M性感やSMクラブの体験入店は他の業種とちょっと違う

SMクラブやM性感のような業種で働きたい。
そういった女性が気になるのが仕事内容についての情報です。
ソープやヘルスのようなサービスがイメージできる業種と違い、SMクラブやM性感ではどういう仕事をするかがわからない人も多いでしょう。

お店はそのような未経験者にわかりやすく仕事を教えるために体験入店という制度を用意しています。
求人広告などを見て体験入店可能と書いてあるのをみたことがありませんか?
今回はSMクラブやM性感の体験入店情報についてまとめました。

体験入店ってそもそも何なの?

まず体験入店という制度がわからない人もいるかもしれませんのでおさらいしましょう。
今ではない業界の方が珍しいのではないでしょうか。
キャバクラやナイトワークではお馴染みの制度です。
体験入店とはその名の通り入店を体験することで、初心者の女性をお試しで働かせる制度のことです。

昔、風俗業界はあまり良いイメージを持たれていませんでした。
したがっていざ働こうと思っても女性側が躊躇してしまうことが多く、なかなか応募まで踏み出すことができなかったのです。
最近でこそ風俗で働いていたりAVに出る女の子がテレビ番組でちやほやされますが、そうした風潮ができる前に、女の子が一人でも多く働きやすい雰囲気を作ったのがこの体験入店制度。
体験入店を通して仕事ぶりを肌でわかってもらった状態で改めて入店を促すのがお店側の狙いです。

これを経験させることで、風俗で働くという女性側の嫌なイメージが薄まり、気楽に面接に行けるようになったのです。
マニュアルや講習を受けて、実際お店で働いたときどういう仕事をすればいいかというのを肌で体験できます。
体験入店のいいところは無給で働かされるわけではないところ。
実際本入店したときのようにきちんと給料も出るのです。

だからいろんなお店を吟味しつつ、日雇い感覚で働く女の子もいます。
女の子が1人で風俗業界に足を踏み入れるのは非常に勇気がいることです。
やめたくなってもやめられない、怖い思いをするかもしれない。
体験入店であればそんなこともなく、嫌だったらすぐやめればいいだけです。

このように、不安な女性にとって体験入店はとてもありがたい制度なのです。

気になるSMクラブの体験入店について

では実際体験入店ではどんなことをするのでしょうか。
基本的に体験入店はどの業界でも職場をみたり、マニュアルを読んだり、講習を受けたりすることが多いです。

もちろんルックスがお店が求めるレベルではなかった場合、講習までいかないかもしれませんが、基本的には実際に働くところまでが体験入店となっています。
体験入店でもお店によっては日給保証がある場合もあります。
ただSMクラブの体験入店については、他業種の体験入店とは少し毛色が異なります。
というのもSMクラブはそのプレイ自体が他の風俗とは違うからです。

一般的な性的サービスとは違い、SとMに分かれてサービスを行うのがSMクラブの特徴です。
きちんとした技術とノウハウがないと、いざお客さんが来ても何をしていいかわからなくなってしまいます。
どちらの役割を演じるにしろ、SMクラブはお客様とキャストに信頼関係がないと成立しない世界です。
ただ痛いだけ、ただ苦しいだけ、という苦痛しかないのではサービスとして成立しません。

一般的にSMクラブでは鞭を使ったりろうそくを使ったりする事はわかっている女性でも、どのくらいの強さで叩けば良いのだろうか、ろうそくはどうやって使えばいいのだろうかと分からないと思います。
これではお客さんもプレイに集中できませんし、お金を払ってでも満足なサービスを与えることができません。
以上のことからSMクラブについては体験入店から即お客さんをあてがう、というのは稀のようです。
まずは先輩キャストと一緒にお客さんを接客し、実際のサービスを目の当たりにしてどういったプレイをするのか体で覚えさせるやり方が一般的です。

いずれにせよお店によって異なりますので、まずは面接の段階でお店側に詳しく詳細を尋ねてみるのをおすすめします。

M性感の体験入店も独特だったりする

M性感の体験入店についてもSMクラブと同じようなことがいえます。
ソープやヘルスであればマットプレイなどを覚えなくてはいけません。

M性感もそれと同様に、お客さんの前に出しても満足いくサービスができるまできちんと講習で細かい技術を習得する必要があります。
講習期間については風俗店によりけりですが、1日で終わるところもあれば1週間近くきっちり講習を受けさせるお店もあります。
というのもM性感は細かい技術を習得してないとお客さんを満足させることができないからです。
SMクラブとはまた違う特殊なテクニックが必要とされる業種です。

ハードなサービスはありませんがプレイが特殊なのです。
例えばアナル攻めをして男性をドライオーガズムに導いたり、男の潮吹きをさせて男性に射精とは違う性的快感をもたらす必要があります。
自分が受け手に回らないのがM性感の最大の利点ですが、その分男性を通常サービス以上に気持ちよくさせることが求められます。
だからこそ、特殊な技術をもってないとお客さんを満足させることがないのです。

そうした技術を学ぶためにきちんと講習を受けて、体験入店の時点である程度コツをつかむ必要があります。
M性感でもSMクラブと同様に、まずは先輩キャストと一緒に接客してやり方を学んでからソロデビューする、というお店もあるようです。

体験入店前の面接でスッキリしておこう

もしあなたがM性感やSMクラブで働きたいと思ったらまずは応募してみましょう。

面接でまずは必ず身分証明書の提示が求められます。
またたとえ18歳以上であっても高校生は働くことができません。
日本国籍であり18歳以上であればとりあえず働くための条件は満たしています。
お店に行って面接を受けたらまず働く上で自分が気になっていることを質問しましょう

特にお金の問題は後々揉める原因になるので、広告と違う条件を出されたり、少しでも疑問に思った事はきちんと尋ねたほうがよさそうです。
一般的にM性感にしろSMクラブにしろ歩合制となっています。
見かけの給料が高くてもそこから差し引かれる金額が多く、実際に思ってた給料と違うと思うことがよくあります。
備品代や雑費など、思ってた給料より低いということで後々揉めることになります。

このあたりはお店によって違うので、きちんと尋ねてスッキリしておきましょう。
もし面接の時点で納得ができなければ働くのを見送ったほうがいいかもしれません。
あなたが納得しない状態で働いても良いパフォーマンスは発揮できないからです。
しかしあなたがお店を選ぶのと同様に、お店側もあなたを選別しています。

面接で会ってみて向こうが採用してくれないと思ったら体験入店まで行くことができません。
大体面接の後体験入店が行われますので、面接後体験入店の打診がない場合あきらめたほうがよさそうです。
「後日また連絡します」などとお茶を濁されたら採用の見込みは薄いです。
その場合は潔く他のお店に行くなど、次のお店に気持ちを切り替えましょう。

もし自分のスペックに自信があり、年齢も若い。
それなのに採用されないというのであれば在籍している女の子がたくさんいる状態なのかもしれません。
タイミングの問題もありますのでそういった場合は気持ちを切り替えましょう。

入店するつもりのない体入り荒らしになってはいけない

もしどのお店に行っても体験入店さえさせてもらえない。
そういった場合あなたはもしかしたら体入り荒らしだと思われているかもしれません。
体験入店はお試し期間なのにかかわらず給料がもらえるとても優れた制度です。
しかしその制度を悪用する女の子が後を絶たないのです。

お店側が体験入店をさせる理由は、入店につなげたいからです。
お客様が技術的に満足できない新人でも、いずれ人気になってもらえば、と思って優遇してくれるのです。
料金を安くして赤字前提で指名させたり、店に馴染んでもらうためにフリーのお客さんを回してくれたり、優遇してくれます。
そういった優遇期間を悪用して体験入店だけを繰り返し、本入店をする気がないのに体験入店を繰り返す女の子がいるのです。

これは体入荒らしや転々虫と呼ばれる嫌われる行為です。
こういった行為をしている女の子は、エリアの風俗店に情報が共有され、どの店に行っても面接時点で門前払いを食らってしまう公算が高くなります。
もしあなたがいろいろなお店に門前払いをされているのであれば、こうしたブラックリストに入っているかもしれません。
体験入店も便利な制度ですが、入店にするつもりがないのに優遇期間だけを利用する体入り荒らしにならないようにしましょう

体験入店でココだけは確認しておきたい

体験入店で確認すべきことについて解説します。
たくさんあります。
まずはお店の条件を知ることです。

例えばオプションについては詳しく知っておいた方が良いでしょう。
M性感では基本的に触られる必要がない業種です。
しかしオプション次第ではハードな業種と変わらないプレイをする必要が出てきます。
それがオプションであれば良いのですが、他店のオプションが別の店では通常のプレイのサービスに入っていることがあります。

そうなると働いたことを後悔します。
あらかじめ事前にどんなオプションがあるのか、体験入店の時点で調べておく必要があります。
例えば、手コキや言葉責めまでは良いのですが、フェラをしたりアナルファックがあったり、もはや通常のヘルスで働くのと変わらないようなオプションもあったり。
もっともオプションであれば拒否をすればいいのですが、通常サービスに入っていたら問題です。

すればするだけ自分に返ってくるオプションですが、せっかくM性感で働くのですから、受け身にならないプレイにとどめておきましょう。
SMクラブの体験入店は攻めるS側になるのかM女になるかで仕事内容に大きな違いがあります。
S側で働くのであれば細かいテクニックが必要となりますが、基本的に自分が苦痛を被る事はありません。
しかしM女として働くのであれば、お客さんに責められることになります。

そうなると自分が痛みを伴うプレイが主体になります。
口汚く罵られたり、場合によっては水責めやローソク責めといった体や心に傷が残るような嫌な思いをすることもあります。
自分がその属性にマッチしていればいいかもしれませんが、そのようなものを望んでない場合、あなたにとって全く向いてない業種になってしまいます。
こういったことを体験入店や面接の時点で確認しておきましょう。

こういったどこまでが通常サービスの範囲内か、聞かれるまで教えてもらえないこともあるので、きちんと体験入店の時に確認しておきましょう。
またお客さんの入りがどの業種で働くにしろ1番肝心です。
M性感にしろSMクラブにしろ、入店後は待機時間が給料に含まれません。
日給保証がある店なら別ですが、お客さんを接客してなんぼの世界です。

したがって、お客さんが全く来ない店ではいくら待機していてもお金にならないのです。
たくさんお客さんが来るようなお店、電話がたくさんなっているような店かどうか確認しましょう。
面接では客入りについてまで教えてくれません
体験入店をして自分の目できちんと確認してお店が繁盛しているかどうか見極めましょう。

そしてスタッフや同僚の質も働く上で大切な問題です。
風俗はお客さんを相手にするサービスですが、待機所ではスタッフや同僚とのコミュニケーションが求められます。
そこで嫌な同僚でもいたら働くのが苦痛になったり、あなたが人気になったとき嫌がらせされることもあります。
また、言葉遣いのわからない男性スタッフなどは、敵に回すとフリーの客をあてがわれなくなったり、周りの同僚が嫌がるお客だけ押し付けられたりします。

体験入店で人間の性格まで把握できるわけではありませんが、少しでもわかるようお店全体の雰囲気を見ておきましょう。
結局人間関係が1番大切です。
同僚に恵まれているかどうかを確認しておくと、本入店したときに気持ちよく働くことができます。

まとめ

M性感にしろSMクラブにしろ、働きたい女性にとって体験入店は非常に便利な制度です。
賢く利用すればどの店が自分に合っているか、うまく見極めることができます。
しかし体入を繰り返すことで体入り荒らしと思われてしまうとどこのお店でも働くなってしまうので注意しましょう。
多用しすぎはよくないので、ある程度の妥協は必要です。

どちらの業者も細かい技術やテクニックが求められますが、講習できっちり学べば稼げるようになるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました