ソープの新人期間はいつまで?新人期間にしておくといいことって?

ソープランドでは入店してから一定の期間を「新人期間」としてお店で働きます。
新人というと稼げないイメージですが、昼職と違って、風俗では新人の時こそ稼ぎ時といっても過言ではありません。

この記事ではソープの新人期間はいつまでか、新人期間に稼げる理由、新人期間にしておくといいことをまとめています。
これからソープデビューの女の子はこの記事を読んで、新人期間を最大限活かしてくださいね。

ソープの新人期間はいつまで?

面接・研修・体験入店も済んで、いざソープで本格的に働く時、まず「新人期間」の泡姫として働くことになります。

普通のお店だと「新人」は時給が低く稼げないイメージがありますよね。
ですが、風俗業界では、新人期間が一番の稼ぎ時だとさえ言われています。
では、気になる新人期間はいつまでなのかを見ていきましょう。

新人期間はお店によってバラバラ

結論として、新人期間の考え方はお店によってバラバラです。
入店から1ヶ月」と日数単位で新人期間を定める場合と、「入店から○回目の出勤まで」と出勤回数で定めている場合があります。
傾向としては、入店から1ヶ月など、日数単位で新人期間をカウントしているソープが多い印象です。
また、日数も1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月と期間が異なりますが、有名店や、ソープの激戦区では、「入店から1ヶ月まで」を新人期間として定めているお店が多いです。

新人期間が短いところは、それだけ、毎日新しい女の子が入店してくるというわけです。
気になる場合はお店のホームページを確認してみてくださいね。

新人期間は掲載順位も上に

お店のホームページを見て、「どの女の子が新人さんか?」ひと目でわかるように、大抵のソープでは新人の女の子が「在籍コンパニオン」のトップに来る配置になっています。
女の子のパネル付近に「新人」や「初心者マーク」をつけて、ひと目で「新しく入った子」とわかるようにしている場合がほとんどです。
「在籍コンパニオン一覧」の他に「新人紹介」など、新人さんだけを紹介するコーナーを作っているソープランドも少なくありません。
それだけ、新人の女の子はお客様からの需要も高く、お店としても女の子が稼げるように売り出してくれるというわけです。

ソープの新人期間の給料は?

昼職だと「新人」は時給が低い場合もありますよね。
でも、ソープでは時給という考え方ではありません。
お客さんを何人取ったか?

という完全出来高制なので、「新人」だから給料が低い、稼げないということがありません。
それどころか、新人さんはフリーのお客様を優先的に回してもらえるなど、とても稼ぎやすいんです。
新人の時はとにかく色んなお客様を接客することが、今後の仕事を上手く進めるには大切です。

ソープの新人期間はメリットがいっぱい

繰り返しになりますが、ソープでは「新人期間ほど稼ぐことが出来る」と言われています。
でも、性的なサービスも接客もしっかり出来ない、仕事だって覚えることが多い新人の時に、本当に稼ぐことが出来るのか、少し不安にもなりますよね。
だって、お客様は濃厚な性サービスや特別な癒やしの時間を求めて来るのなら、経験を積んだベテランソープ嬢を指名しないか?
と思いますよね。

ここからは、「新人風俗嬢がなぜ稼げるのか?」新人期間のメリットを見ていきましょう。

メリット1お客様の料金割引

まず、お客様が新人ソープ嬢を選ぶ理由の1つが「新人期間割引」を導入しているお店が多いからです。

料金の○%OFFや、プレイ料金が3,000円引きなどの場合が多いです。
そのお店にお気に入りの女の子がまだ居ない場合、新人さんに相手をしてもらったほうがお客様のお財布にも優しいという分けです。

メリット2新しいモノ好き

「新しいモノ好き」は日本人に多い傾向ですよね。

初詣・初鰹・初日の出…と、「初」のつく熟語が多いことからも、新しいものが好きな国民性が現れています。
そのため、ソープでも「初心者」=「新人」は歓迎されやすいです。
新人さんのデビュー相手が自分となると、お客様としても特別感を味わえます。
また、風俗が好きな男性の中には、色々な女の子と遊びたい人も多いです。

そんな時、行きつけのお店の新しい女の子は是非とも遊んでみたい存在。
新人さんは「新しい女の子」というだけでも、価値があるんです。

メリット3新人期間はPRが充実

ソープでは、新人さんのPRにも力を入れています。

HPを見れば「期待の新人!」と言った見出しが踊っていることからもわかるように、新人さんを全面的にPRしています。
新人さんのプロフィールをインタビュー形式にして、少し長めにしての乗せていことも多いですね。
また、常連のお客様にも「新しい子が入ったんですが、いかがですか?」と積極的に進めているのだとか。

このように、新人期間のソープ嬢は自分からせっせと売り込みに行かなくても、お客様を積極的に紹介してもらえる仕組みが出来上がっているのです。

メリット4お客様を優先的に回してもらえる

また、ソープの新人期間では、お店のお客様を優先的にまわしてもらえるという特徴があります。
例えばフリーで来たお客様(指名の女の子がいない)は、基本的に新人期間の嬢に回されます。

お店としても、せっかく新人として来てくれた女の子にすぐに辞めてほしくはないので、新人期間は出来るだけ仕事が取れてお金を稼げるように配慮してくれます。
面接の時に一日どれくらい稼ぎたいかを聞かれるのは、「新人期間中どのくらいお客さんをその子に回したらいいか?」を確認するためでもあります。
以上から、ソープでは新人さんが稼ぎやすい仕組みが出来上がっていると言えます。

もし、新人期間にも関わらず1人もお客様がつかないお店なら、そもそも全体の客数が少なく、稼ぐのは難しいお店だと思ってもいいと言えます。

ソープは新人期間が過ぎた後は稼げない?

入店から1ヶ月前後の新人期間は店でも全力でPR、サポートしてくれます。
ですが、新人期間を過ぎた後は、他の古くからいるソープ嬢と同じ状態でお客様を取らないといけません。

ソープは完全出来高制なので、お客様がつかなければお給料が出ない、稼ぎが無いのと一緒です。
ですので、ソープ嬢の中には「新人期間は稼げたのに、その後は稼ぐことが難しい」状態に陥ってしまう人も居なくはないのが現実です。
では、新人期間が過ぎた後はどのように稼げばいいかを見ていきます。

本指名を増やす

一番理想的な方法は「自分を指名してくれるお客様を増やす」方法です。
ソープでは「本指名を返す」などと言われることがありますが、自分の元に通ってくれるお客様が増えれば、それだけしっかり稼ぐことが出来ます。
ただ、本指名には「指名料」が発生するなど、お客様の負担が増える場合もあります。
お客様がお金を払ってでも自分に会いたいと思ってもらえるソープ嬢になることが風俗で稼ぐ一番の近道です。

ソープの新人期間を転々とする?

本指名を増やすとは別に、地域のソープランドを渡り歩くという方法もあります。
稼ぎやすい新人期間を渡り歩いて、稼げなくなったら次のお店に移るという方法です。
ソープの多いエリアでは出来なくはない方法ですが、店を次々と変える嬢は「転々虫(てんてんむし)」と言われ、お客様・お店、どちらからのイメージも悪くなります。

お客様は様々なソープランドに行っている方が多いので、店を変えても、結構簡単に前のお店がバレてしまいます。
そうなると、新人期間で紹介されていても遊ぼうとは思わないですよね。
お店の場合も、風俗業界ではオーナー同士の横の繫がりが強いため、転々虫はすぐにバレてしまうものです。
新人期間(稼ぎやすい期間)が終わるとすぐに店を変える子だとわかってしまうと、酷い場合には面接も通らなくなるとのこと。

ですので、単発のバイト感覚でソープに入るのならいいですが、今後もソープや風俗業界で働いたいと考えるなら、「転々虫」になるのはおすすめ出来ません。

新人期間に本指名を増やす方法

ソープでしっかり稼ぎたいなら、スタートダッシュとも言える新人期間に、どれだけ本指名に繋がるお客様を増やせるかがカギとなります。
ここからは、新人期間終了後も継続して会いに来てくれるお客様の獲得方法を、ご紹介します。

出勤回数を増やす

出勤すれば、それだけお客様に顔を覚えてもらえます。
それだけでなく、フリーのお客様を優先的にまわしてもらえるので、お給料に直結します。
また、新人期間はソープの接客・プレイ方法など、覚えることが沢山あります。

新人期間に週1で出勤するよりも、出来る限り出勤して仕事を覚えてしまうのも方法です。
最初に詰め込んで仕事を覚えてしまえば、その後も楽にこなすことが出来るでしょう。
ただし、無理をしすぎて体を壊してしまっては元もこもないので、自分の出来る範囲で最大限出勤するのが、新人期間後も安定した売上に繋がる方法です。

接客は礼儀と愛想・愛嬌を大切に

ソープどころか、風俗が初めての女性なら新人期間に満足なサービスをお客様にできないのが当たり前です。
洗体がぎこちない、マットで上手く動けない、本番のタイミングがわからない…。
お客様も、新人期間の女の子はそれが当たり前と思って来てくれている場合がほとんどでしょう。
中には新人期間にお客様からマットの動き方を教わったという嬢もいるくらいです。

どうしたってサービスが不十分なんだから、新人期間は礼儀正しく、愛嬌と愛想だけは忘れないでくださいね。
どんな職業でも新人さんが一生懸命、笑顔で働く姿は応援したくなりますよね。
新人期間の時は、是非「応援したくなる」嬢を目指して接客してください。
頑張っている姿がお客様の心をつかめば1ヶ月後でも、「そう言えばあの新人の子、まだ頑張ってるかな?」と次の本指名につなげることができます。

写メ日記の更新

お店の写メ日記は積極的に更新しましょう。
新人期間だけでなく、新人期間終了後も写メ日記をまめに更新している嬢の方が、お客様を獲得しやすいです。

プロフィールだけでなく、その子がどんな子かわかる、文章や写真が載っている。
その方が何もない子よりも、お客様が興味を持つのは当然ですよね。
写メ日記は出勤前・待機中・退勤後など、更新時間を決めてしまうと続けやすいですよ。
仕事の一貫として、ぜひ日記の更新をクセにしてしまいましょう。

グラビアを多くする

ソープの中には写メ日記だけでなく、グラビアやムービーを載せているところも多くあります。
自分を売り込めるメディアがある場合はどんどん活用しましょう。
ソープで指名の多い女の子のページを見ているとわかるのですが、とにかく写真やムービーが多いです。

グラビア写真も男性の妄想を刺激するような、過激なものを載せている嬢もたくさんいます。
新人期間を過ぎても指名のある売れっ子になりたいと思ったら、使えるメディアはフル活用するといいでしょう。

仕事内容をしっかり覚える

新人期間ならマットやお風呂のプレイがまだまだでも許されるかもしれません。

でも、新人期間を過ぎても性的なサービスが未熟なら、次に本指名でお客様が来てくれることはまずないでしょう。
ソープの場合、一度接遊んだ嬢がいまいちだと判断されると、次に本指名が返ってくることはまずないです。
なので、出来れば新人期間のうちにフェラ、マット、スケベ椅子など、ソープの基本となるプレイ内容をマスターしておいたほうがいいでしょう。
お店によっては女の子が希望すれば苦手なプレイの講習をしてくれることもあります。

また、現在はネットでも性的なサービス方法を動画で勉強することも出来ます。
本指名のお客様を増やして、ソープでしっかり稼ぐためにも、技を磨き続けることが大切になってきます。

まとめ

以上がソープの新人期間が稼ぎやすい理由と新人期間にするといいことでした。

素人っぽさがいい、手慣れていない恥ずかしそうなところがいいなど、風俗業界では新人さんの人気は高いです。
せっかく稼ごうと思ってソープに入ったなら、一番稼ぎやすい、勢いに乗りやすい新人期間をフルに活用しましょう。
新人だし、上手くサービス出来る自信もないし、お客様を断るのはとってももったいないです。
何人も接客することで、サービスも上達していきますよね。

転々虫にならないためにも、新人期間に自分の良さをお客様にアピールして本指名獲得を目指しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました