囲気にすると、面接で採用される確率もぐっと高まります。

靴やネイルなど、細かいところにも配慮しましょう
汚い爪先や、ボロボロの靴などを履いていくと細かくチェックされて、不採用になってしまうこともあります。
面接前でお金がなくても最低限の身だしなみは整えておきましょう。
サンダルやスニーカー等もやめたほうがよさそうです。

靴などは安物でもいいので新品のハイヒールをはいていくと良いでしょう。

身バレ対策をしているかチェックしよう

もし旦那さんがいたり、お子さんがいたりするなら、絶対したくないのが身バレだと思います。
面接では、ちゃんとそういった身バレ対策をしているかどうかについて聞いておきましょう。

例えばあるホテヘルではお客さんが来た時、モニター越しで顔を確認できるので、知り合いに鉢合わせしません。
また、アリバイ用のダミー会社の領収書を作ってくれるお店もあります。
こういった身バレ対策をしているのはお店によって違うので、面接の時にきちんと聞いておくと安心して働けます。

容姿以外に面接で採用されやすい条件について

面接で採用されやすい条件として、シフトをたくさん入ってくれる女性というのがあげられます。
週一勤務や週二勤務といった場合でも雇ってくれるお店はありますが、シフトに融通が利く女性の方がより雇ってもらいやすいです。
これは人妻熟女系の店以外でも同じです。
もし自分の容姿に自信がないのであれば、せめてシフトの融通をきかせましょう。

お店側もやる気のある女性のほうを優先して採用してくれます。
自分でいちいち応募するのが面倒であれば、風俗サイトにあるスカウト機能を利用しましょう。
プロフを見て気に入った風俗店から自動的に面接のお知らせが来るので、自分から条件にあうお店を探さなくても、お店側から声をかけてくれます。

結婚してなくても人妻主婦店で働けるの?

私は確かに30代だけど、実際に結婚してない。
そんな人でも人妻店で働くことができる?
という疑問があります。
こちらも結論から言えば問題なく働くことができます。

実際に結婚してようがしてなかろうが、人妻らしいキャラを演じることが大切なのです。
その演技力があれば稼ぐことができます。
もちろん旦那さんがいても大丈夫ですし、実際未婚の女性でも人妻として稼いでる人はたくさんいます。
重要なのはあなたの見た目と適正です。

若く見えるのであれば30代でも20代女性と一緒に働くことができますし、20代の女性でも見た目が老けていると熟女枠です。
いずれにせよ人妻熟女店でもとめられるのは、若い女性にはないフェロモンや包容力、落ち着いた物腰。
こういった人妻熟女を好む要素を満たしているかが重要です。
笑い声がおばちゃん臭かったり、がさつな女性は、いくら容姿が良くても面接で厳しくなります。

逆にいうと、たとえ40代以上でも話しているだけで癒される、そういった女性は何歳になっても稼ぐことができるのです。

まとめ

人妻熟女風俗の面接についての解説でした。
高齢化社会の日本では、人妻熟女向け風俗の需要が年々高まっています。

歳をとったことをマイナスではなく自分の武器として捉えられる女性は、若い女性に負けない魅力があります。
私は歳だから・・と年齢を気にせず人妻熟女店へ面接に行ってみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました