妻熟女風俗で新人期間稼げる2つの理由と3つの注意点

誰もが最初は新人です。
あなたがもし昼職をしていても、初めて風俗で働くのであれば1からのスタート、新人扱いです。
この新人期間が実は風俗にとって非常に重要な期間です。

この新人期間のうちにどういった勤務態度を取るかによってその後稼げるかどうかが決まります。
今回は人妻熟女風俗で働こうと思ってる女性のために、新人期間の重要性について解説します。

風俗嬢の新人期間は稼ぎ時

風俗では新人と玄人、どちらのほうが稼げるとおもいますか?

それは新人だろうと思いきや、実はたいていの女性にとって稼げるボーナス期間なのです。
もちろん指名トップの風俗嬢には勝てませんが、平均的な女性よりも稼げたりします。
なぜ新人なのに稼ぎやすいのでしょうか。
それは以下の2つの理由があるからです。

新人好きなお客さんが多い

まず一つ目は、風俗慣れしてない新人を好むお客さんが大勢いるからです。
あなたも理解できると思います。
コンビニなどで、新商品と書かれた商品はなぜか手を伸ばしたくなるのが人の性。

それと同じように、男性も新人と書かれてあるとついつい指名したくなるのです。
普通のサービス業であれば、接客慣れしたスタッフの方が安心してサービスを受けることができます。
ところが風俗というジャンルでは、まだ接客慣れしてない新人の方が鮮度が高く、男性ウケが良いのです。
また、男性は女性より優位に立ちたいという気持ちがあり、自分が育ててモノにしたいという下心もあります。

だから、新人が入った情報を聞きつけるとすぐに指名するお客さんが多いわけです。
そうしたことから新人期間は稼ぎやすい土壌があるのです。

お店の後押し

そしてもう一つがお店です。

新人期間お店は積極的に新人をプッシュします。
新人はまだ固定客がいません。
新人好きのお客さんから指名を取りやすいのは確かですが、そうはいっても働いてることを知ってもらわなくてはいけません。
新人が入ると、大抵のお店はホームページ上に新人のプロフィール画像やパネルの目立つところにいれてくれます。

そしてフリーのお客さんが来たら優先的に新人をあてがわせ、名前を覚えてもらったり、固定客になるように斡旋するのです。
例えるなら、パチンコ店の新装開店のようなものです。
釘をゆるめたり、設定をあまくしたりしてお客さんを誘引します。
もちろん新人だから満足いくサービスはまだできません。

なので新人は特別価格で遊べるよう料金を低く抑えられています。
そうすることでサービスがまだつたなくても、お客さんは我慢してくれます。
最初のうちは稼げないとやめてしまう女性も多いので、少しでも稼ぎやすい状況をつくるために、お店側は配慮してくれるのです。

新人期間注意しておきたい5つのこと

以上のことから、人妻熟女でも、新人期間は稼げます。
しかしだからといってそこに怠けてはいけません。
新人期間に怠けた女性は、新人期間が終わったときおおきなツケを払うことになります。
そうならないように、以下の点に注意しましょう。

たくさん働こう

まずはシフトを多く入れることです。
新人があなただけなら良いのですが、他にも新人がいる場合、あなたが休んだ隙にあなたの常連になるとお客さんを奪われてしまいます。
そうならないためにも出勤日数はなるべく多めの方が良いでしょう。

そうすれば仕事を覚えるペースも早まり、なおかつ新人期間を最大限に利用して稼ぎを最大化できます。
もちろん頑張りすぎて体調崩すのは良くないですが、1日の接客数を自分なりに決めたり、自分ができる精一杯の努力を見せましょう。
たとえば10人に1人しかリピーターになってくれない場合でも、1週間に10人しか接客しないのと20人に接客するのでは、後々自分の身に返ってくる指名が倍変わってきます。
お店もシフトをたくさん入れた方が頑張ってるな、と思ってくれるので、新人時代はシフトをなるべくたくさん組んで、お客さんに顔覚えてもらいましょう。

当欠や遅刻は厳禁

当欠や遅刻はしないようにしましょう。
これは新人期間だけではなく、本入店してからも当たり前なのですが、遅刻や当欠を繰り返す女性は、お店側の信頼度が低くなります。
そうなるとせっかくプッシュしてもらえた新人期間が、なくなってしまうこともあります。

女性の日になってしまったとか、どうしてもやむを得ない事情で欠勤しなくてはならない場合、前日か当日の数時間前に連絡を入れましょう。
後日代わりにシフトに駆り出された人の休日を代わってあげるといいでしょう。
どうしてもという場合は仕方ありませんが、今日はなんとなくやる気が出ないから休むかな、といった働き方はしないほうがいいです。

サービスは丁寧に

真心を込めて丁寧なサービスをする。
これができてない女性が多いです。
男性客にはいろいろな人がいます。
人妻や熟女系の風俗に通う男性は母性に包まれたい、そういった愛に飢えた男性が多いです。

そんな男性を癒してあげるのがあなたの仕事です。
それなのにサービスに手を抜いたり、雑な扱いをすると、お客さんが怒ってしまうことがあります。
もちろん態度の悪いお客さんもいます。
しかし新人時代だからこそ、そういったお客さんを頑張って癒す努力をしましょう。

暴力的なお客さんも改心して、もしかしたらあなたの太客になってくれるかもしれません。
客選びをしていると、地雷サービスはネット上の口コミに残り、やがて店長の耳にも入ってきます。
するとお店の評価も下がってしまい、あなたの立場も危うくなります。
逆に皆が嫌がるお客さん相手に真心こもったサービスをすれば、口コミで広まり、店長の耳に入り、あなたの評価は上がるのです。

新人の頃から客選びをしていると、いずれ誰からも見放されます。
やがてお客さんを誰もあてがわられなくなり、結果的に困った状況になります。
真心あるサービスを尽くしていれば、固定客が増えます。
人気が出さえすれば、顔なじみのお客さんとの仕事が増え、嫌なフリー客とサービスする機会もなくなります。

新人期間は客選びをせず、たとえ嫌なお客さんでも笑顔で真心のこもったサービスを尽くしましょう。
もしサービスの仕方がわからないのであれば、そういう時は素直にお客さんにどうしたら気持ちよくなりますかと尋ねてみると良いでしょう。
お客さんも新人に対して怒りません。
逆に喜んでやり方を教えてくれるはずです。

たとえそれが上手にできてなくても、たいていのお客さんは努力する姿を見てほほえましく思ってくれるものです。
やる気が感じられない接客はお客さんも見透かします。
そういった女性はアンケートで悪く書かれてしまいます。
どんなお客さんでも、丁寧にもてなす努力をしましょう。

本強は絶対に断ろう

お客さんの中には新人女性の無知なところを利用して、騙してくる人もいるので注意しましょう。
1番多いのは本番強要です。
「みんなやってるから」
「こんど指名してあげるから」といって無理に挿入しようとしてくるのです。
これはれっきとした犯罪行為なので、きっぱり断りましょう
ヘルスであれば近くにボーイさんがいるのですぐに呼びましょう。
指名がもらえるといっても、絶対に許してはいけません

そういった行為をすると、店長の耳にも入り、下手したらお店にいられなくなります。
なぜなら、摘発の対象になってしまうからです。
女性によっては、本番行為をすることで指名を稼いでる人がいるのも事実です。
裏オプションのように、店側に内緒で高額なお金をもらって本番をする女性が少なからずいます。

しかし新人時代からそれをやると、それ目当てのお客さんばかり集まるようになり、精神的に負荷がかかります。
体もボロボロになり、肉体的にもよくありません
結局は風俗で稼ぐのに、楽な方法なんてありません。
本番以外のサービスを真心こめて頑張ることで、指名を返してもらうのが最も効率のいいお金を稼ぐ方法です。

本番強要するお客さんは、たいていのところ1回させたら満足してしまうので、もう指名は返って来ません。
それどころか、掲示板で「〇〇ちゃんはやらせる」などと悪評を広められたりするので、自分にマイナスに作用することがほとんどです。
こうして無理に本番をしようとするお客さんにはくれぐれも注意してください。

悪徳店舗にご用心

また、お客さんだけではなくお店に騙されることもあります。
初めて風俗で働く女性にとって、右も左もわからないことだらけです。
そこで足元を見られてしまい、相場より低い条件で働かされてしまうのです。
例えば相場のバック率は50%なのに、あなたは40%で働かされたとします。

この場合、月に同じ時間働いたとしても手取りが10%も減ってしまうのです。
長く風俗で働いていれば、条件がおかしいと気づくものですが、右も左もわからない新人状態だと、それが普通だと思って指摘できません。
つまりずっと搾取されてしまうのです。
これを防ぐには、あらかじめいろんなお店に面接をして、相場を知っておくことです。

また、新人期間にそのお店で1番稼ぐ人気嬢と仲良くなって、彼女たちに「こういう条件なんですが」と相談してみるのも良いでしょう。
働く女性はライバルであると同時に良き友人です。
あからさまに不利な条件で働いてるというのがわかれば、店長に進言してくれることもあります。
いずれにせよ、その店しか知らない状況は足元を見られてしまうので、いろんなお店を見ておくのをおすすめします。

新人期間はお店によってまちまち

以上のことを読んでもらえれば、人妻熟女店で働こうとしている女性にとって、いかに新人期間が重要なのかがわかるかと思います。
ところで新人期間が入店からどのくらいまでを指すのかご存知でしょうか。
実は新人期間というのはお店によって長さが違うのです。

入店してから1ヵ月のお店もあれば、3ヶ月ぐらい新人マークをつけてくれるお店もあります。
また、あなたがどれくらい働いたかによって変わるお店もあります。
もしあなたが短い時間しか働けない、というのであれば、働いた時間によって新人期間を決めてくれるお店で働く方が良いでしょう。
いずれにせよ、新人期間はお得なので、なるべく長いお店で働くといいでしょう。

面接時に確認しておくことをおすすめします。

新人期間が終わってからのほうが大事

新人期間は確かに稼げます。
ちょっとしたフィーバー状態です。

そうした状況下に甘えて雑な接客をしていると、新人期間が終わったころ、まったく稼げなくなります。
この経験を多くの風俗嬢が体験しています。
なまじいい思いをしてしまったばかりに、突然の客足の減りに落ち込むことになります。
自分は求められてないのではないかという女であることを否定された気持ちになり、だんだんと気持ちが沈んでいきます。

こうなると、お店をやめるしかありません。
しかし、全ては自業自得
新人期間に甘えたツケなのです。
そうなる女性が次にとる行動す。

他のお店で働いて、また新人期間として働くというわけです。
実際そのように、多くの風俗店をコロコロしてずっと新人状態を味わおうという女性がたくさんいます。
しかしこのような新人はフレッシュさがなく、むしろマイナスにしかなりません。
風俗というのは広いようで狭い世界で、お客さんもいろんなお店を利用します。

すると、以前のお店で働いたことのあるお客さんにすぐ出会います。
するとあっという間に噂が広がり、また新人後のお茶状態に逆戻りというわけです。
結局のところ、たしかに新人期間は稼げますが、新人期間が終わってからのほうが大切なのです。
新人期間が終わっても稼げるようになるためには、いかに固定客を掴むかに尽きます。

フリーをたくさん回してくれる新人時代に真心のこもったサービスをして、あなたのことを好きになってもらう。
そうすることで、お客さんは次に指名をしてくれます。
すると新人期間が終わった後も安定してお客さんがついてくれます。
これこそがあなたが稼げる風俗嬢になるために1番大切な攻略法なのです。

まとめ

人妻熟女店における新人期間の注意点について解説しました。
どの業界にもかかわらず、ナイトワークでは新人期間プッシュしてくれるので稼ぎやすい状況となっています。
しかしそこに甘んじているとやがてそのツケを払わなければいけなくなります。
大切なのは優遇されてる期間にいかにお客さんをつかむか、ここを肝に銘じておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました